ありがたいことに日本の作品におけるお約束関連のネタのタレコミをいただいたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈では日本のコンテンツを見た後に設定を読み込んだり語ったりして盛り上がっていますが、その中で定番の設定やネタが話題に上ったり、考察されたりといったことも起こっているそうです。

中国のソッチ系のサイトでは
「日本の作品で14歳という設定が目に付くのはなぜ」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本では14歳という設定に特別な意味があるの?
例えばエヴァとかは14歳というのが重要になっているような設定だし、他の作品でも特別な理由は無くても14歳の主人公やメインキャラが目立つように思う。

ティーンエイジが作品を作る上で都合が良い、受け手が感情移入し易いというのは理解できるけど、なぜ14歳かと言われると……うーむ

キャラとして好き勝手なことをやらせても不自然な年齢ではないということなのでは。
20歳を超えると仕事や将来の生活も関わって来るし、恋愛だって将来を見据えた現実的な話になる。社会の裏側で特殊能力バトルをやるわけにもいかんだろう。

大体は14〜17くらいじゃなかな?
言われてみればその中でも14歳はちょっと目立つかも。

Fateでも14歳の肉体で固定とか、14歳からどうこうと言う設定がちょこちょこあったよね。

日本社会に置いて、14歳というのがどういう立ち位置なのか、どういったイメージになっているのか……少年少女時代の象徴的な年齢だったりするのだろうか。

165センチくらいのキャラが多いのと似たようなもんかね。

身長だと日本の平均の範囲とか、過度にチビでは無い、カッコ悪く感じるほどでは無い程度の範囲にしているというのは想像が付くが、14歳は何だろう。あと16歳のキャラも少なくないような?

日本の少年法の適用範囲じゃないの?

それは違うんじゃないか。
少年法の適用範囲なので犯罪にならない、犯罪者としての扱いが違うから主人公として有効というのはそんなに無いだろうし。

日本の法律だと14歳以下と性行為をすると捕まる。だから14歳には価値がある。

日本の青少年保護関連の法律は18歳未満が対象というのがほとんどで、その手の事案の年齢制限に関してはウチの国より厳しいらしい。
だからJKビジネスで逮捕者が出るんだ!

そもそも普通の読者は少年法とか考えないだろう。

また話が戻るが、主なターゲットになる年代がその辺りだというのは間違いないと思う。
そこでピンポイントで14歳になる理由だよね。作品ごとに細かい所は違うんだろうけど、共通する理由もあるのでは?

15歳以上だと大人過ぎて、13歳以下だと幼過ぎる……というのはちょっと苦しいか。

日本は20歳から成人、18歳でエロ関係の解禁とかがあるから18歳未満は少年の範囲に入るんじゃないの?

法律上の定義と社会的な感覚は異なるからその辺りをきっちり判断するのは難しいでしょ。
日本の作品に出てくる「少年法のせいで処罰されずに野放しになる」的なネタを見る限り、18歳以下でも大人みたいな認識はあるだろうしね。

日本では17歳に拘っていると思っていたが、考えてみれば17歳の主人公ってそんなにいないかもしれんな。

その年齢は感受性が強いとされているとか?

14歳前後、アニメや漫画ラノベのキャラによくある14〜16歳くらいって価値観が固まっていく段階だから、様々な障害との衝突や挫折、成長を物語的に適度なレベルで描き易いのでは。

一番青春時代っぽい年齢だからじゃないか?
14歳って中学三年から高校一年くらいだろ。

中三だと受験で青春とか言ってられないんじゃ……

16歳とかなら高二だし、分からなくもないんだけどね。
自分も高二の頃が一番青春っぽい気分でいられたように思う。高三にいなったら受験で青春を楽しむとかじゃない。

14歳超えると幼女じゃなくなるからだろう。
あの業界だと15歳になったらBBAなんだろう。

14歳だと少女キャラではあるが、ロリキャラじゃない

男性キャラ女性キャラ問わずいるから、ロリキャラ関係だけでは説明つかんぞ。

ふーむ、ではロリショタから少年少女になる間の年代とか?

なんか混乱しているな。
単純に考えろよ、14歳は中二でもある。つまり中二病的なコンテンツが人気になる、中二病的な好みのある人間が感情移入し易い年齢ということでもある!

中二病のネタの発祥がその年代向けのコンテンツなんだっけ?

14歳だから中二でいいのか……?
外れてはいないかもしれないが、断言していいとも思えないんだが……

日本は就学年齢がガッチリ決まって管理されているから、14歳だったら中二から中三になるらしい。

なるほど、義務教育の年齢管理が厳しいと。
ウチの国はその辺りわりと適当にやれるから、微妙な感覚の違いもありそうだ。

このスレで出ている14歳とか16歳って中学、高校で比較的自由にやれる時期ということなんじゃないかな。受験が絡まないし、学校内の人間関係も安定している時期に思える。

部活とかなら1年からも良いんだろうけど、普通に学園で何かやる場合は先輩後輩がいて自由にできる時間というのは理由の一つなのでは。

そういう方向から見ていくと、日本のアニメって14歳と17歳の主人公が多いと考えてもいいのかね。

学園モノの作品だと、14歳や16、7歳を中二、高二と変換する、或いはその逆に変換するとかしてもいいんじゃないかな。
これが中三や高三だと受験や進路が関わってくるから。

もし中三高三だったら、恋愛ばっかで勉強してないのがハッキリしてしまうのもありそうだね。
クラス内の描写をするにしても、勉強していないとか緊張していない生徒ばかりなのは逆に不自然になるし!



とまぁ、こんな感じで。
学校を舞台にした作品における学年などからの考察も出ていました。

ちなみに制度に関してはうろ覚えですが、中国では同じ学年でも年齢に幅があるというのは珍しくは無いようです。
私が中学高校と現地の学校に通っていた時も、クラスメートの年齢が上と下で3歳くらいの差がありました。これに関しては就学年齢の管理の大雑把さに加えて、スキップや留年があるのも影響していたのではないかと。

そう言えば当時聞いた話では、小学校で留年(中国語では「留級」)しそうな学生が出てしまったので、学校と保護者が結託してその学生を改名させてうやむやにして進学したなどというのもありましたね。
(最近は義務教育段階の「留級」は基本的に無くなっているらしいですし、管理も厳しくなっているので同じことが起こったり出来たりするのかは分かりませんが)


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国では「改名」が日本よりも気軽