ありがたいことに
「中国本土のガンダムの中国語訳名が来月から『高達』で統一されるらしい」
というネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

この件の真偽に関しては直接のソースとなる文章や発言が私の方では見付からなかったので何とも言えないのですが、大陸の方でも「高達」で統一されるという話に関してはイロイロと興味深いものがありますね。

当ブログでも以前にイロイロと書いたように、中国の大陸の方における「ガンダム」の中国語名はイロイロと混乱しておりまして、当初は主に海賊版ルートで入り広まっていたという香港での中国語名である
「高達」(gaoda)
表記が主流だったのですが、その後ガンダムの中国進出に伴う商標やマーケティングのアレコレもあったのか
「敢達」(gangda)
が公式の中国語名として扱われるようになりました。

しかしファンはずっと「高達」に慣れ親しんでいた上に、香港から入ってくる中国語の情報や日本の情報を翻訳するファンの活動、字幕組のファンサブ活動などではその後も「高達」が使われ続けていたので、広まり方や使われ方に関しては明らかに
「高達」>「敢達」
となっているような所も見受けられました。
私もガンダムの中国語名に関しては「高達」で覚えたので、ガンダム系MSの中国語名で先に出てくるのは「高達」の方ですね。

ガンダムの中国語名に関してはテレビアニメ進出関係や、現地でのアニメ配信、イベント開催など、そのたびにイロイロと話題になったり噂が聞こえて来たりもしていましたし、この件が正しいのかどうかは分かりません。

ですがこの件に関する中国のソッチ系のサイトにおけるやり取りでは
現在の中国本土で混在している
「ガンダムの中国語名」
「高達」(gaoda)「敢達」(ganda)「鋼弾」(gangdan)

などに関する現在の感覚が出ていて面白かったので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


大陸におけるガンダムの訳名、来月から正式に「高達」になるらしいぞ。
長年の「敢達」と「高達」のどっちが正しいかどっちを使うべきか問題に決着が付くかもしれん。

いいね!
私は支持するよ!

やっとこっちの公式で高達が使えるようになるのか……

商標問題は解決したのか。

商標問題も噂であって確実な話ではないぞ。この中国語名に関してはバンダイ上層部やマーケティングの考え、大陸では「敢達」で売り出す方が良いという方針だという話も聞く。

まだだ、まだ終わらんよ。
高達なんて名前にしたら我が国の南宋時代の名将と同名になってしまうではないか!

あれはあれで突然ガンダムが戦っているようなネタになって嫌いじゃない!

自分は台湾の「鋼弾」が良いと思っているんだが、こっちは広まらんなあ。

どれもガンダムの「ム」の発音が省略されてるけど、それってどうなのかと。

一応「剛大木」(gangdamu)というのもあるぞ。

確かに「剛大木」だと発音の省略は無くなるけど、発音するときに微妙。リズムが悪くなる。

日本語に比べて中国語で三文字だと長くなってカッコ悪く感じられるような所もあるからね。
私も言葉のリズムや発音の関係から二文字の方が良いと思う。

こういうのって音が正しくてもカッコ悪かったらダメだからな……

元々広東語発音での「高達」だから、標準語発音だと日本語のガンダムから離れてしまうのは当然なんだが、自分は「高達」で覚えたから「敢達」と言われてもヘンな名前に思えてしまう。

「敢達」の方が日本語の「ガンダム」の発音に近いのは間違いないんだが、使う上ではそう単純な物でもないのが面白い。

こっちでガンダム関係に接する上では基本的に「高達」だからね。ネットでの情報なんかもそうだ。
バンダイのオフィシャル展開に接して初めて「敢達」を意識する。

大陸の公式中国語名、あんまり広まらなかったよね。
自分は昔からずっと「高達」で通している。「敢」はなんか微妙に思えるし、周りもそんな感じで「高」の方ばかりだ。

それにしても、ずっと「変形金剛」でやっている「トランスフォーマー」と比べてガンダムは混乱しているな

そこは確かにめんどくさい。
私は一時期「高達」と「敢達」って別物だと思ってたし。

ファンもめんどくさいわ。
翻訳の細かい所を問題にしてすぐに炎上するし。

とりあえずこの変更自体は歓迎する。
ついに、そしてようやく……とも思うが。

それにしても、なんで「高達」の方が使われているんだ?
特に優れた所や、関連する名訳があるわけでもないだろうに。

単純に高達の方が広まったのが早かったのと、バンダイが公式で大陸の方にあんまり力を入れていなかったからだろう。昔は「机器猫」が主流だったけど今では普通に公式の「哆啦a梦」が強くなっている「ドラえもん」と比較してみるのも面白いぞ。

確か最初に「作品内」で出たのが高達の方(Gガンダムだったはず)だったという話もある。

地区は違うがどっちも一応公式だというのも難しい所だ。それに南方だと香港のTVBでガンダムを知ったというのも多いから、高達で刷り込まれているんだよね。

そうそう。当時見れたTVBでガンダムに入ったから、高達の方で慣れている。

俺の地元もずっと「高達」での取扱いになってたな。
それに日本語で覚えてしまうと、中国語訳の音の正しさはわりとどうでもよくなる。大事なのは日本語発音と形式番号で、中国語は通じればいいとなるから結局「高達」に。

ガンダムはまだその手の中国語訳名のブレが少ない方だと思うよ。
ポケモンとかはもっと大変。更に各ポケモンの名前も地区ごとの違いがある。更には「イロイロと利用」されたりしてしまうし。

タイトルだけでも「口袋妖怪」「神奇宝貝」「籠物小精霊」「精霊宝可夢」だからな……

それにしても大陸のガンダムの関連商品やジャンルも全部「高達」表記に変更となると、中の人はかなりめんどくさそうだ。

ソースとされていた関係者のweibo発言もそっちの愚痴があったな。
名前の入ったものは全とっかえだろうからね。愚痴るのも理解できる。

アニメ経由でガンダムに入った場合は「高達」で慣れてしまうのは当然だが、自分はその後ゲームの方でガンダムファンを続けているから「敢達」の方が慣れている感じだ。
むしろ今更「高達」にされても違和感が……

ゲームの方は版権取ってのものが多いからな。
そっちから入ると「敢達」にも抵抗無さそう。
ウチの国で高達派が多いのって結局は広まったルートの関係なのかもね。

自分も昔は「敢達」呼びは嫌だったけど、SDガンダムのゲームやるようになってから気にならなくなった。むしろ好みになったかも?

もし「高達」の方で統一されるとなると、今のSD敢達系作品も全部SD高達になるのか?
それとも既に商標とってたり展開中の作品はそのままでいくのか?

ガンプラはどうなるんだ。今は「鋼普拉」だよな。「鋼」を「高」にするの?

そう言えばガンプラに関しては「高」じゃなくて「鋼」で広まってるな。
こういうのを見ていくと、別にみんな発音にこだわっているわけじゃないのが分かるな。



とまぁ、こんな感じで。
現在もガンダムの中国語目に関しては「高達」の方が慣れていて良いという人が多いようでした。

ただ上にもある通り、最近中国で増えているゲームの方もカバーしているガンダムファンの人は「敢達」表記にも慣れているので特に違和感は無いそうですし、中国語名の定着に関しては広まるルートの強さや、その名前に触れるタイミングや時間の長さといった辺りが重要なのかもしれませんね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


香港のピカチュウ改名デモ、大陸側の反応は