ありがたいことにネタのタレコミ、それもとても詳しいのを教えていただきましたので今回はそれについてを。

「アイカツスターズ!」

は中国の動画サイトiqiyiでも配信されているそうですが、先日放映された第98話で
「魯迅の名言が出た」
ということで、中国オタク界隈ではちょっとした話題になっているとのことです。

また劇中に出た
「中国の思想家魯迅は言いました、『後ろを振り向く必要は無い、あなたの前にはいくらでも道があるのだから』」
という名言の出典はどこからなのか、ということでも話題になっているのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「日本のアニメに出た魯迅の名言」
などに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本のアニメで魯迅の名言が引用されたんだが、魯迅はあんなこと言ってたっけ?
日本語では「後ろを振り向く必要は無い。あなたの前にはいくらでも道があるのだから」というものなんだが。

どの作品?

「アイカツスターズ!」の白銀リリィの発言。

名言キャラだったよね。まさか魯迅が来るとは……しかし出典はどこだろう?私もすぐには思い付かないから調べてみよう。

中国の思想家……確かに思想家でもあるんだけど、アニメで日本語で言われるとなんか不思議な気持ちになる。

このキャラの出す名言って結構ヘンな所からの出典があるからね。

魯迅「たぶん言った」
ゲーテ「俺も俺も」

うーむ、さすがに特定の名前を出して根拠なしに適当な名言を作ることもないだろうしなあ。

こういうのは普通に名言集を出典にした方が簡単だろうしね。

てきとうな名言を語ったり、名言を曲解したりするネタキャラでもないし、出典はあるだろう。
それに私も魯迅がどこかでこういったことを書いたか言ったかしていた覚えが……

魯迅は日本関係での発言も多いだろうし、日本の方で強調されて残っている言葉とかもあったりするのだろうか。

思わぬ所で魯迅の発言が掘り起こされてネタになるからな。
最近だと葛飾北斎関係とか。

「私は若い頃北斎が好きだった」という言葉で、FGOの北斎とのコラが出回ってたりしたな。そこから更に魯迅女体化の恐れとかいうネタも出て……!

「北斎が好き」は確かに言っているからな。
いったいどれが好きだったのか、ちょっと気になって来る。特にFateと日本の薄い本ネタ経由でイロイロと知ってからは!

魯迅の著作を全文検索してみたんだが、それっぽい文章は出てこない。

ワードの選択や翻訳の問題も考えられるぞ。

恐らく普通に現代の中国語に訳すとズレが生じるはず。

魯迅の時代の漢語を日本語に訳してそれをまた現代漢語に翻訳だからな……

そういう翻訳による伝言ゲームは少なくないからね。
ウチの国の太祖様のお言葉が翻訳の末にやたら攻撃的になっていて吹いたことがある。完全に間違っているとは言わないがそこまで身も蓋も無い発言じゃねえよ!と。

私も調べてみたが見つからない……ああ何だかスッキリしない!

自分も魯迅が言ったので間違っていないとは思う。出典はどこなんだ。

魯迅の定番のイメージからちょっと外れるような名言なのも混乱する原因かもね。
革命とか社会への目線では無く、なんかポジティブな言葉だから。

これ、たぶん「故郷」の名言じゃないかな?
「初めから地上に道があるのではない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。」
という部分。

確かに魯迅の名言で道関係に言及されているのは故郷のだな。
ただ意味がなんか違わない?

こういう意味の名言は確かにあったはずなんだが……うーむ、ハッキリ思い出せない。

たぶんこれじゃないかというのが見付かった。
「墳」に収録されている「灯下漫筆」に
「無須反顧、因為前面還有道路在」
というのがあった。

これで確定かな?
意味もほとんど同じだ。

恐らくそれだろう。
よく見付けたな!スゴイ!

まさかオタクの集まるスレで文学的名言を学ぶことになるなんて。ひとつ前のスレとかパンツパンツと叫んでいるのに。

勉強になりました。それにしても魯迅が日本のアニメで扱われるとは……

日本でも魯迅は有名だからね。知っての通り経歴が日本と関係あるから。
外国文学枠で教科書にも載っているという話を聞いた覚えがある。

ところでみんなは魯迅がアニメの監督をやっていたのを知っているかな?「監督:周樹人」というアニメ作品が存在するのだよ。

それはエロアニメの監督の変名だろ!

いきなりあれが出てきて驚いたが、その日本のクリエイターはいったいどういう思考でその名前を使おうと思ったんだろうなあ……



とまぁ、こんな感じで。
あれでもないこれでもないと、出典がパッと出てこないことに悶える人も結構出ていた模様です。

個人的な印象ですが、中国では日本よりも偉人の名言を引用しての発言や文章が多いように思えます。
私が北京の現地校に通っていた際に語文の授業で教えてもらった中国語作文のテンプレ的なやり方には名言の引用というのが大事な手法としてありましたし、勉強の中でそういった名言のストックに励んでいる同学もいました。あと「この偉人の名言で作文を書け」みたいな問題にもちょこちょこ出会った覚えが。

そういった背景もあるので、「中国の魯迅の名言」が出てきて出典がハッキリしないというのをかなりもどかしく感じる人も出たのかもしれませんね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。