ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

1月の新作アニメ
「恋は雨上がりのように」

は中国の動画サイトの方でも配信されていますし、中国オタク界隈でもちょっとした話題になっているそうです。

しかし一部ではこの作品のメインキャラクターの年齢差が大き過ぎる、17歳の女子高生と45歳のファミレス店長(バツイチで息子が1人)が中心となったラブストーリーがどうも受け入れ難いと感じる人も出ているのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「『恋は雨上がりのように』の歳の差のある恋愛」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「恋は雨上がりのように」の恋愛関係が受け入れられない……なんだか気持ち悪く感じてしまう。
年齢差30歳超え、しかも相手は子持ちとかいう設定ってみんなはどう感じてる?

いわゆる「忘年恋」か。
現実にもあるし私は気にしたことは無い。

別にヘンなもんでもない。そんな質問をするなんて今までどんな作品を見て来たんだ?オタクとしての経験値が低過ぎる。

うーん……自分はオタクを十数年やっているけど、この作品に引っかかる人がいるのは分かるかな……

そう言えば妹との恋愛萌えという現実的にはかなりダメなジャンルが好きな知り合いも、この作品はダメだと言っていたな。
不思議なことに二次元だからこそ逆に引っかかるらしいね。

私は普通に甘い所もあるラブストーリーだと受け止めているが……

ヒロインがカワイイから見始めたけど、途中で毒入りだと気付いた。
ヒロインの女子高生が惚れる相手が45歳、しかも子供がいるとかもうね。ちょっとしたダメージになってしまったよ。

みんな普通に楽しんでいるのは知っているけど、自分の感覚との違いに不思議な気分になるよ。フォーラムで甘さや萌えを語っている人を見ると、自分が見ている作品が彼らの見ている作品と同じかどうかすら疑いたくなって来る。

合わないならばしょうがない。
自分はこういう特殊な恋愛関係、極端な歳の差とか同性愛だとかのカップリングが入る作品は意識して避けている。

これが例えばエロゲーで店長が主人公で店長視点での描写になり、あきらが複数いる攻略ヒロインの一人とかだったらどうなんだろうか?印象に変化は出るのだろうか?

この作品の二人の恋愛に関しては別に違法じゃないし、相思相愛的な関係であれば別に良いだろう。

その通りだと思う。別に法律的に問題があるわけでもないし、愛があるなら別に批判されることでもないだろう。いったいどこの誰が取り締まろうっていうんだ?
そもそも「忘年恋」だって現実に例が無いわけでもない。

法律的に問題があるのと、社会的に問題視されて批判されるのは別の問題。
正直、この作品は女権主義者に叩かれそうな気もする。

分かる。
嫌うにはもったいない作品だが、女権主義の方から叩かれそうでリアルでは話題にし難い。

現実にもあるけど、男の方に金があるケースがほとんどだろうな。
こういう現実との連動というか、現実と比べて都合の良い妄想で補っている所が目に付くからではないだろうか?

店長は日本のトップレベルの大学、早稲田大学を卒業しているしバツイチで子供もいてさえない感じではあるけど、ステータス的にはそんなに悪くない。
魅力の描写もあるし、そこまで不自然なストーリー展開ではないだろう。

スレ主の感じているものは何となく分かるような気もするが、それって自分の感覚が老いたということでもあるように思う。

忘年恋って現実にあるとは言っても、ある意味では遠い話だ。
自分の二十数年の人生ではそれなりに多くの人と交流しているつもりだが、歳の差が30歳近いカップルは見たことも聞いたこともない。テレビやニュースの中の話だから、二次元に近いものがあるかもしれん。

自分もすんなり受け入れられる設定ではないかなあ……知り合いにも薦められているし、面白い作品なんだろうけど。
この作品を楽しめない自分がちょっと残念だ。

フィクションの中に現実を持ち込むとかアホじゃないか?
この作品程度なら現実にあり得るレベルだろう。兄と妹の恋愛とかの方がよほどキモチワルイ。

そこはみんな分かっているはず。
だが理性的にはそう認識していても感覚的な部分で割り切れない、戸惑っている人が出ているってことだ。

基本的には甘いラブストーリー的な受け止め方をされているけど、中にはスレ主みたいに受け入れるのが厳しいっていう人も目に付くんだよね。
このテーマの作品が比較的珍しいからだろうか?

男の側がバツイチで子供がいるっていうのも難しいんじゃないか?
現実だとその背景でこんな恋愛をしたら周囲からボコボコにされる。

例えば店長が45歳だから20歳差、ヒロインが25歳だったらどうだ?
店長の設定でも受け入れ易くなるか?

あ、それだと自分はかなり楽に受け入れられるかも。子供がいてもそれはそれでアリになる。

現実とのつながり、現実的感覚の延長線上にあり過ぎるからかな?
愛に年齢は関係ないが、年齢と生活は関係があるからね。

現実でもあまり年齢差があるのは良くないとされるからな。愛があろうがなんだろうが。

自分が45歳になったとき、17歳が惚れてくれるとは全く思えないだろ?だからこれはファンタジーでも良いじゃないか!

そこも厳しい所だな。、男女どっちのキャラにも妄想が詰まっていて大っぴらに語る、好きだというのには厳しいものがあるかもしれん。
好きなシチュエーション、妄想ネタとしての価値は間違いなくあるんだが!

「気に入らないなら見なければいい」で済む話ではあるけど、よく考えてみると不思議。

俺もおっさんの妄想が詰まっている感じが露骨に感じられて嫌だな……

作者女性だぞ。
あえて言うならば、ああいうおっさんと恋愛したいという妄想の方なのでは。

なにぃ、女性漫画家が描いているのか!?

おっさんの自分からすると、後藤隊長と塚本八雲が恋愛しているように見える。
そっちからもなんかある種のメアリー・スー的なものが感じ取れるような気がしちゃって引っかかるかなあ。
作品自体は悪くないと思うんだけど、自分も感覚的な部分で足踏みしてしまう。

このスレのやり取りを見て、「うさぎドロップ」の最後の展開に対する反発を思い出した。

そう言えば当時結構大きな反発が出たな。
「うさぎドロップ」に比べると、こっちの作品はちょっと色情的な所はあるかな?恋愛がメインだし当然だけど。

こういう所の感覚には文化の違いがあるのかね。
店長も自分の年齢や周囲の目を気にする所はあるが、ストーリー的にはそこまで強烈な問題という扱いでは無いように感じる。

例えば妹ネタでも日本の感覚ってウチらとは明らかに違うからな。
親戚の結婚に関する法律を見ても社会、文化の違いがあるのは分かるし、恋愛や結婚の年齢に関しても表に出ないような違いがあるのかもな。



とまぁ、こんな感じで。
主に年齢や社会的な部分が引っかかる人にとってはかなり引っかかったりするようです。

また上のやり取りにもありますが、オタク向けの作品にはもっと強烈な設定があったりするわけですが、この作品に引っかかるような人もそちらであれば逆に問題無いという話なども出ていました。

ちなみに管理人はこの作品の内容に関しては問題無いのですが、買うのがちょっと恥ずかしかったりする所はありますね。
エロゲーやTo LOVEるのような作品、それから少女漫画を店で買ったりするのはもう気にならないのですが、この作品に関してはなぜか抵抗が。そんな訳で電子書籍版の存在はとても助かっております!


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。