ありがたいことにネタのタレコミ&質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

先日、またアニメの違法アップロードによる字幕組の逮捕者が出たそうです。
「字幕組」の中国人男逮捕 「アンジュ・ヴィエルジュ」違法公開(産経WEST)

このニュースは早速中国のネットにも広まっているようですが、昨年の9月と10月に続く3回目となることや、中国では学校によってはまだ冬休み中といった状況なのもあってか、中国オタク界隈では今の所それほど強烈な反応は出ていない模様です。
中国の大手古参字幕組の人間が日本で捕まり、中国にも衝撃が走っている模様
字幕組から更なる逮捕者で中国オタク界隈も混乱中

ちなみに「アンジュ・ヴィエルジュ」に関しては、昨年の7月新作アニメとしてbilibiliやPPTVで正規配信が行われていたようです。
中国の2016年7月新作アニメ公式配信状況

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。

それからこの手の事件に関する反応は既に何度か取り上げていますし、以前のものとは少々変えてみようということで、以下に紹介させていただくのは比較的冷めた反応の多い所を探して、定番の反応である「烈士が」「勇者が」的な反応は省いたものになっております。予めご了承ください。


また字幕組が日本で捕まった……ニュースにもなっている……今回も「字幕組」ときっちり出ている。

またかよ。
最近続き過ぎだ。もう3回目じゃないか?

字幕組の活動に関して何らかの問題が起こる、事件になる可能性を考えたことはあるけど、日本でこういうニュースが続くなんて考えもしなかったよ。

驚いたのと、またかと思ったのが半々くらいだ。
日本の警察はこの方面に力を入れるようになったのだろうか?

ニュース見たがダウンロードしてアップして、それで捕まるの!?
いやロジックとしては分からなくもないが、もっと捕まえるべき対象があるんじゃないか!?

日本の取締りがどんどん厳しくなっているのは間違いないな。

海外だと厳格に取り締まってくるからね。こういう活動を警戒無しにやれる所の方が珍しい。アニメは比較的取締りの緩いジャンルだったけど、ゲーム関係や映画ドラマ関係は以前からかなり厳しかった。ついにアニメも……ということなのかも。

日本人は字幕「組」をなんとか「組」と似たような暴力団と思っている……とかいうネタで笑える状況じゃなくなってきてるかなー

最近、字幕組の関係者がたくさんつかまっているようだ。
さすがにここまでくると字幕組の活動、特にアップロード行為に対してはかなりの打撃になりそう。

ニュースに「後に何者かによって字幕が付けられた」とあるけど、これって明らかに字幕組の別のメンバーだろ。

日本の取締りにどんどん力が入るようになってきている。
字幕組のリスクも上がる。好きでやってる、好きな作品を広めたいと考えている人にとっては本当にやり難い時代になってきたな。

需要と供給、そして競争的に、今は個人で字幕やれる時代じゃなくなっているから単純には見れないぞ。
ただ、日本在住のメンバーのリスクが目に見えて上がってきているのはなんか気の毒。

こういうのを見ると中国で良かったと思うわ!

日本でやるのは本当に危険になったよね。
データのやり取りとかを中国にいる感覚でやるのはもうダメなのでは。

昔は交流の中心だった字幕組が今では取り締まられている。中国に日本のアニメを広めたのは字幕組なのに。

今の時代にまだやり続けるからこういうことになるんだよ。
評価されたい称賛されたい、利益を得たいと続けるからこうなる。本当に作品を広めたいなら、今は字幕組で発表するよりもライセンスを獲得する所にいくのがベターなやり方だ。もっと簡単なやり方としては、配信の情報とリンクをまとめた作品スレを立てればいい。

だが正直な所を言わせてもらうと、今後この手のアップロードがどんどん減っていく、アニメを見るのに金をとられるようになるというのは憂鬱だな。

ウチの国だと正規配信でも金払わずに見れるじゃないか。
広告モデルで無料の視聴者を確保して、そこから別の集金モデルにつなげるのが、ウチの国のアニメに関するやり方だ。

今はまだそうだけど、今後もそうだとは限らない。

最近はウチの国の動画サイトも人気作品で無料は最初の方だけとかいうやり方が増えているんだぞ。今後は「有料会員にならなければ見れない」ということになる可能性は否定できない。

しかしこの事件に関しては、違法なことをやってしまった以上どうしようもないだろう。中国国内でもリスクは0ではないのだから。

日本ではダウンロードも違法だが、優先的に取り締まられているのはアップロードだからね。これは無防備にアップして、それが取締りに引っかかってというパターンじゃないかな……

動画ファイルも画像も危ないけど、動画ファイルは特にヤバイ。トラフィックがでかくなるから隠しようがないしあっさり発見される。

ここ最近は動画データのやり取りのリスクがハッキリしている。
本気で称賛されたいヤツや稼ぎたいヤツで、スキルやセンスのある連中はアニメよりも画像にシフトしている印象。ネタ画像や同人とかの方が、作業量少ない上にPVや宣伝効果も上で、反応も良いとか。

この事件に関しては何とも言えないが、ウチの国だと配信されるのが絶望的な作品で見たい、語りたい作品が定期的に出て来るのが……
今期も「クズの本懐」とか大人気なのに配信無しで、今期の字幕組のパフォーマンスの主戦場になってるし。

でも今回のはちょっと違うように見える。
逮捕の理由になった「アンジュ・ヴィエルジュ」ってどんな作品なんだ?聞いたこと無いぞ?

16年の7月の新作。カードゲーム原作系のアニメだけど当時ほぼ話題になってなかったはず。

私は連続の逮捕よりも、かなりマイナーな作品での取り締まりというのが衝撃的だよ。

こんなサービスも過激さも無い作品に手を出して捕まるという件に関して、何と言えばいいのやら。

確かに。わざわざリスクを負って字幕つけるほどの作品なのかと言えば……



とまぁ、こんな感じで。
ざっと見た印象ではありますが、逮捕のニュースが続いているのもあってかこの件に関してはそこまで衝撃的に受け止められているわけではないようです。

しかし日本における取締りが厳しくなっていることは意識されているようですし、それに加えて近頃の中国のネットにおける日本のアニメの正規配信のモデルの変化もあってか、イロイロと考えてしまう人も出ているようです。

実際、1月の新作アニメに関してはYoukuTudouだけでなくiqiyiも独占配信となった作品を有料会員向けのサービスに活用していますし、中国のネットでも徐々に全ての配信作品を制限なく見ることができる状況ではなくなってきているようです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&除法提供お待ちしております。