ありがたいことに
「衛宮さんちの今日のごはんに対する中国の反応は?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

「衛宮さんちの今日のごはん」

のアニメは中国の動画サイトでも配信されており、中国のFateファンの間ではちょっと意外なFate作品という感じで受け止められているとかなんとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「衛宮さんちの今日のごはん」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「衛宮さんちの今日のごはん」が面白い。
予想外の収穫かも。Fateファンなら見て損は無いぞ。

どういう作品なの?
ハーレムアニメだったらちょっと勘弁してほしいんだが。

うーん……ハーレム要素が無いわけじゃないが、基本は料理、それも普通の料理を作るアニメかな。

「カーニバル・ファンタズム」の世界観の作品だよな。ランサーがそんなに死なない。

ランサーが死なない料理番組?でもゲテモノ料理で死んだりするんだろ?

俺、セイバーと士郎のカップリングは好きじゃないんだよね……

カップリング要員は出てくるけど、ハーレム要素は薄いから普通に見れるぞ。

見たけど普通に面白いな。
「カーニバル・ファンタズム」の精神的続編とでも言えばいいのかな?

「カーニバル・ファンタズム」より「hollow ataraxia」に近いと思う。

原作には確か言峰出てるはずだから「hollow」じゃないと思うが。

厳密には同じではないけど、ネタ元や登場人物の関係が近いのが「hollow」なんだよ。
Fateの外伝の特殊な世界線とでも考えておくのが良いんじゃないか。

うーむ……Fateって本当になんでもやるんだな。
無理矢理過ぎてちょっと引っかかる。

そんな!冬木市が平和だなんて!?

こういう「普通の」作品って実は珍しいかもね。
普通の家庭料理アニメで詳細なレシピ、更に調理方法が付いてくるというのは。

なんかいい雰囲気の作品だね。こういう話をもっと見たい。

見たよ。でも正直退屈なアニメだとしか思えない。

作品の空気が違い過ぎるからFateファンでも好みは分かれそう。私は嫌いじゃないけどね。

歳を取るとこういう萌え豚向けの癒し系が良くなってくるのだよ。
1話十数分、月一ペースなのが残念に思える。

でもこの作品のように料理するのはなんか大変過ぎて……
日本の料理は細かすぎるよ!それに準備も後始末も大変だ!

めんどくさいよね。
材料買って料理の形にして、食器も洗って……天ぷらの油とかの始末もあるし……なんか一日仕事に思える……

第二話の「鮭ときのこのバターホイル焼き」はかなり簡単だし美味しいぞ。作ってみるならこっちから入る方が良いと思う。

料理の手順も細かく紹介してくれるから使い易い。
料理は慣れて来るとそんなに手間かからないよ。この作品に出てくるような料理であれば士郎のように学校を終えて材料買って、待っているセイバー達が我慢できている間に調理を終わらせるとかもできる。

作ってみる際にかなり参考になるよね。
私も鮭ときのこのバターホイル焼きは原作マンガの方を参考に作った事がある。簡単でおいしかった。
ただちょっと味付けが薄目でご飯と一緒に食べるのは微妙に感じた。

中日の味付けの違いもあるし、調味料の微妙な違いもあるから、味の濃淡に関しては好みで調整しても良いと思うぞ。レシピの塩とコショウも「適量」だから。
自分は醤油を追加した。

ところで、そばに乗せるエビって幾つくらいまでが良いんだろう?
私はたくさん食べたいからアニメみたいに一人一つでは満足できそうになくて、たくさん作っちゃったんだが……

予想外にまともな方向で実用性の高い作品だ。
てっきり食ってエロリアクションするもんだと。

料理の監修もきちんとついているんだね。しっかりした、真面目な料理番組だった。

服が脱げたり光ったりするグルメ作品も、一応料理の監修はいるんだけどね……

話題になっていたんで見てみたが、これは確かに良い作品だ。
こういう空気のFateをもっと見たい。

俺ももっと見たい!これじゃ足りない!
Fateのキャラがこういう空気の中で楽しくやっているのはとても良い。

ランサーが現世での生活を楽しんでいるのが嬉しくなる。
ランサーが死んでない!人でなしじゃない!とかネタにするつもりで見たら普通に癒されたよ。

私は改めてセイバーの萌えを感じた。いや、本編アニメで食事を楽しんでいなかったわけではないんだが、空気や周囲との関係が違う。これもまた良い。

全員カワイイし幸せそうでとても癒されるなあ……次まで一ヶ月待たないといけないのが本当にもどかしい。

ランサーと大河の関係が面白過ぎるよ!
それにしてもよくある萌え作品かと思いきや、描写が精緻で情報も多い。実はクオリティ高くない?

でもあの二人って接点あったの?
仲良くやれそうなのは分かるが。

ランサーが釣りをしたり魚屋で働いているのも「hollow」のネタだよ。大河がランサーの釣った魚をよくもらっている。
型月系作品はこういった外伝、キャラと世界観を使った日常系作品が長期の人気の理由の一つだろう。

この世界線、良い……本当に暖かい。凛と桜が一緒にいるし、イリヤもいて大河も普通に暮らしていて、セイバーも普段着で普通に過ごしている。みんな幸せなのが本当に嬉しい。

EDには切嗣や弟子ゼロ号、小さい士郎まで出て来て温かい気持ちになれる。
カニファンのギャグも良かったが、おっさんになった自分にはこの作品の雰囲気がとても心地よい。

同意だ。
殺し合いはもう十分見た。今みたいのはこういう日常だ。

「FGO」の外伝のギャグ系シナリオ、色んなキャラが暴走する話も面白いからね。
Fateって「Zero」みたいなヘビーで愉悦系の展開以外にも様々なことをやれる、汎用性の高いIPだと感じた。



とまぁ、こんな感じで。
料理番組としてもそれなりに好評のようですが、暖かい雰囲気の日常系の作品としても好評のようです。

考えてみれば中国オタク界隈におけるFateのイメージはアニメ版によるものが主流ですし、なかでも「Zero」の影響が最も大きく、ゲームの日常パートやhollow ataraxiaのようなノリに慣れ親しんでいる人はあまりいないように思えます。

また基本的にはアニメ経由だったことから、TYPE-MOON関係の各種派生作品が意識されることは日本に比べてかなり少なく、日本の同人界隈や二次創作界隈の空気も伝わっていません。
そんな訳で「衛宮さんちの今日のごはん」の雰囲気やキャラの関係を意外に感じる人も少なくないのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。