ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈ではいわゆるダークサイドに堕ちた的なキャラや展開を
「黒化」
逆に悪から正義になるようなキャラや展開を
「洗白」
といったりしています。

また中国では敵キャラが「洗白」されて味方になる或いは敵では無くなるような場合、非常に人気になり易いといった傾向がある模様です。この辺りは日本でも似たような所はあるかと思いますが、最近の中国ではより極端な所もあるのだとか。

ただ、最近ではこの風潮に対する疑問や反発も出ているそうです。
中国のソッチ系のサイトでは
「なぜ悪役がたまに良いことをやると高く評価されるのか?」
といったことなどに関するやり取りが行われていたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なぜ敵キャラや悪役がちょっと「良い人」的なことをやると高く評価されるのだろうか?
なぜそういった「洗白」なキャラは簡単に人気になれるのだろうか?近年の主人公系キャラの不人気ぶりとは対照的に感じる。

そういうキャラって「洗白」から一気にファンを獲得するからね……主人公系のキャラと比べると確かに違う。

一気にファンを獲得ってのはわりと珍しいケースだと思うが、評価が急上昇したりその後にキャラを語る際のイメージに影響したりはするよね。

良い人でいるのは損ばかりだ。
最初は悪いヤツでいて、たまに良い事をするのが一番効率的なのさ。

これ、日本のオタクの間では「不良が雨の中捨て猫に傘をさしてやる」とかのネタで言われる問題かな。
日本ではギャップ萌え表現と、一時的な錯覚についてのツッコミが入る流れになっていたような?

現実の悪役的な扱いをされる人間や悪いイメージが固まった人間はちょっとくらい「良いこと」をしても評価は変わらないのにね!

逆に主人公やヒロインはちょっとでも失敗したり足を引っ張ったり頭の悪い行動を取ったりすると批判が殺到する。

最近はこういう悪いヤツが良いヤツになる、敵が味方になる、そういう評価になるような行動をする「洗白」が濫用され過ぎな気もするなあ

きちんと改心するエピソード、説得力のある展開や伏線配置みたいなのは欲しいね。
頭おかしいヤツが悪い事しまくって、その後にちょっと良い事しましたくらいじゃ「洗白」とは言えない。

私は悪人が許される展開自体があまり好きではない。
アニメや漫画の悪事ってえぐいのも多いし。

最近はさすがに「俺はこんなに辛い経験をしてきたんだ」「悪事に手を染めるのも仕方なかったんだ」的な可哀そうな過去の告白くらいじゃ叩かれるようになってきていると思う。

私も最近ではそういった展開に関して劇中の贔屓描写、それから声優や音楽などの演出効果でなんとなく押し切ろうとするようなのが引っかかるようになってきたかな。

これってジャイアンが分かり易い例じゃないかな?
ジャイアンは劇場版で活躍してイメージを良くする。

いや、ジャイアンは結局いじめっ子のイメージが残っているぞ。
劇場版の評価は高いけど、ジャイアンのキャラ自体は日常編のいじめっ子のままだろう。

でも日常編における非道っぷりは薄まるよね。
理想的なガキ大将みたいな評価をされる時もある。

悪役計キャラの良心的エピソードが、そのキャラ全体のイメージに強く影響するというヤツか。確かによくある話だが……

ストックホルム症候群ってやつ?

実際はちょっと良い事をするのは簡単でも良い人になるのは難しいと思うんだけどなー

あまり難しく考える必要はない。
だいたい悪役というのはカッコイイものなのだから!

悪いことやってた時期からファンが付いていて、「良いことをする」的なエピソードはそのファンが活発化するきっかけとして扱われるという見方はどうかな?

悪役は強いしカッコイイしで有利だからね。
成長段階だったり制限のかかる主人公側とは違った扱いになり易い。もっとも、味方になった悪役は主人公側の制限を受けるようになって悪役の時ほど活躍できなくなったりするけどね。

味方にまでならないで、完全に敵対では無い関係になって更に実は良い所もある的な評価を獲得するのが一番美味しいな!

悪役はキャラの複雑さだとか、解釈の幅だとかが出し易いからね。単純な「悪いヤツ」とは違うようにも見せられるし、キャラデザや設定が魅力的なキャラも多い。
でも最近はそういう演出をやり過ぎて食傷気味だし、悪事の扱いとの矛盾や、ここで問題にされるように尊重され過ぎ評価され過ぎな悪役がネタ化しつつあるようにも思う。

人気の出る悪役、ライバルキャラって第二の主人公みたいなことにもなる。

確かに主人公補正の亜種みたいなものは感じる。
そしてそういうキャラの「実は良い所もあるヤツ」的な描写をされるエピソードでは色んな補正がかかる。

主人公側や正義側は一回のミスでボロクソに叩かれるのに、悪いヤツは一回のちょっと良い事で持ち上げられるのはなんか微妙な気分になる。
いやハーレム系や俺TUEEEEE系主人公側が嫌われ易いってのも分かるんだが、それにしたってね……

「聖母」みたいな今ではアンチ属性な意味の批判も、その方向の積み重ねの結果なのかなあ

真っ黒な中にほんの僅かな白があると目立つだろ?
そして逆に真っ白な中にほんの僅かな黒があっても目立つ。

青少年は中二病で悪役に感情移入するのを好むものさ!
歳を取っても悪役への憧れや過去の好みの影響は完全には消えない!文句は増えるけど!

親近効果によるものとも言えるのでは。

こういうのって直近の描写だけで判断されて、敵対中の言動やエピソードはあまり記憶に残らんからな。

だがアニメの悪役の場合はどのエピソードで「やさしい」「実は良いヤツ」的な所を見せたかが一定しないのに、その少しのエピソードが高評価されてキャラの人気にも影響するケースが多いような。
単純にそれを当てはめるのは何か違う気がする。

心理学だとゲインロス効果の方じゃないか?

他に考えられるのは、悪人キャラのしでかした悪事が見る人によって違うということじゃないかな。
設定があるだけで劇中で描写されなければ気にしない人とか、主人公や好きなキャラと直接関係ない、モブキャラが被害に遭った程度ならばそんなに気にしない人とかもいる。
更には「見ている自分には関係ないから」なんて人もいるし、そういった場合は悪役キャラの見せるやさしさに関して悪事と比較せずに受け取るというか、設定とのギャップ萌え程度に受け取ることになるのでは。

なるほど。
言われてみればエピソード内で明確に誰を殺したとか、残虐なことをやったとかが描写されると白くなって味方になった後もアンチ層がずっとついて回るからな。

単純に悪役キャラに求められるやさしさや人間性のレベルが低いってことも考えられるかな。
逆に主役、正義の見方みたいなのは要求が厳しい!

対象年齢上がってしまうと、主人公側の欠点や矛盾が目に付くようになるし、正義側が相対的に微妙になる。
ヘンな話だが、今の時代の作品って悪の方が単純でいられるし、良心的な行動を取るというのは悪側を肯定できる口実になるってのはあるんじゃないかと。

悪役サイドのキャラってやりたいことをやっているように見えるからね。
ヒーロー側は基本的に正義の理屈が必要になるしその理屈と行動が一致しないと批判も出るし理屈自体に関する反発もあるしで相対的に厳しい評価になりやすい。

今の時代、正義の味方の方が単純ではいられないしね。時代的にも作品的にも。


とまぁ、こんな感じで。
悪役の方が評価され易かったり、最近正義の味方の立場が無いのは中国も変わらないようです。

この辺りの事情に関しては日本でも似たような空気はありますが、中国ではその手の空気が良い方にも悪い方にもすぐに加熱し易いのでイロイロと大変な気もしてしまいますね。
特に近頃はいわゆる「覇権」の争いから来るらしい、作品の上下関係についてキャラの評価についてのゴタゴタなども発生しているそうで……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております