遅ればせながら始めた艦これの夏イベ、とりあえずE2までは甲で進めましたが、この後がかなり厳しいようなので難度下げていくことを決めました、はい。
褒賞的にE5だけは甲で頑張りたい所ですが、それ以外はぬるま湯につかっていこうかと……

さて、ありがたいことに手頃なネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。
毎年日本のコミケの時期は中国オタク界隈にも日本のコミケ関連のニュースがイロイロと飛び交い話題になったりしていますが、先日の夏コミに出現した亀仙人のコスプレイヤーの方が中国オタク界隈でもちょっとした話題になっているそうです。



コミケにリアルすぎる武天老師(亀仙人)コスプレイヤー現る!正体は清水泰地さん(中2イズム)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「夏コミに出現した亀仙人のコスプレ」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


この間の日本のコミケに出た武天老師のコスプレが凄い。とても筋肉!

これは凄い。
再現度が神レベルという言葉はありふれているが、こっちの方向で神レベルの再現度が来るなんて。

亀仙人のコスプレね。甲羅背負って長袖で夏は大変だろうな……と思って画像開いたら吹いた。そっちのモードの亀仙人かい!?

スゴイ強そうなコスプレですね。

この筋肉って肉襦袢みたいな装備じゃないの?
ホンモノとは限らんぞ。

これはホンモノの筋肉だぞ。
現場にいた人間の発言もその件に関して肯定している。

日本のコスプレイヤーはコスプレのために身体を鍛えるのか……

いったいどれくらい、どういう風に鍛錬すればこんな筋肉になるのやら。

自分は今、本当のコスプレというものを知った。

これはスバラシイcoserだよ。
こっちのイベントでは見かけないタイプ。

おいおい……殴られたら「こっちが」死にそうなコスプレじゃねえか……

アジア人がこんな筋肉になるなんてちょっと信じられない。
少なくとも自分は見たことないんだが。

この人ってプロのボディビルダーだという話もあるみたい。
以前にも筋肉系のコスプレをしていたとか。

前にザンギエフの筋肉コスプレあったけど、あれと同じ人だったりする?

筋肉あると良いコスプレができるというのに気付いてしまった。

自分は痩せてるんでダルシムとかいけるような気もするが、筋肉系は無理です!

中途半端な筋肉だと意味が無いからな!

これは亀派気功(かめはめ波)だって出せる。

私もそう感じた。こんな身体だったらかめはめ波を出されても驚かない。
まずこの身体でコスプレしているということに驚愕してしまったからね!

他のコスプレと一緒に並んでる写真も見たが、一緒に写る人がちょっと気の毒に思えた。この亀仙人と並んだらどんなコスでも弱そうに見えてしまう。

それにしてもこのおじいちゃん、夏コミのたった一日のために体を鍛えたの……?
そこまでやれた理由は何?

いやさすがにリアル年齢がジジイではないだろ。
ヒゲも眉毛も後付でサングラスもかけてるからそこは上手く仮装している。

なるほど。だがコスプレっぽい加工が眉毛とヒゲだけってのが逆に面白すぎるな。

恐らく前提としてムキムキボディがあって、そこから似合うコスを決めたんじゃないだろうか?

しかし、何とも趣のあるコスプレだ。
日本のコスプレはキャラへの愛を感じられる、楽しんでいるのが分かるコスプレがあって良いね。

美女とイケメン以外の方向のコスプレの素晴らしさが分かる写真だ。

ウチの国だとカッコ良さ重視でというのがメインになっちゃうからなあ。
もちろんそれが悪いわけでは無いし、ネタ系コスプレも段々と増えてきてはいるのだが。

この武天老師については、実力派のコスプレイヤーという形容がしっくりくるな!



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈で主流となっているコスプレの方向性からはまず出てこないであろう肉体系コスプレに衝撃を受けた中国オタクの方も少なくないようでした。

ちなみに上のやり取りにもありますが、中国オタク界隈ではコスプレに関しては「cos」、コスプレイヤーに関しては「coser」ということも多いそうです。
また「coser」にはエロ関係の方のイメージもあるそうで、使い所に関しては気をつけないといけないケースもあるのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。