ありがたいことに
「中国のネットで表示されるゲームの広告を中国のオタクはどう思っているのか」
という質問や、それに関係しそうなネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

中国のサイトを見て回ったことのある方は、やたらと表示される胡散臭いゲームの広告を御存知かと思いますが、中国オタクの面々もあの手の広告には辟易しているようです。

中国のソッチ系のサイトでは
「ブラウザゲーの虚偽広告はなんとかならないのか」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ウチの国のブラウザゲーのウソ広告、なんとかならんもんか。虚偽の内容に素材の盗用など無法地帯過ぎる。

ああいうのって、盗用されている会社は知らないのか、それとも手の打ちようがないのか。どっちのケースもありそうだが。

ウチの国の関連部門の取締りがイイカゲンだからね。
一応国内企業同士であれば圧力がかけられるから、パクリは海外からというのが多いようだが。

取り締まられることなんてあるのだろうか?みんなもうすっかり慣れちゃっているし……

もういったい何年あの状態が続いているのやら。
宣伝と中身が全く違うのに、全く誰も取り締まらない。本当に。

ウチの国のゲームの宣伝に関してはヒドイというレベルをはるかに超えている。

取り締まらないどころか広告と中身違うじゃねーか!というツッコミ動画をアップしたら圧力かかって消されるとかいう環境だからな……

誇張してるんじゃなくて、全く関係ないゲームというパターンばかりだから、鬱陶しいだけだな。引っかかるヤツもいるのだろうか。

入ってみたらいつものブラウザゲーかよ!というパターンばかりだからなあ

国産ゲームがついにここまで!→はい、いつものキャラがごちゃごちゃやって稼ぐだけのアレでしたー!というのは誰もが通る道。

動画使ってる広告は大体信用できんな。
他の家庭用ゲームからパクって来たり、どっかのエンジンのサンプル組み合わせたりで。

他所のゲームのモデルやCG、BGMを盗用するのがありふれているんだよね。

広告までもが海賊版だ

最近は国内の盗用は怒られるから、海外のをパクリだしたんだっけか。

海外からだと自分の所の権利保護が難しくなるからね。手続きだけで一苦労だからコストに見合わないケースばかりだろうし、具体的な対処は非常に難しい。
それが分かっているから大っぴらに使う。

あの手の広告が業界の中で常態化しちゃっているからね。ネットの広告はそういうのばかりだが、目に付く所で派手にやられるのは本当に鬱陶しい。

羊頭狗肉という言葉があれほどしっくりくるものは無いと思うわ。

誰もが「せめてゲームと関係ある素材使え」とツッコんだが、いまだにああいう状態だからなー

キャラの絵柄や頭身が全然違う!とかいうのがまだマシに思えるおかしな状態。

「飛ばされた先のゲームの画面」を広告に使っている、少なくとも中身との関係は正しいと言うだけで良心的に思えるよ。

全くだ。大人気作品のIP使っている作品であっても信用できないのがウチの国のブラウザゲー

中には良心的なゲームもあることはあるんだけどね……でも虚偽広告に埋もれる。

0じゃないってだけだろ!
国産ゲームで虚偽の宣伝をしていないゲームなんてあるの?

そりゃ遊べるゲームはあるけど、こういうウザい広告経由で遊べるゲームにたどり着くのは難しい。

国産ブラウザゲーもスマホゲーも別の所の素材の盗用多いからね。特に3D系のムービーが入るとダメ。

分かり易いのだとマビノギ英雄伝とか、無双シリーズやDOAとか、あとはお姉チャンバラなんかもあったな。セクシー系で釣ろうとするのはほぼパクリ。

こういうのって宣伝する側よりも金払う側に問題があるだろ。
儲けがなければ誰もやらないんだから。

この手の虚偽広告がなぜ続くのかは私も疑問だ。クリックして飛ばされた先を見れば、広告と全く違うのが分かるのに、なぜそれでも遊ぶ人間が出るのか、金を払う人間が出るのか。
課金する人間の頭って普通の人間とはつくりが違うのか?

バカが多過ぎるんだよ。詐欺師の方が足りなくなるくらいに。

大昔のゲームをずっとやり続けて課金し続けているのもいるんだし、広告に引っかかって課金するのもいるんだろう。
課金を煽る手段だけはどんどん進化しているしね。

引っかかった経験が無ければ引っかかるし、引っかかった経験のある人間に対しても騙す側は更に先を行く。
後は人数が少なければトップに立って覇王になれるからとか。

面白いゲームがやりたいんじゃなくて勝ちたいからゲームをやるって人もいるしね。

お偉いさんのマネーロンダリングという説もある。

その可能性も否定はしないが、やはり一部の「引っかかり易い」ターゲットを狙っているんじゃないかな。その手の連中は金に困ってないし。
この手の広告とカネの流れって、遊興方面の産業がウチの国の市場に入って変質した結果でもあると思う。本来のゲームを遊ぶ層は考慮されていない。

そうだな。娯楽に関する無駄なカネの流れの一環という説はあるな。

最近はパクリの効果が薄くなったのか夢いIP買って、有名人をイメージキャラクターにしてというのも多いかな。でもゲームに関してはなかなか「浄化」されないね。

最近は大手のゲーム系フォーラムも広告が鬱陶しくなってるから、自分はそっちを見るためのブラウザではflashとかも切ってるわ。



とまぁ、こんな感じで。
ブラウザゲーの広告の無法っぷりに呆れている人も多いようでした。

ちなみにブラウザゲーの虚偽広告に関してはイロイロな所がやっているそうです。
例えば「刀剣乱舞」の中国国内版のサービスを行っている遊族なども、「盗墓筆記」のゲームの広告に関する件で炎上していたそうなので、先日の「刀剣乱舞」の炎上に関する現地の反応にも影響があったのでしょうかね。
「盗墓筆記」のゲームの広告と関連するゴタゴタについてはコチラ(中国語)などでまとめられているようです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。