以前の記事に
「ポプテピピックの反応が見付からない」
と書いたら、ありがたいことに早速ネタのタレコミをいただいてしまいましたので今回はそれについてを。

「ポプテピピック」

はそのネタの数や方向性的に中国オタク界隈でどう受け止められるのか私も予想できないのですが、とりあえずちょっとした話題にはなっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「ポプテピピック」
に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


俺は一体何を見たんだ。

これが人類には早過ぎる作品というヤツか……まさか本当にその言葉を実感できるアニメが来るとは思わなかったな。

みんなクソアニメって言っている。
作品内でも言っている。

アホなアニメって所なのかな。
褒めるべきか貶すべきか、どっちでもいけるというか。

全編にわたってギャグ状態だが、ネタが分からんのも多い。

ネタが分かるのもあったが、笑えるのは更にその半分くらいだった。

電波系というものでもない……よね?
ギャグ系で電波っぽいのだと「日常」とかが思い付くが、ここまで無軌道じゃなかったような。
2ちゃんねるのノリを取り入れた作品だと聞いた覚えもあるが、日本の2ちゃんねるってこんな感じなの?

狂ってる。わけが分からない。

まさに有毒、まさに魔性。

意味が分からないが、精神が汚染されるのは理解できる。

何が理解できなかったか理解できないから何度も見てしまう……

俺はなんか電波があってしまったのか、何度も見てしまう。

これ日本人じゃないと理解できない作品だろ。ネタも二次元だけじゃなく、日本のテレビ番組ネタとかが混じっている。
恐らく日本で生活している日本のオタクならばこれを見てとても楽しめるということなのでは。

この作品は日本のネットのネタをネットの視聴者がウケるような形にしたようだし、ウチの国の作品で言えば「十万個冷笑話」みたいなもんなのかね。
あれもウチの国だと理解できるのとできないのがくっきり分かれたし、外国人はほとんど理解できないようなことになったらしいが。

「十万個冷笑話」と言えば、この作品は日本のパロディのやり方や攻め方が分かって興味深い。
ウチの国でこの手のことをやろうとする場合、「そのまま」やってしまうことが多い、この作品では元ネタを明示しつつ変更してきている。

ウチの国のパロネタアニメが日本で放映できないとされている理由とかも見えて来るよな。ウルトラマンとかそのまま出したり、音楽やSEを元のまま使ったりというのはダメで、こういう出し方ならまだネタで許容されると。

ネタがどれだけあるのか、どんなものなのかも分からん。神の降臨を待つ。

字幕組の解説を待ち望む時代がまた来るとは。

「らき☆すた」や「げんしけん」、「絶望先生」とかのオタクネタ系作品は解説が大きかったなあ……
でもこの作品は最早そういうレベルではないような。

みんな!第一話?のネタ解説が来たぞ
こういうネタが分からんとこの作品は楽しめないのだろうか。

分からなかったり気付いていなかったネタかなりあるなあ。
てか「東離劍遊紀」まであったのかよ!

「Skyrim」の所は笑ったが、他はあまり笑えなかった。ネタが瞬時に理解できないのも原因だろうけど。

このクソアニメは合理的な作品、ロジックのかみ合った作品を求める人は見ない方が良い作品なのではないだろうか。

根本的な疑問なんだが、なんでメインキャラの声を男が演じたりしているの?放映前に発表されたキャストと明らかに違うぞ?

あれは一応原作の希望通りらしい。
ただ事前に出ていたキャストと全く違うのは私もよく分からん。

同じシーンを別の声優にやらせるというのは確かに興味深いけど、アート的な試みでしかないし作品の良さにはつながらないような。

この作品評価しているヤツはネタが分かる自分をアピールしたいだけじゃないだろうか。それか理解できない自分が認められず、自分自身を欺いているか。

実際意味不明すぎるし、「遊戯王ARC-V」みたいなことになるんじゃないか?
ニコ動の低評価がヒドイことになりそう。

業界をネタにしているとか、アート的とかのマニア受けする評価は出るかもしれないが、結局は特に含蓄も無く時間の浪費にしかならん作品だろ。しっかり見るものじゃない。

原作の作風は良く知られているしディスクの売り上げはあまりヒドイことにはならないかもしれないが、アニメの視聴者からは低評価になりそう。

いや、ニコ動では少なくとも覇権になりそうな気配らしい……再生回数がミリオンをあっさり突破、現在も上昇中。評価が高いわけではないが、再生回数がヤバい。

おい……この作品、日本のネットで大きな話題になっているようだが、まさか本当に今期覇権になるなんてことは無いよな?
こんなのが売れたらまともな作品が作られなくなるぞ!?

第二話でついたOPはなんか普通に良い感じなのがちょっとムカツク。
あとアイドルアニメはどういう関係なんだよ!?大地くんって何なの!?

今の所、2回目の男性版のEDが一番良いと感じた。

あれって二人ともアイドルマスターのプロデューサー役の声優なんだよね。
アイマスのプロデューサー二人が自分の担当アイドルを人質に取られている説には笑った。

二話の男性声優二人はスパロボネタになってようやく誰だか思い出したが、あのレベルのを連れてきてこんなことやらせんのかよ!?

二話の淫夢ネタだけは分かってしまった……

これと並ぶ意味不明な作品って何だろう。
一昔前のセカイ系作品でも大まかなストーリーくらいはあったし。

この作品は神作と理解不能の両極端な評価になりそう。

ハマる人はハマっているよね。見るのをやめられないとかいうのまでいるようだ。

第二話は第一話より理解できる部分が増えた気がするし第二話の方が自分は笑えたが、この評価を他人と共有しようとは思えない。
それとボブネミミッミとAC部はいまだに理解できん。

自分は第一話の方が良かったかも。

ところでさあ!?CVがどんどんわけわかんなくなっているんだが!
発表されていたキャストは小松未可子と上坂すみれじゃなかったの!?

俺は上坂すみれが目的で見たのに……

上坂すみれ出てたぞ。OPの歌で。
第2話で既に行方不明だが。

あ、ホントだ……ふざけるなあああああああ!!このクソアニメがああああああ!!



とまぁ、こんな感じで。
ハマってしまう人もたまにいるようですが、理解できないという声も大きいようです。

それから、作中の様々なネタに関する食いつきを見ていくと「声優ネタ」に関しては日本と違って話題になっていないようです。
この辺りに関しては、中国オタク界隈でファンが多い声優や、話題になったり意識されたりする声優と、「ポプテピピック」に出演する声優では層がかなり異なるというのも影響しているのではないかと思われます。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。