ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

先日、「マクロスF」

のシェリル・ノームの新曲「ゴ〜〜ジャス」が街頭PVで公開されたそうですが、秋葉原のUDX前などはスゴイ人だかりとなったそうです。

おかえりシェリル! 「マクロスF」シェリル・ノームの新曲「ゴ〜〜ジャス」、街頭ビジョンで公開(ねとらぼ)

マクロスF「シェリル・ノーム」の新曲PV解禁!新宿・秋葉はファンで大混雑に(NAVER まとめ)

中国オタク界隈において、「マクロスF」は一時代を築いた作品ですし、シェリル・ノームは「女王」の通称と共に当時屈指の人気ヒロインとなっていました。
また暴動で冷え込んでしまう前の、中国における日本のアニソンイベントの盛り上がりにおいて「マクロスF」及びそのアニソンは非常に重要な存在となっていました。

そんな訳でこのニュースも中国オタク界隈に伝わり話題になっているそうなので、以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


東京の街頭でシェリルのPVが放映されたが、もの凄い数の観衆が集まった。
作品が終わってからかなり経っているのに、「女王」シェリル・ノームの人気は健在のようだ。

女王シェリルが日本でもまだ人気健在で嬉しい。

日本のニュース見たけど、なんかウルっとしてしまった……May'nライブにも行ったっけなあ。

シェリルとしての新曲展開があるってことでいいのかな?

スゴイな。
秋葉原の歩道橋が埋まって大変なことになっている。

これは期待せざるを得ない。

何のアニメ?何の宣伝?

このキャラが誰か分からない。
シェリルって誰?何のキャラ?有名なの?

ああ、そうか……シェリル知らないのか。世代の変化を感じるな。
「マクロスF」のヒロインだよ。あの時代のアニメの代表的なヒロインだ。

私は「マクロスΔ」しか見ていないんだけど、噂に聞くマクロスFってどんな感じだったんだ?CDたくさん出てたりするの?

そりゃもうたくさん出ていたよ。
当時のウチの国の環境では買うのも手間がかかった……まぁ、CDは有名な曲を押さえておけばいいって感じだたけどね。

ウチの国で一番盛り上がったマクロスは「F」じゃないかな。
「Robotech」は作品の扱いも時代もちょっと微妙だし。

私は「7」も好きだったけど「F」に比べてグダグダな日常パートが多くて脱落する人も少なくなかった。みんなで盛り上がれたのはやはり「F」だな。ヒロイン論争も熱かった。

そうなのか……自分は全く知らなかったよ。00年代に入る少し前にオタクになったから。

その時代にオタクやってて知らないのはさすがにどうかと思うぞ……当時のオタク界隈ではルルーシュと同レベルの有名キャラだったのだから。

May’nのコンサートの記憶がよみがえってきた。
今ではそういうの難しくなっちゃったけど、あの頃はアニソンアーティストがたくさん来てアニソンコンサートもどんどん増えていくような空気だったなー

「ダイアモンド クレバス」はずっと私の選曲リストに入っている。

今更時代遅れのシェリルを持ってくるのはどうなんだ?
最近は昔のIPを活用する動きばかりだ。冷めた飯でチャーハン作ってばかりなのは良い流れじゃないだろう。

それでも嬉しいことは嬉しい
思い入れのあるキャラが時代の中で忘れられていくのは寂しい。

シェリルを見ると07年辺りの数年間を思い出すよ。
当時はマクロスがロボアニメで一番勢いがあるように感じたんだが。

その後はロボアニメ自体が一般向きじゃなくなってきてしまった感があるな。
歌って戦う系の作品もウチの国では流行らないし……と思っていたら「ラブライブ!」が爆発するし、よく分からんわ。

自分はラブライブ以降なんで当時のことは全く知らない。
昔はアニソンでそんな盛り上がりもあったのか。

俺みたいにシェリルの歌でテンションが上がりまくるおっさんは結構いるぞ。

ウチの国のアニソンの盛り上がりの代表的なシンボルじゃないかな。
当時の商業イベントでは定番だったし、スパロボ系ソングとかよりもマクロスFの歌の方が強かった。

日本の人の集まり方が凄いよな。恐ろしいレベル。

これ秋葉原だよね。
こんなに集まるなんて日本人はどうしたんだ?

でもウチの国でもでかいスクリーンでの営業ではかなり人集まるよね。それと似たようなものも感じる。

日本でもシェリルの人気がまだ高いってことだな。
てっきり日本ではもう存在感が無いと思っていたんだが。

女王が流行ったのはもう何年も前なのにな……まだこんなに人気があるなんて。

ところで緑のファンはどこに?

ヤツらはもう死に絶えた。
生き残っているのは女王のファンだけさ。

まだ生きているぞ、ここに。
我々は女王党の奴隷ではない!

この集まった群衆、全部シェリルの熱心なファンなの?

あんな昔の作品に今でもファンがこんなにいるというのがどうも信じられない。
これって単に人が集まっているから野次馬が集まっただけだろ。

さすがにそれは分からんが、少なくともシェリル好きかマクロス好きかな人々なのは確かだろう。

日本の秋葉原だとそれだけで集まったりはしないだろ。
ウチの国の男性のオタクに比べて、日本のオタクはファンの活動が長く続くから、まだファンがいたってことなんじゃないか。

シェリルも、マクロスもどうなんだろうね。
最近のデルタも日本ではそこまで大人気ってわけではなかったし、ウチの国でも若い世代はマクロスを知らないような状況になってきているしで。

そんなことは今心配してもしょうがない!
女王万歳!感動しました!新たな活躍を楽しみにしています!



とまぁ、こんな感じで。
分かる人と分からない人がハッキリしているような所もありました。

この情報を教えていただいた方によればアニソン系、オタク系の歌やイベントに関して、一昔前と今の間の流れが断絶してしまっているような所もあるとのことでした。

これに関しては手に入る関連情報や商品が少ないのでアニメが終わると作品に接する機会が激減してしまうという中国オタク界隈の事情に加えて、現在主流の「ラブライブ!」系やその前に主流となっていたボーカロイド系や歌ってみた系がネット動画などの既存のアニソンとは別ルートで中国オタク界隈に拡散したということや、中国のアニソン系のイベントの流れが2012年の暴動の影響によって一度ストップしてしまったことなどが影響しているという話も聞きます。

最近の中国のアニソン系イベントは「ラブライブ!」以降に流れ込んだ新規のファンを考慮しても、一昔前の中国オタク界隈におけるアニソンファンとは異なる客層になっているようですし、中国に日本のコンテンツを展開する際の難しさもイロイロと感じてしまいますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


DBZは中国のアニソンイベントで選曲しない方がいい