ありがたいことに
「少年ジャンプのネタバレサイトの摘発に関する中国での反応は?」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

人気漫画、発売前に掲載=「ネタバレサイト」初摘発−熊本県警(時事ドットコム)

ネットの「全文ネタバレ」に出版社が“断固たる措置”? サイト運営者が過去記事を削除する動き (ITmedia NEWS)

日本のオタク関係のニュースで話題になっている物に関しては、中国のニュースサイトでも紹介されていますし、この件も中国オタク界隈の一部で話題になっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「日本のネタバレサイト摘発」
に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。」


少年ジャンプのネタバレ情報を画像付きで流していたサイトが捕まったらしい。
広告収入で3億5千万円も儲けたというのが驚きだ。

ニュースだとどうも分からんのだが、流出情報のソースって何?
本当に普通に店で買ってたの?

それで間違いない。早売りしている少年ジャンプを買ってスキャンしてまとめてネットにアップしていた。
でも正規で購入しているから流れ的には字幕組の活動より正規っぽく見えてしまうのは気のせいだろうか?

発売日前に書店で買えたというのがまず意外だったんだが……

実本だから流通の関係上、日本でもフライング販売というのは珍しくないらしい。
少年ジャンプのような人気雑誌では昔から行われていたとか。
ただネットにアップして世界中で即座にネタバレが読めるようになるのはさすがに許されないってことだろう。

もしかして村上春樹の新作ネタバレみたいなのも流れたりしたんだろうか?

紙媒体がいまだに強いのは日本の特徴だよな。
欧米とかはオンラインの方になっているし。

娯楽媒体としての日本の出版業とマンガがいよいよ特殊な存在になってきているからね。
ただ日本は雑誌、紙媒体で発売される商業モデルだから様々な作品や、人気作品に成長する作品が豊富になる。
オンラインメインになると検索で上に来る、そういう工作のできる作品しかなくなっちゃうような所もあるから。

これはやはり海賊版に打撃を与えるための行動というヤツか。「海賊王」だけに。

ネタバレ情報及び無断転載だから海賊版とは違うだろう。
著作権的な権利侵害ではあるが。

結果的にリスクの高い稼ぎ方だと判明したわけだが、それにしても3億5千万円ってのはスゴイな。これは危険でもやろうとする人間は出るわ。

「ONE PIECE」に関しては何とも思わんが、こういう俺に関係ない所でうまい儲け方をしているヤツが捕まるのはちょっと嬉しいぜ。

その辺の社長なんかよりもよほど稼いでいるとか、才能はあったわけか。

そりゃ捕まった連中はコスト負担なしに違法行為で稼いでいるからな。
雑誌に金払ったからって何してもいいわけじゃない。

これ自体は悪いことじゃない。
尾田と出版社へのダメージが減るんだからな。作品に対する負の影響は減る

自分もこの件は支持する。

ロジックは分かるんだが、なんだかしっくり来ないニュースだなあ。
日本では違法アップよりネタバレの方が金になるのか?

中国だとこういうのは成立しないだろうね。少なくともこんなに稼げない。

そもそも、オンラインで漫画タダで読むならウチの国だとテンセントのサイトが権利取って公式で運営しているからな。
日本だと有料だしかなり事情が異なるのだろう。

これって引用の範囲超えてるだろうし、多額の広告収入から明らかな営利目的だし、権利侵害案件だろうな。
日本の著作権法を厳密に適応すればネタバレ情報の拡散と画像転載行為はアウト、グレーではなく黒らしいけど全部取り締まるのは現実的ではないだろうし、完全に規制するとファンの交流も難しくなるから問題が大きくなりすぎるまでは放置だったのだろう。

ウチの国の海賊版取締りと似たようなもんだったのかね。

出版社側はこれまではコストを考えるとやらない方がマシと考えていただけだろうな。弁護士への依頼や手続き費用だけでなく、調査するだけでも人件費はかかる。
警告しても効果は無いというか儲けまくってる所はやめるわけがないから、やるとしたら力を入れてやる必要がある。

画像転載だけでなくネタバレ情報も逮捕の根拠なんだろうが、少々意外ではある。
発売前のネタバレ情報で金取ってたらアウトなのも言われてみれば理解できるんだが。

字幕組も最初に出す所が評価されやすいわけだし、ここまでの広告収入になるってことは最初に知ることの価値が日本では大きいのだろうなあ。

そしてネタバレを知ってしまうと買う気が失せると。

映画のネタバレサイトとかはどうなるんだろうね。
あとゲームの実況とかも。

そこは作品によって違うから、権利者側がプラスになると思うなら放置、無視できないダメージが来ると思うなら警告からの逮捕とかじゃないか?なんでもかんでも不許可規制だとファンを敵に回すから本当に作品次第だと思う。
主力となる熱心なファンの間でネタバレ行為が作品に対するダメージになるという認識が形成されていれば強気な対応ができるが、そうでなければ権利者側に対して横暴だとかの悪いイメージが出て反発される。

恐らくこのジャンプの件もだろうけど、やり過ぎて儲け過ぎている所は潰されるということになるのでは。

日本のネットで捕まった連中が中国人かその友人扱いされているのに笑った。まぁ過去に実例あるからね!

もしうちの国でこんな感じに厳格な取締りを行ったら馬鹿にされそう。

そして出てくる「中国は大き過ぎるし海賊版を取り締まるのは不可能だ、そもそも正規版は高過ぎる」とかなんとかの言い訳。

そういう反応ってどうなのかと毎回思う。
悪い事やってんのは変わらんのだから自己弁護の理屈を探しても意味は無い。いいから黙ってろと思う。

少年ジャンプって毎週月曜日発売のはずが、その前の週の水曜日にはこっちで中国語化されたのが流れていたりしたからな……
事前に入手できる連中ってどんだけ早く入手しているのやら。

こっちに流れてくるデータの大元ってどこなんだろうな。
前に中国人が捕まってたし、今回捕まった連中もそのリソースの一端なのだろうか?

中国語翻訳やってるファンサブグループの関係者が以前日本で捕まってたし、印刷会社や取次内部に裏切り者がいるんだろう。
この捕まったネタバレサイトの人間は書店の早売りでの購入だから、タイミング的には遅い部類に入るはず。ネットでの影響力や儲けが大きくなりすぎたから対処されたんじゃないかな。

逮捕されたネタバレサイトがどうなのかは知らんが、こっちはかなり早く流れてきていたからなあ。
ウチの国だと成立しないモデルだろう。

ところで、これってこっちに流れてくるネタバレ情報に影響出るの?
情報ルートがこれ一つとは思えないし、こっちへの影響は無いようにも思えるんだけど。

情報ルートがよく分からんから何とも言えん。
中国の他にも韓国やアメリカ、オーストラリアなんかでもネタバレソースは出ているが、それがどこからの流出なのか、どのくらい重なっているのかは分からん。
それに日本で早売りしている所で雑誌を手に入れるというルート自体は消えないだろうし。

日本で出回るのは水曜日、ウチの国では木曜日くらいか?

中国国内ではもうそんなに早く出回らないようになってるぞ。
どの辺でストップがかかっているのかは分からないが、良くも悪くもテンセントのマンガ正規配信の影響は大きいってことだ。

ネットの拡張に伴って一時期は色んなジャンルでこの手のネタバレや発売前の流出が起こっていたけど、最新部分の流出に関しては徐々に縮小しているよね。
ネット流出に対する対策のやり方が世界的に変わってきているように思う。



とまぁ、こんな感じで。
広告収入の大きさやネタバレで捕まるというのはちょっとした驚きだったようです。

ただ以前の字幕組関係者逮捕の件に比べると、衝撃の大きさに関してはやはり小さ目となっている模様です。
この辺りに関しては既に似たような事例があることに加えて、中国オタク界隈におけるマンガの存在感やオタク的な生活に占める経験の割合も影響しているのではないかと思われます。

マンガの存在感が非常に強い日本とは違い、現在の中国ではマンガの存在感はかなり薄れています。中国オタクの方から聞いた話によれば、マンガ関係の違法行為に関してもその影響する範囲や重要さというのが、知識としては理解できても実感に関してはイマイチという人も少なくないのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「ワンピースの取り込みで捕まり日本で裁判になった中国人について」

中国の大手古参字幕組の人間が日本で捕まり、中国にも衝撃が走っている模様

字幕組から更なる逮捕者で中国オタク界隈も混乱中