ありがたいことに
「中国では子供向けを嫌う、子供向けを見るのはオタクじゃないという考えの人がいるように思えますが、今の中国のオタクな人達の子供向け作品に関するのイメージはどういったものなのでしょうか?」
「またどういった作品が子供向けカテゴリと見做されるのでしょうか?日本では子供向けに入る作品についても普通に語られているようなのですが」

という質問をいただいております。

質問にもある通り、中国オタク界隈では「子供向」という言葉がそのまま使われていますし、子供向けとされる作品に関しても、日本とは少々違う感覚があります。

中国のソッチ系のサイトでは
「子供向け作品とネガティブなイメージ」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


子供向け作品のイメージが人それぞれ過ぎて混乱する。
ジャンル的な物かと思えば、悪口になったりもしている。

子供向けの定義もハッキリしないしな。
今では誰も子供向けだと言わない作品が昔は子供向け扱いだったり、シリーズが進むうちに子供向けじゃなくなったりもする。

別に「子供向け」が悪口ってわけではないだろ。
俺は子供向けをネガティブな意味で使ってはいないぞ。単に「子供に見せるアニメ」ってだけで。

子供に見せるもの、子供に見せるようなものって段階でネガティブに使われる原因が出ているんだが。
実際は子供を騙すための作品と、子供に見せる作品ってのは違うはずなんだけど、子供が見るもの=自分が見るほどの価値が無い的な扱いにされがち。

「子供向」という単語にはネガティブな空気が付いて回るし、ウチの国で使われる場合は少なくとも褒め言葉にはならないね。
かなりのケースで「幼稚」と言い換えることもできてしまう。

自分の中のイメージだと、子供向けのアニメって「キレイな童話」「啓蒙的な話」だね。

子供向け作品を大人が見ても良いし、対象年齢関係無く面白いものは面白いと思うのだが、難しいな。

そこはウチの国独自の事情もあるだろう。
日本では子供をターゲットにした、子供向けアニメ市場が活発だし子供向けをそんなにネガティブな扱いにはしない。

一般的な感覚だと、子供向けと言えば子供に見せるものであって大人が見る物ではなくなるわな。

子供向けの番組を見ているという時、なにかしら自嘲気味な気分にはなるからね。年齢によるレッテルの影響もあるのかな。
ふと思い付いたが、ウチの国のネットの罵倒の一つ「小学生」ってのもよく考えてみれば……日本人に対して小学生と罵倒して相手の日本人に困惑された知り合いがいるわ。

自分が面白いと思う作品を見ればいいだけだろ。子供向けとか気にしなければいい。

日本のアニメの子供向けの定義に関しては、まず日本における放映時間で見ておけばいい。
少なくとも深夜に子供向けは絶対に放映されない。

内容を見ずに放映時間だけで判断するのはどうかと思うが。
子供のためになる、啓蒙的な作品、負の方向の内容では無い作品は子供向けとして見るべきだろう。

日本のアニメのシステム的な話だから内容以前の問題なんだよ。
深夜にわざわざ起きてアニメを見る子供を期待して作られる子供向け作品なんて無いという話だ。

子供向けと全年齢向けを混ぜてしまう人間が少なくないのも問題だ。
例えば「ポケモン」は全年齢の方なのに。

子供向けと全年齢って同じカテゴリに近いぞ。
明らかにそこを分けて考えるのも不思議な話だ。

何言ってんだ?
全年齢向けと子供向けは「=」じゃない!

普通の大人なら子供向けの作品を好んで見ることはない。見るのは普通全年齢向けの方だ。

魔法少女系で例えるなら「プリキュア」が子供向けで、「リトルウィッチアカデミア」が子供向けでは無いだろうね。そして「魔法少女まどか☆マギカ」に関してはあえて言う必要は無いよな。

でも「プリキュア」の方が大人のファンも多いらしいぞ。

「ポケモン」は子供向けじゃなくて全年齢扱いだから大丈夫!みたいな認識のヤツもいるか……

「ポケモン」、「遊戯王」は子供向けじゃないだろ。

あとは「仮面ライダー」なんかもだな。

子供向けって全年齢向けの中で低年齢層を対象にした作品だと考えていたが。完全に同じではないが、完全に違うものでもないという感じで。

昔はアニメって子供向けは子供が、青少年や大人向けは大人が見る物だと思っていたが、最近は子供向けの方に大人が見て楽しめる作品が目に付く気がする。
むしろ青少年向けや大人向けは小中学生向けが多いという印象も……

ファミリー向けというか、家族で見れる作品というのもあるからな。
こっちで大人向け、子供の作品じゃないとされる作品ってマニア向けであって、必ずしも大人向けではないように思えてしまう時もある。

子供向けの作品ではあっても、対象は子供だけではないからなー

おっさんな自分の経験を語らせてもらうが、「子供向」にネガティブな意味が加わるようになったのは、国産のゴミアニメのイメージが重なったからだね。自分達の見ているアニメは国産のゴミアニメ、「子供だまし」じゃないと。
最近は大人向けの国産アニメも増えてきているし、「二次元」という言葉で語られるようになってきたが、昔はその辺りの区別をしたがる人が多かったのよ。

何言ってんだ。別に国産の子供向けとか別にヒドイわけじゃない。
日本も子供向けアニメをどんどん作らなくなっているし、品質も劣化の一途だ。ウチの国の国産アニメの方が今では日本より優れているようにすら思える。

お前の見ている日本のアニメってたぶん俺の見ている物と違うんだろうな……
一度日本の玩具市場や、アニメ産業の情報をのぞいてみるといい。

昔の国産子供向けはマジでヒドイぞ。ゴミという形容詞がしっくりくる。あれのせいで「子供向」のイメージはヒドイものになったし、反発も生まれるようになった。

どの作品を子供向けだと受け取るかが人それぞれ過ぎるからな……
「けものフレンズ」とかは子供向けなのに世界観やストーリーのギミックがスゴイと思う。

「けものフレンズ」は子供向けじゃないだろ。

作品の中身を見ろよ。あれは明らかな子供向け作品だ。
劇中では動物園職員による動物紹介までやってるんだぞ?

「けものフレンズ」は制作背景やスタッフの発言、マーケティング、どこを見ても子供向け要素無いぞ。あえて言うなら子供向けのフォーマットで作られたオタク向け作品だろ。

子供向けに関してはストーリーの内容次第だと思う。
「けものフレンズ」はちょっと判断に迷う所だが……

ちょくちょく言われているのが
「今子供向けだと言われていない作品も最初は子供向けだった」
という話だが、これってどうなんだろう?
昔は子供向けだったシリーズの作品を見ている人間が子供向けを軽んじるのはどうかと思うのだが。

時代が違うしシリーズの各作品の扱いも違うからそこは別に気にする必要無いと思うが。

ガンダムとか仮面ライダーがその「元子供向けの大人向け」枠かね。
でもガンダムは初代からして子供向け枠で大人が食いついていたわけだが……

納得できない人がいるのも理解できるが、子供向けなのか、そうじゃないのかについてはやはりストーリーとかじゃなくてシリーズや商業展開で分けるのが正しいと思う。
特撮系、例えば仮面ライダーやウルトラマンの個別の作品に関して、これはストーリーが鬱だとか深いとかで子供向けでは無いという人も多いが、それは違う。
ターゲットに大人が含まれているとか、子供向けとしては問題があるように感じられる設定やストーリーとかがあっても、商業的には子供向けとして扱われている。

「大人も楽しめる子供向け作品」ではなく、「大人が見る価値のある作品」という方向で語られてきたからなあ。
ウチの国は子供向けということにネガティブな意味を感じ過ぎているような気もする。

面白い作品も多いのに、子供向けということでネガティブな扱いになるのはな。

子供向けを否定するのとは反対に成人向けの作品が良い、コレは成人向けの作品だと称賛するのもどうなんだという感じがする。日本語だと「成人向け」って「18禁」と似たような意味でも使われるから、逆に滑稽になってくる。

なるほど。そう言えば中国語だと「大人向」だとヘンな感じに受け取る人もいるから、「子供向」だけがある種のオタ用語として広まっているのも興味深い現象かもしれん。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈では「子供向け」というカテゴリやその扱いに関してはいまだに複雑な所もあるようです。

中国オタク界隈における子供向け作品への反発に関しては、自分達の見ているアニメはカッコ良くなければならない、価値のある趣味でなければならないといった空気が感じられます。

その辺りの原因については現在の中国ではではアニメが外来系文化枠、若者文化枠であることや、過去の国産アニメのクオリティとその扱いに関するトラウマの名残なども影響しているようですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。