ありがたいことにネタのタレコミをいただいたのと、FGOの1000万DL記念の好きな星4サーヴァント配布の情報が嬉しかったので今回は微妙にFateなネタで。

アメリカ版のFGOでは100万DL記念の中で諸葛孔明のピックアップが行われたそうです。


この英語版のピックアップの情報が中国オタク界隈にも伝わっているそうですが、そこで
「英語版での名前が諸葛孔明ではなく、諸葛亮(Zhuge Liang)になっている」
というのが注目され、ちょっとした話題になっているそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「Fateなどの日本の作品に出てくる三国志武将の名前の表記」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


アメリカ版で孔明ピックアップの告知が出たらしいんだが、そこで諸葛孔明の英語表記が「Zhuge Liang」、つまり「諸葛亮」になっていた。
今更ながら疑問に思ったんだが、Fateでは諸葛孔明なのか諸葛亮なのか、どっちが正式な表記なんだ?

翻訳の結果だろうけど、こういうのって混乱するよね

なるほど。これは確かに少々不思議な翻訳だ。
日本のオリジナル表記では「諸葛孔明」だよな。
ウチの国の中文版でも諸葛孔明だったし、てっきり諸葛孔明がFateの公式だと思っていたが。

日本人の三国志武将名の表記が一定しないのはツッコミネタとして有名だが、これは新しい矛盾というヤツか?
アメリカ版で諸葛亮にしたのは手抜きなのか明確な意図がある翻訳なのか。

いわゆる「名前の現地化」じゃないだろうか?
アニメの吹き替え版にもよくあるが、オリジナルそのままよりも現地で分かり易い形にするというヤツだ。
例えば「ポケモン」ではサトシがAsh、カスミがMistyになっていたりするが、それと比べれば諸葛孔明と諸葛亮はまだマシな方にも思える。

ソシャゲも商売だから客に合わせないといけないからね。
アメリカではFateの知名度が低いから尚更だ。英語圏では諸葛亮で覚えている人が多いし、日本のゲームだとコーエー系作品の影響もあるだろうから諸葛亮にしたんじゃないかと。

英語圏の翻訳って日本語の原文を維持することにそこまでこだわらない、英語圏の一般的な表記に合わせる傾向が強いように思う。
この翻訳もその流れの結果じゃないだろうか。

中日の翻訳だと漢字をそのまま使えるから、あえて原文表記を崩す必要が無いことも多いしね。
英語にする場合、日本語のオリジナル表記に合わせ過ぎると新規の人には厳しくなりそうだ。そういうことなら諸葛亮への翻訳改変も理解できるかな。

ようはあれか、アメリカ人は諸葛孔明だとピンと来ないから課金してくれないという考えか!

私も諸葛亮の方が慣れているというか、ウチの国でも基本的には諸葛亮で覚えていると思う。ただウチの国では字の孔明も普通に諸葛亮関係の知識として備えている。

字で呼ぶのは尊称的な意味もあるからね。
あの時代は名で呼ぶのは失礼になる。

そうそう。だからアメリカ版の諸葛亮呼びは、サーヴァント本人(メインの人格はウェイバーだが)に対してと考えるとかなり失礼とも考えられるんだが。
直接の会話なら孔明と呼ぶ方が良さそう。

直接「諸葛亮」と呼んだら、罵倒みたいにとられるんだっけか。

しかし字の扱いは日本の作品だと混乱している……諸葛孔明はまだいいが、諸葛亮孔明だと引っかかる。

他の作品ではどうだったっけか?
「一騎当千」が全部姓名字のスタイルなのは覚えている。

日本の二次元作品においては諸葛孔明呼びが多い印象だ。
日本ではこの呼び方がメジャーなのか、それともこの呼び方が好まれるのか。

確か近年の作品では「監獄学園」が諸葛孔明と呼んでいたはず。
ただうろ覚えだが同じ作品内で関羽雲長と呂布奉先と呼んだりしていたはずだから、日本人の基準はホントによく分からん。

日本の作品って劉備玄徳とか関羽雲長、諸葛亮孔明、趙雲子龍とかの呼び方が多かったような……ちょっと作品が思い出せないが、日本の作品で三国志ネタが出るとこの呼び方になるので引っかかった記憶がある。

趙子龍のように姓と字だったらまだ違和感は無いんだが、たまに趙雲子龍みたいに姓名字の出てくるとツッコミを入れたくなるわ。

しかしだがその辺は時代ごとに使い方が変わっているし近代だとハッキリしなくなる。
とりあえず名呼び、諸葛亮の場合は亮で呼ぶことは無いはず。謙遜的に亮と自称することはあってもね。孔明先生とは呼んでも、亮先生とは呼ばない。

耳慣れない人もいるかもしれんが、とりあえず諸葛孔明だと尊称的な意味合いも出るから間違いではないよ。

翻訳と言えば、あとは文字の長さの問題も考えられるか。
英語表記だといよいよ長くなるし、読み方も初見では分からないだろうし。

諸葛亮はまだいいんだよ
Fateのツッコミ所は呂布だ。「呂布奉先」になっているし明らかにおかしいだろ。

あそこはツッコミ所だよね。
日本人の好みなのか習慣なのか。

以前聞いた話では、日本語の場合は呂布奉先とか関羽雲長といった表記にした方が、日本人の感覚にある名前のリズムとして違和感が少ないのだとか。

その名前だと戦国武将とかと並べても長さや日本語の発音的に違和感が少なくなるってことなのかね。
もしや、諸葛孔明は二文字の復姓だから諸葛亮孔明呼びを免れることができたのか?

中国人の名前だと、日本人の姓と同じ長さだから短すぎて重さが無いと感じることがあると聞いた覚えがあるな。
これはあれか、中二病感が足りないということか!?

日本の作品に多い姓名字の呼び方に関しては田中芳樹が間違っているとツッコミ入れまくっていたはず。
ただ田中芳樹先生には悪いんだが実は諸葛亮孔明的な書き方が完全に間違いというわけではないというか……

一応その姓名字の表記も無いわけでは無いんだよな。
曹丕の典論論文では今の文人に関してその表記になっている。

それはよく出る話かも。
「今之文人、魯国孔融文挙、広陵陳琳孔璋、山陽王粲仲宣、北海徐幹偉長、陳留阮瑀元瑜、汝南応瑒徳院東平劉聾幹」
となっている部分。ただどの程度使われていたのか、口語ではどうだったのかという疑問も残るが。

文章では基本的に姓名の方を使ったはずだけど、姓名字が完全に間違いと断言できるかと言うと迷うね。
とりあえず二次元の作品でよくあるキャラ同士の呼び合いで、諸葛亮孔明や関羽雲長とかやるのがツッコミ所なのは間違いないと思うけど。



とまぁ、こんな感じで。
現在の中国オタク界隈における字に関する認識のようなものも出ていました。

現代の中国では字は使われていませんが、現在の中国オタクな人達の場合、有名な三国志武将の字については普通の知識として備えられているような所もあるそうで、日本の作品における三国志武将の呼び方の不揃いさに関しては引っ掛かりを覚える人も少なくない模様です。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

それにしても、FGOの星4のサーヴァントは誰をもらうか悩みますね。
管理人が現在未所持で欲しい所を考えると李書文、剣ランスロット、トリスタン、術ギルといった辺りでしょうか。
当ブログのネタ的には李書文なのでしょうけど、狙って爆死した術ギル、それから散々狙ったのになぜかガウェインばかりが来る円卓勢という個人的な事情もあるので非常に迷う所です。李書文もわりと好きなキャラではありますし……