ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

中国ではソーシャルゲームなどイロイロなメディアでキャラクターを重視するコンテンツが増えているのもあってか、最近は
「歴史上の人物をキャラクターとして活用する」
動きが非常に活発になっている模様です。

現在も中国では歴史関係の扱いが日本に比べてかなり厳格ですが、一昔前に比べてイロイロと緩くなっているのは確かだそうで、ゲームやアニメ、漫画などで様々なアレンジを加えられた歴史上の人物やストーリーが出て来ているとのことです。
(それと共にアレンジの内容や方向性に関する議論も)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「歴史的な人物の改変に関する許容範囲」
についてのやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


歴史的な人物の改変ネタってどこまでいける?俺は女になるくらいならもう大丈夫な気がするんだが。

そう言えば、いつの間にか歴史的な人物が女性になったくらいでは驚かなくなったし、抵抗も無くなったよね……

ちょっと考えてみたが、ダメなのはお色気アレンジと無能化、他キャラの踏み台化とかだな。他はわりといける。

ウチの国の歴史でさえも、最近は反発少ないかもね。

荊軻の女体化くらいなら問題無くなった。

自分も荊軻が女とかでも、今では何ともないかもしれん。

ウチの国のメディアで歴史人物改変、荊軻の女体化が批判されていたけど、FGOじゃなくて王者栄耀の方だったのには笑った。

王者栄耀の荊軻は国内で見るとスマホゲーのセルラン1位突っ走っているから影響でかいよね。LOL的な流れだから一般のゲーマーも多いしで。
他にもロボに乗るショタ劉禅だとか、歴史人物をかなり極端に変えている。

王者栄耀の荊軻は一応設定上は荊軻の妹になっているし、ある程度の予防線もはっているんじゃないか。

でも「荊軻」の名前でキャラ展開しちゃっているから反発を減らす上では役に立ってない気がする。

歴史上の人物の魔改造は歴史上の人物に関する価値観を変えないことが最低限のラインだな。例えば悪人を聖人として出すとかは受け入れられない。

そんなこと言い出したら創作のキャラ全滅だぞ。
史実だって切り取り方や解釈次第、時代ごとの扱いでどうとでも変わる。紂王や王莽だって名君や改革者として見ることのできる側面が存在するのだから。

まぁ私も悪人が「実は良いヤツだった」というのは抵抗あるかな。
それならばまだ女体化の方がマシな気もする。

そこは難しい所だね。感覚的に受け入れ難い部分だし、作品内で説得力のある描写が行われていたとしてもほとんど伝わらないしで。

極端な例としては仮に「ヒトラーを萌えヒロインにする」とかがどうなるかといった所かな。

そこで萌え要素を前面に出すと反感が爆発しそうだね。
私の場合、ジャック・ザ・リッパーみたいな都市伝説的な存在を独自解釈と改変を行うとかならいいんだけど、有名な歴史人物だと引いてしまうか、反感を覚えてしまうケースはあるかも。

ジャックちゃんは「そう来たか」と感心した。デザインもボイスも含めて。

ある程度人物の特徴が保持されていれば、装備や戦い方をファンタジー化させたりSFっぽくしたりゲーム的な表現にするのはアリかな。

女体化してヒロインにして、「良いヤツ」にしてしまうのは受け入れられない。Fateで言うなら、ネロを持ち上げまくってカエサルをあんなのにしたのは許せん。

ネロに関してはキリスト教の影響を排除した再評価みたいなのもあるし、単純に判断できないと思うぞ。
デブのカエサルについては私も弁護せんが。

そうだよ。なんでハゲじゃないんだ!!

元ネタが少なくて特徴の無い人物についてはやり過ぎなければいいという感じだけど、有名な人物だとイメージが固まっているから受け入れられないこともある。

主要キャラ全部性転換で女性とか男性とかならいける。ただ程度にもよるけど一部の人物だけ性別改変で、それによって人間関係が変質するのはキツイかもしれん。

だいたいこっちの予想を上回る……いや、下回るのが出て来るからいつの間にかなんでも受け入れられるようになった。

お色気関係はちょっと……他はなんとか。

女体化はお色気路線に行くと反感を覚えるし、悪意も感じる。FGOだと三蔵や牛若丸がキモイ。

その感覚は理解できる。ただ私はアルテラみたいにカッコイイと露出度高くても気にならんし、最後はデザイン次第な気もする。

デザインは重要だよな。
FGOの荊軻のこっちでの微妙な評価についてはデザインのウケが悪かったってのもあった気がする。あと源頼光みたいなクセのあるデザインも受け入れられ難いと思う。

やはり思い入れがあるかどうかかなー
自分はアーサー王については薄い知識しか無かったから、セイバーとかの女体化のエロゲヒロインでも大丈夫だったし。

改変に根拠があればそれなりに許容可能。
改変の根拠なしで名前とキャラのつながりだけ使って、キャラ自体は元ネタとかけ離れたりするのはダメかな。東方のキャラとか、一部好きになれないのもいる。

あとは作品の空気、設定次第な所もあるかな
キャラだけ活用だと、ヒドイ改変でなければわりと許せる。

キャラにもよるけど、オリキャラの手頃なかませになるとかはキツイと思うことが多い。
歴史上の人物で名前と功績が現代に伝わっていて人気が高い人物は、それ相応に有能に、魅力的に描写して欲しい。

現実の歴史とは違うというのを明確にしてくれるなら、独立した世界としての描写なら大丈夫、むしろ好みかな。

あまりにも歴史的な事実とかけ離れていなければ受け入れられるんだが、トンデモナイのも少なくないからな……

でも歴史ネタに関してはこっちの認識が結構曖昧だからな。
物語ベースで広まったのではない史実や、新しい研究や学説を元にした魔改造キャラなんてのもいるし、作る側がしっかり調べた上でエピソードや伝承を活用しているケースもある。
私達は「歴史と違う」というのではなく、「イメージと違う」と言うべきなのではないだろうか。

評価が固まっている、特に有能さや善悪方面で固定している人物ほど難しいのかもね。
一般的なイメージとの違いが大きければ大きいほど反発も出る。

曲解とか推測を極端に行う、作者の好みや見方を強調し過ぎるのは苦手。最近の国産西遊記系の作品はそういうのが多いからキツイ。
FGOで言えばイアソンの改変がギリギリかな。あれはどうアレンジしてくるのか気になるキャラだ。

私もイアソンをネガティブなキャラにしたのは予想外で面白かったが、反発する人が出るのも理解できる。
そう言えばイアソンに関しては、日本のTYPE-MOON信者の間で大炎上したらしいね。

悪者を単純に良いヤツにしたら魅力も消えてしまう。もちろんその逆パターンも。
Fateはそういうの上手くやってるキャラもいるから、期待したくなるかな。エリザベートなんかはちょこちょこと過去の罪がクローズアップされるから良い。

自分は初めて「恋姫無双」に出会った時は良くも悪くも衝撃的だったが、その後はゲームと歴史は区別して楽しむようになったかな。最初がアレだと免疫が付く。

この手の改造に反発する人は多いけど、実はウチの国は宗教系とかに魔改造が多いんだけどね……そういうのを調べていくと、現代の魔改造にあまり文句言えなくなる。

仏教なんかはもう魔改造だよね。観音とかウチの国では女扱いだし……
歴史や古典、あと民族文化系は改変しちゃいけないみたいな空気あるけど。

この手の改変に関しては「自分のもの」「自分が正しいと思っているもの」を改変されるのが嫌だ、気に食わないっていうのも理由なんじゃないかな。特に中国歴史ネタの炎上については。
外人の改変には当然文句が出るし、国内で改変すると今度は「歴史を尊重していない」とかになる!

そしてそんなこと言っているうちに、国産でも女体化が目に付くようになってきたと……



とまぁ、こんな感じで。
一昔前と比べて、イロイロな意味で慣れが生じている模様です。

ただそれでも、「別の解釈」を入れることに対する反発は日本よりも強いように感じられます。
この辺りに関しては、社会や政治的な背景も含めて、歴史関係の物事や文化に関する扱いの違いというのも影響していそうな気もしますが、どうなのでしょうね。

以前の記事
日本人がいなくても和風作品は作れる!? 中国国産和風ソシャゲ「陰陽師」が中国の業界に与えた衝撃
にも書きましたが、中国では
「自分の文化も他所の異文化も、アイデンティティ維持や摩擦のリスクを考えると慎重な扱いにならざるを得ない」
といった所があるようなので。

ちなみに上でも出ている、現在中国で人気のスマホゲー「王者栄耀」ですが、中華系キャラのヒーローユニットは現在の中国で若い世代の間でもよく知られている、創作関係でも頻出するキャラなのではないかと思われます。
かなりゲーム的なデザインにアレンジされているので、歴史人物改変の許容範囲の参考にもなるのではないかと。
王者栄耀公式サイトの英雄紹介(中国語)
このゲーム、SNKのキャラも参戦しているようで右京とナコルルと不知火舞がいますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

4/11修正:誤字脱字を修正しました。ご指摘ありがとうございます。