以前の記事
中国版FGO、国の規定により英文表記抹消
に関して、ありがたいことにその後の動向に関するネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

先日の記事にも書いた通り、中国版FGOは中国の関連法規の要求に基づきゲーム内のテキスト修正のアップデートが行われ、その結果
「クラス名などの英文表記部分が中国語表記になる」
といった変更が入りました。

中国オタク界隈では元々Fateのサーヴァントのクラス名は「saber」や「assassin」などと英文表記にすることも多かったので、急に漢字表記を強制されると違和感を覚える人が出てしまうそうです。

それに加えて「アサシン」の中文表記がこれまで中国オタク界隈で一般的に使われていた「暗殺者」ではなく、なぜか「暗匿者」というカッコ悪い中国語表記になるなどして、プチ炎上的な状態になってしまったのだとか。

中国版FGO公式のweiboによれば「暗殺者」が「暗匿者」になった件は英文表記とはまた別の問題で、「暗殺者」という言葉が中国の関連政策に引っ掛かり使えなくなったからだそうです。
またこの件に関しては中国版の全ユーザーに対して、聖晶石10個の補償が行われたとのことです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


英文表記抹消に対する詫び石だ!10個も!

イベントでリンゴ食い尽くしたからありがてえ
運営は良い文明

よし、単発3回だな!

石いらないから戻してくれよ。
音訳とか漢字を日本語のふり仮名のように小さく載せるとかやり方あるだろ。

そういう小さい改変でチキンレースやるくらいなら一気に変えた方が安全。
変更になってしまった理由と目的、我が国の特色ある規制を考えてみろ。

石くれるんなら何の問題も無い。

あれ?私の口の中に石がある……これじゃあ何も喋れないわ。

運営のコメントは「これが最終的な結果ではない」とあるけど、やっぱ前のままでやるのは難しいか。カッコ悪い「暗匿者」じゃなくて「刺客」やassassinの音訳じゃだめなのかね。

刺客もダメだろ。

でも映画や小説では「刺客」ってそれなりに使われているぞ。
「ASSASSIN'S CREED」の映画だって「刺客信条」のタイトルのままこっちで上映されてたじゃないか。

メディアが違えば審査の基準も手続きも具体的に審査を担当する部署も違う。
例えば旧来の出版系、小説とかだとかなり突っ込んだ言葉を使ってもなんとかなるし、それなりの手法がある。ネットは細かく対応せずに一律でやってしまう所があるかな。

ソーシャルゲームに求められる我が国の正しい「体裁の整え方」が英語使わないとか悪い言葉を使わないとかになってるんだよ!

ゲームの場合はダメというのと、ここで上に反発してもしょうがないってことだろう。
ただでさえほじくり返せば危ういネタが出て来るゲームだし、アサシンのクラス名で意地を張って全体を危険にさらすことはない。

上のレスでも言われているが、ウチの国ではギリギリを狙うのはあまり意味が無い。従わない、反抗的だと思われてより厳格に扱われて潰されるだけだ。
さじ加減は上の気分次第なんだから、修正するなら思い切ってやるしかない。

文句を言っているヤツは、なぜ石を10個も配ったかというのを考えてみるべきだな。

でも文字でコレならカードの絵に修正が入ったらどうなっちゃうのかね。

クラス名の英文削除はヘンに目をつけられてカードの変更になる前の処置という見方もできる……というか、だいたいがそれじゃないか。これで勘弁してくださいというヤツだろう。

ジャックちゃんの格好に修正が入ったらさすがに許せそうにないが、クラス名ならばまだ耐えられる。

政治的な方面はウチの国でゲームを運営する以上は避けられない問題だ。他のゲームだって国内ではこの手の規制が常に入るわけだからな。
運営が金儲けのために強キャラを下方修正するとかカードの強さのバランス崩して強カードを無意味にしたりしなければいいわ。

まったく、ウチの国の政策は本当にアホらしい。
排外するためにやるのがコレかよ。

上の方の人達の考えなんて俺達には理解できんよ。
上から降ってくるのを理解するのではなく何とかするしかない。

しかし「暗殺者」みたいな言葉がダメだと新宿のアーチャーの宝具どうすんの?
「犯罪」とか使ってんだけど。

その時はその時でまた考えるしかないだろう。
風向きがどう変わっているかも分からない。
たぶん良い方向にはならないだろうが、取締りの重点が変わってる可能性は有り得るからな。

今後の更なる修正も考えられるのがまた……見た感じがあまりにもカッコ悪い字やデザインにならなければいいんだが。

FGOの中文表記がカッコ悪いとされる原因の中に、中国向けFGOのフォントが野暮った過ぎるのはあると思う。

同意。フォントカッコ悪い問題が再燃しだしてるし、私もフォント変更した方がいいという意見を否定できない。
「暗殺」使えなくて「暗匿者」になっちゃうのはもうしょうがない。

詫び石10個で口を閉じていて下さいと、運営はきちんと誠意を見せてくれた。
ハッキリ言ってこれ以外に方法は無かったと思う。

私の口はちょっと大きくて……10個じゃ足りませんなあ!

ここでは何も起こらなかった、そういうことだ!

ま、こんな所だよね。

運営はスバラシイ!スバラシイ!

お前ら、石もらったら本当に態度変わるな!?

予定通りならあと1か月で黒ジャンヌのピックアップだから呼符も石も貯蓄中。想定外の10個はとてもありがたい!!

せいぜい3個くらいだと思ってたら10個もくれたからね。
運営を讃えよ!

詫び石は炎上鎮火に良い手段だと思うが、それに関する公式weiboの告知の最後の結びに「──待て、しかして希望せよ」を使うのはどうなんだ。しかも「愛徳蒙・唐泰斯」(エドモン・ダンテス)の署名付きで。
相変わらずこの運営は真面目にやるべき所でオタクネタの誇示をして、それが滑って印象悪くするな。

まだこっちは「空の境界」コラボの最中だし、そのセリフにたどり着いていない人も結構いるはずなんじゃが……

私も改変や告知のやり方とかで言いたいことが無いわけじゃないが、そもそも補償する必要の無いものだった所に補償してくれたんだし、これ以上グダグダ言わんでもいいじゃろ。

詫び石で回したら剣式出たから私はもう何も言いません!

おい!ちゃんと石を寄越せ!俺の所には緑のマナプリしか来てなかったぞ!!



とまぁ、こんな感じで。
上の方からの規制なので、誰もが多かれ少なかれどうしようもないことだと思っていた所に詫び石が投下されたのでかなりの火消しになった模様です。

中国では様々なメディアでこういった「よろしくない」言葉を使わないようにさせる動きがありますが、最近では中国で配信される際に「幼女戦記」が「譚雅戦記」(「譚雅」は「ターニャ」の中国語表記です)になってしまったり、「暗殺教室」が「三年E班」になってしまったりしています。

修正の傾向としては物騒だったり不穏だったりな言葉が入ったり組み合わせになったりするとマズイ、その手の言葉がある名前でヘンに目をひくようなことになるのはマズイ……といった所のようですが、例によって明確なガイドラインは示されていません。

そういった状況なので、中国の現場でも自主規制、自粛を大きく取らざるを得ないような所もあるそうです。しかしファン受けの悪い改変をしてしまうと、ファンの間で炎上して上の方からヘンな注目を集めてしまいかねないのが非常に難しい所なのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。