ぼちぼち4月の新作アニメも出揃ってきましたが、
ありがたいことに
「『俺妹』コンビ原作の新作アニメ『エロマンガ先生』の反応は?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」

は中国オタク界隈で一時代を築いた作品で、当時は様々な反応が出ましたし、
「肉親系ヒロインに対する強烈な反発」
「エロゲーという趣味の危うさが理解されない」
などの日中のオタク感覚の違いが浮き彫りになったりしたのも印象に残っています。
俺妹最終巻の展開に発狂する中国オタクが出ている模様
「俺妹」は中国オタク事情的にもスゴイ作品でした オタ中国人の憂鬱アップデート

そしてその「俺妹」からの流れもあってか、現在bilibiliで配信されている
「エロマンガ先生」

に関してもイロイロと盛り上がっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたその辺に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


第一話から良い出来だな。
アニメで動くことの意義、原作小説には無かった表現が加わる良いアニメだった。

まず一言。
今度は実の妹じゃない!安心だ!!

その言葉、とても理解できるぞ。
実の妹設定のせいで、俺妹はある意味では全滅エンドだったからな……

ちゃんとカワイイ妹系ヒロインだ……しかも血がつながってないとか。スバラシイ!

ヤバイわ……紗霧が萌え過ぎてヤバイ……最近はストレートに萌えられるキャラが続いて嬉しい。

紗霧が桐乃より可愛過ぎて危険ですよ。どうしましょうか。

ふぅ……
しかし紗霧は妹という部分を除くと、キャラの属性的には黒猫寄りな印象も受けるがどうなるやら。

実際、俺妹の作者と絵師の作品として考えると党派の争いが発生するのかは気になる所だ。俺妹の時、ウチの国では黒猫とあやせも含めてファンが分かれた感があったが。

天下三分の状態だったから、本当に盛り上がったよな。
恐らく単独、メインヒロインだけだったらああはならなかったろう。もちろん最後の悲劇も……

原作小説で出ている他のヒロインって、紗霧の対抗勢力としてはどんな感じなの?

紗霧が突出しているから俺妹ほど強力なヒロイン揃いって感じでは無いかな。
ただ山田エルフは紗霧とやりあえるレベルではある。

俺はエルフが見たいんだ!早く出てくれ!全裸で!

アニメも始まったしまた追っかけてみるか。キャラも良い感じなのは間違いないし。

今の所、今期新作の中では一番安心して見れる作品という印象。画もキャラデザも安定しているし、今後の展開が楽しみだ。

時間軸的には俺妹との関係もあるんだよな。その辺りのサービス展開も期待できるのか?

会話のネタも良い感じに飛ばしているし、第一話から楽しめた。

ところで結局、アニメの正式な中国語タイトルはどうなったんだ?
「エロ」「漫画」をそのまま意訳で「黄色漫画」や「情色漫画」+老師か?

残念ながらそこは空気を読んで音訳の方になった。
「埃羅芒阿老師」がこっちの配信のタイトルだ……

あー……しょうがないか。
ほんのちょっとだけ漢字の「工口」とかも期待してしまったが!
(訳注:この発言の「工口」は漢字です。中国のネットではカタカナの「エロ」を漢字の「工」と「口」にするネタ表記があります)

こっちのネットで作品関連スレが消されたり違法入りして使えなくなったりもしているからな。あれって「エロ漫画」の意味で直訳した名前だったり、それにつられてヘンなレスや業者が集まったからだろ。

元ネタとされているのはバヌアツのエロマンガ島だっけか。日本ではそのまんま「エロ漫画」と同じ発音表記に見えるということで昔からネタになっていたそうだが。

俺妹よりヒロインがカワイイ。
桐乃の性格は受け入れ難かったが、紗霧は普通に萌えられる。
ただ題材がマニアックなのは心配だな。

ラノベ作家業界とかオタクのコアな部分だし、ツールやコミュニティも日本特化だからな。自分もどこまでついていけるかは不安。

キャラも作画も良いんだけど、ストーリー的にはいまいち入り込めない。
主人公が今後動いてくれるのだろうか。

俺妹も設定が現実寄りと見せかけて実はファンタジーの多い作品だったが、エロマンガ先生の方がより極端だね。みんなの反応を見ると、それが原因で入り込めない人も出ているように感じる。

第一話から良い出来だったけど、俺妹ほどは流行らないだろうと感じた。
なぜなら設定が万人向けではないからだ。

ラノベ作家とイラストレーターってかなりコアな題材だからね……私もキャラ萌えはできたが、原作小説のラノベ作家事情、ラノベ執筆に関する部分は面白いと思えなかった。

日本ではどうだか知らないが、こっちではラノベ作家っていうのがイメージし難いから感情移入し難い気もする。漫画家ならば問題無かったのに。我ながら不思議だ

それってラノベ作家というのが創作のキャラの持つ職業としては比較的新しいものだからかもね。イメージが固まっていない、テンプレになっていないといった感じで。
漫画家以外にも恐らく普通の小説家とか、ミステリー作家とかだったらそこまで引っかからないのでは。

それにしても「ラノベ主人公」って罵倒語としても使えるのか。

そういった言葉の選択はかなり面白いな。字幕付きキャプ画像も捗るぜ!

ラノベ主人公と言えば、この作品はハーレム持ちで家持ちではあるけど両親が死亡済みってのはちょっと珍しいというか、伝奇系とか別のジャンルに行きそうなことになってるな。

私は両親死んでいるようだというのはちょっと引っかかったな、悪い意味で。

両親に関しては複雑なので後の展開を待ってもらうとして、家はあるけど親がいない(援助なし)というのはハーレム系では珍しい気がするね。
ラノベ主人公ではあるが、作家の仕事持ちということで生活面からのプレッシャーも付け足されているということなのかも。

何はともあれアニメとしても楽しみだが、俺妹の時のようにヒロインに関する党派の争いをやりたい。



とまぁ、こんな感じで。
「俺妹」が人気だった頃を思い出して、イロイロと比較して考える人も多いようでした。

また第一話からヒロインの評価はかなり高いようですが、それと同時に主人公関係の設定、特にラノベ作家というのがやや高めのハードルになっているような所も見受けられました。
中国オタク界隈では日本のオタク業界ネタはそれなりに話題になるようですが、そういった方面に興味を持つのはやはりマニア寄りの層なので、題材的にはちょっと難しいと考える人も出ている模様です。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。