中国オタク界隈でもストーリー展開やキャラの扱いに関して「やらかした」作品にはそのイメージが付いて回ります。
特に最近はその手のレッテル貼りやネタ扱いが話題としても使い勝手が良いのか、アニメ作品に関しては日本以上にその手のイメージを見かけるようにも感じられますね。

例えば今期の新作アニメだった
「エロマンガ先生」「Re:CREATORS」

などは、それぞれ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」「アルドノア・ゼロ」の終盤の展開に関するネガティブなイメージが付いて回っていました。

ただ、こういったイメージが関連作品に対して単純に影響するかというとそうでもないようで、どちらも今期の新作アニメの中では上位の人気作品となっています。

中国のソッチ系のサイトでは
「過去にやらかした作品と関連のある作品、同じ作者の作品を許せるか」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


今期の新作アニメ、「エロマンガ先生」や「Re:CREATORS」が人気になっているが、なんで皆は過去に裏切りを働いたクリエイターの作品を応援できるんだ?
皆あの時のエンディングに不満が爆発して、いまだに作品を語る時にはほとんどエンディングの話題が付いて回るっているのに。俺は当時のファンとしてこの作品は見ないと決めているぞ。

当時の炎上の原因になった所が無いってのもあるかな。
ヒロインの毒が少ないから、今の所はヒロインに対するアンチも少ないし、穏やかに進んでいる。

いや、普通に紗霧もエルフもカワイイし。
黒猫に関する心の傷はいまだに癒えていないけど……

スレ主の気持ちは分かる。
俺も「エロマンガ先生」には金を払う気にはならん。
「俺妹」の作者のような存在は許されない。死刑になるべき存在だ。

オタクの記憶や感情はそんなに長続きしないぞ!
自分の嫁や旦那の変遷を考えてみろ!

ネタじゃなくわりと「忘れられる」ものだよ。考えてみろよ、みんな毎シーズン追っかける作品を探して乗り換えてるじゃないか。ベクトルは反対かもしれないが、好きな作品だけを追っかけて他の作品を見ないなんてことないだろ。

「Re:CREATORS」は監督だけだから、始まってみればそんなに気にはならないような。
「エロマンガ先生」は直系の後継作品だからいまだにスレ主みたいな反応はあるが、見ないってほどにはならんな。ラブコメ路線で単純に代わりになる作品もないし。

昔の作品をずっと繰り返し見て話題にすることは少ない。
大多数の人にとってはそんなもんだよ。

今期の新作は過去作品の影響は確かにあるが、過去にそれらの作品ににハマったヤツが全てそのままスライドして人気になってるわけじゃないと思うぞ。もちろんのままスライドしたのもいるだろうけど、少なくとも自分の周囲では「エロマンガ先生」を見ていない元「俺妹」ファンの人間もそこそこいる。

自分は「俺妹」のアニメ見てたけど、「エロマンガ先生」は第一話見て合わなかったから追っかけてないわ。

なんだかんだで時間が経っているからね。
アニメ視聴者のメインとなる世代も既に変わっている。苦い体験の記憶よりも話題の方が強く出ているってことじゃないの。

「Re:CREATORS」も始まってみれば普通にキャラや世界観の考察で盛り上がってるしなー

自分は「俺妹」見てない。
普通に「エロマンガ先生」から入って面白かったから見続けているだけなんだが……

正直なところを言わせてもらうと、先輩達の昔の嫁を語られたってこっちは困るだけなんですけど……

どっちもそれなりに前の作品、「俺妹」なんかはもう4年前の話になるからな。
一生恨みを持っていろというのもどうなんだ?
作者のやらかしを覚えているのはともかく、新作の評価にまで持ち込んでも良いこと無いぞ。

「エロマンガ先生」とか普通に楽しんでるよ!
なに?当時の過去ログに俺のIDで伏見つかさに対する暴言がある?
なんのことだか分からないな!!

作品でも発言でもあれだけやらかしている山本寛をいまだに評価している、期待している人もいるんだから「俺妹」や「アルドノア・ゼロ」の終わり方くらいならそこまで気にしないって人も多いんだろう。
とりあえず言いたいのは、一つの失敗ですべてに偏見を持つのはもったいないと思うってことかな。

アニメ監督の中では比較的安定しているとされる水島努でさえもマヨイガみたいなのを飛ばしてきたりするからな。作品やエピソードごとの当たり外れはどんなクリエイターにもある。

「マヨイガ」で思い出したが、私はヒドイ目に遭っても岡田磨理の脚本に期待しちゃうくらいだからなー
ダメになる気配やダメになり易い部分を把握しておけば逆にダメージは小さくなるし、安全な作品になると言えるかもしれん

私もそんな所あるな。
「そういうことやる可能性のある作者や監督や脚本」ということで予防線を張れるから見ていて楽。

ずっと叩き続けても良いこと無いぞ
面白ければ新作を評価すればいい

俺妹やアルドノアを叩いているコメントの中で本当に心の底から作品を嫌っている人間の割合はそこまで多くないんじゃないだろうか。動画のコメントなんかは特にね。ちゃんと作品を見ているわけでは無いのにネタにする、叩いて笑いにするという、いわゆるにわか的なノリも少なくないだろう。
もちろんちゃんと好きな人からすれば不快だが、「ちゃんと嫌いな人」にとって完全に肯定してくれる味方でもないと思う。

なるほど。
考えてみれば嫌いだから、キモイから見ないってレベルではない人が多数派だったからこその今の人気だろうしな。単独の作品として見れば問題無い、むしろ話題や知名度的には追い風と。

面白くないから見ないってのは分かるが、作品が許せないから同じ作者の作品全部否定するというのは理解できない……

「エロマンガ先生」を批判するのは当然だ。
あれはヒドイ終わらせ方をした「俺妹」より更に退化している。
進歩してない作者の作品をまた見るのはオタクとしてどうなんだと言いたい。駄作が蔓延り本当に優れた作品が出なくなってしまうのに!

どっちの終わり方も私は好みではないが、理解できない投げっぱなしというわけではないから新作まで拒否する気にはならんがなあ。

時間が経てば段々と忘れていくものよ。
私にとっては平坂読とかもやらかした作家として認定しているが、なんだかんだで10月のアニメは楽しみにしている。

なんだかんだで伏見つかさはヒロインの造形がうまい。
萌えを感じられるのだから見ない理由も無い。

「エロマンガ先生」も「Re:CREATORS」もまだ終盤、エンディングになってないからね!なら普通に楽しめるさ!

「俺妹」も終わりこそ炎上したが、それ以前の部分は楽しめたからね。だから大人気になったんだし。あと「俺妹」はルート分岐とかもあるから、本気でファンをやるなら好きな世界線を追っかければいいわけで。
その辺のサービスに関しては妙な信頼感がある。

最後にやらかしたけど名声は獲得している。だから他の完全新規の作品よりは有利だ。そして一定以上のクオリティであれば人気は獲得できる。

結局は面白かったら皆追っかける、つまらなかったら消えるだけさ。
国産アニメでも表裏で宣伝しまくりだった作品が、最初は盛り上がったように見えていたのに中盤辺りで「燃料切れ」を起こして消えていくのはありふれた話だ。
最初に注目を集めなければ目立てずに消えてしまうが、面白くなければ注目を維持できずに消えてしまう。



とまぁ、こんな感じで。
過去の作品の炎上に関しては引きずっている人もいるようですが、そうでない人もわりといるようでした。

上のやり取りにも出ている作品に関しては、今期の新作アニメへの影響がどう出るかなど私も気になっていたのですが、現在の高い人気や話題の盛り上がり方を見るとネガティブな影響による失速ということにはなっていない模様です。

中国オタク界隈では作品に関する話題、特にやらかした、炎上したとされる部分に関するレッテル貼りによる作品評価、作品叩きが日本よりも目に付きますし、その手の話題が定番化し易い傾向もあるのですが、その影響が新作に対してどう出るかは判断に迷いますね。

個々の作品ごとに炎上の内容や範囲も違いますし、それに加えて中国では関連商品やイベントの情報が少なく、作品人気の移り変わりも日本と比べて速いですし、関連性のある過去の人気作品の炎上が話題性という面などで新作に関してむしろプラスになるというケースもあるようです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。