ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただきましたので、今回はそれについてを。

先日大阪のゲームバーが家庭用ゲームソフトの無許諾上映について指摘を受けたのを理由に、閉店することを発表したそうですが、この件が中国に伝わりちょっとした話題になっているそうです。

大阪のゲームバー3店、ゲームソフト無許諾上映の指摘を受け閉店へ ACCSが代理人を通じて警告(ねとらぼ)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「日本で家庭用ゲームのゲームバーが問題になった」
といったことなどに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本で家庭用ゲーム機のゲームバーが取締りを受けたというが、あれで違法になるのか……

ネットカフェでゲームをやるのとどう違うんだ?
これがダメならネットカフェの要素の結構な部分がダメになるんだが。

意味分からん。混乱してきた。
日本にはネットカフェ無いの?それともゲームのサービス無いの?

日本のネットカフェってネットゲームを提供しないからね。
インストールはできるけど、かなりめんどくさい。

日本のネットカフェには普通にネトゲあるぞ。PCに標準インストールされているかは店ごとに違うようだが、ネットカフェ経由の接続でプレゼントがもらえるキャンペーンなんかも開催されている。
あと日本のネットカフェは宿泊施設的な機能が強い。ゲームで徹夜とかじゃなくて、普通に住んでいる人間がいる。

利益、損害による衝突というヤツだろう。
立場によってアナウンスする内容や行動が異なる。

これ家庭用ゲーム機が問題ということだな。アカウントでやるようなネトゲは関係無いんだと思う。

家庭用ゲーム機を使って営利活動をするとダメなの?どういうこと?

ウチの国のゲーム屋はそういうのを昔からやっているんだが、ダメだったのか。

ウチの国は海賊版時代からそれだし、もっと根本的な所でダメだと思うけどね……

グレーゾーンへの取締りってことじゃないか。
同人や中古ショップのような。

じゃあ俺が買ったゲームを家族や友達と一緒に遊ぶのも権利侵害だというのか!?

それはお好きにどうぞ、というやつだ。
ダメなのは店で金を取って遊ばせるとかの商業的な用途。ゲームが遊べるから店で注文してくれなんてのもダメっぽい。あとゲームの版権管理団体が、そういうのを許可する有料サービスをやっているらしいから、そことの衝突じゃないかな。

買ったのは使用する権利で、友達と遊ぶ分には何でもないけど、それで金を稼ぐとなるとイカンという話だろうな。
ただゲーム実況がどういう扱いなのかはよく分からんが……

実況に関してはケースバイケース。
厳密に考えればアウトだけど無視しているとか、実況に「強い」ゲームだから許可しているとかメーカーや作品ごとに違う。

買ったからって何をやっても良いわけじゃないというヤツだね。
個人用のディスクを買ったからって、アニメの有料上映会をやっても良いというわけではないのと似たような話。

ああ、あったな……こっちのオタクが有料上映会やってライセンサーにガチで怒られた件。小規模ならともかく、大々的にやって目を付けられる、取締りのコスト以上の悪影響があると見做されたらやられるってことなのかな。

クラウドで遊んでいる人間からすると理解し難いかもしれんが、家庭用ゲーム機は商業利用やコピー、動画のアップが禁止となっている作品もかなりあるというか、そういう環境前提で作られるケースが多いんだよ。
ただ権利侵害だというのは理解できるが、取締りは厳し過ぎるとも思う。

元のニュース見ると勧告だから司法の段階まではいってないみたいよ。

RPGの即日ネタバレ実況とか、禁止されるのが当然なのもあるしな。
ただ正直に言わせてもらえば映画に例えると損害が分かり易いが、この事件のようなゲームを遊ばせるとかだと、なんか厳し過ぎるような気もしてしまうんだよね……

中学の近くにあった海賊版屋で遊んだPSを思い出してしまうニュースだ。確か1時間5元だったかな

自分の小学校の近くは4元だった。学生が入り浸って度々問題になったわ。

日本の版権保護のやり方ってヘンな方向に行きすぎてないか?
権利関係の意識を日本に学べとかいうヤツいるけど、こんな壟断を良しとするのか?

日本は恐ろしいことが行われるんだなあ……資本主義怖い。

企業の利益のためにこういうことが行われるなんてな。結果的に業界全体がダメージ出るだろうに。

日本のゲームメーカーがここまで業界を壟断していたとはね……これって小規模のゲーム大会とか開けなくなるんじゃないの?

このままだとゲーム実況もできなくなるんじゃないか。
そしてゲームの上手い神以外、ゲームのエンディングを見ることができなくなる。

いや、そこは頑張ってクリアしろよ……

日本にはあの音楽がある所に必ず口出して金を取ろうとするジャスラックがあるし、ゲームもそっちに向かうのか。

こういうことをやっていたら、新しいものは何も創造できなくなる。日本は今世紀になってから文化的な影響力がどんどん落ちているのがその証明だ。

ネットゲームは大丈夫だろうけど、家庭用ゲームはヤバイな。
しかし将来どんなライセンスの管理に、文化の管理になっていくんだろう。実況もダメになって、金を払わない人間には参加する資格がない世界になるのか。

どこもそんなもんだよ。ウチの国のネットだって有料会員とそれ以外が断絶するようになってきているしね。動画もゲームも。
今後の管理システムの変化に関しては自分も興味がある。

環境によって変化していくし、ネトゲもどうなるかは分からんぞ。
あと例えば実況なんかは家庭用ゲームでも推奨するゲームとネタバレになるんで取り締まられるゲームが分かれてきているし、何らかのルールみたいなのは構築されていくんじゃないかな。

プラットフォームが取り締まればそういうのはある程度可能だからな。

結局、日本の法律ではネットカフェは大丈夫だけど家庭用ゲーム機を遊ばせる、営利行為を行うのはダメってこと?誰か詳しい人いたら教えてくれ。

国内だとネットカフェのPCに実装されているスタンドアロンのゲームとかほぼ海賊版だし色んな意味でどうにもならんが……
ネットゲームの収益モデルと、家庭用ゲーム機などのソフトで売るタイプの収益モデルが異なるというのも管理に影響していそうだしなあ。

そういうのもあるだろうけど、日本の法律だともうちょっとめんどくさい事情がありそう。
調べて見たが日本のゲームセンターとかを管理する法規に違反するという問題もあるようだ。

日本にはそんな法律あるのか……いや、ウチの国でもゲームセンターや家庭用ゲーム機の取締りはあったけど。

あるんだよ。
言ってみれば、風俗営業に関する法律というどこの国でも「解釈や取り締まり方である程度はお目こぼしされているけど、明確に適用されたらヤバイ」的な法律に違反した状態だったというわけだな。

なるほど。社会的な問題も含めた違法扱いになりかねんのか。

なんかウチの国でゲームセンターが消滅した時を思い出す……

当時は賭博ゲームの問題も絡んだけど、社会的な悪影響がどうこうと言った後押しも影響したし、結局ゲームセンター全滅になったんだよな。

この事件ってもしかしたらネットカフェの取締りとかとは違う、もっとヤヤコシイ問題なんじゃないか?背景や取締りの意図がハッキリしないと判断できないかも。



とまぁ、こんな感じで。
中国の事情も含めてイロイロな方向の反応が出ていました。

それから中国ではネットカフェが日本のゲームセンター的な扱いになっていたような所もあり、学生が放課後や休みの日に連れ立ってネットカフェでFPSを遊ぶというのも珍しくないことから、この件に関してはゲームバーとネットカフェを重ねて考えたりもするようです。

ちなみにネットカフェ程ではないものの、中国ではゲーム屋(海賊版時代含む)で1時間幾らなどという感じで家庭用ゲーム機を遊べるなどということも行われていました。
これは普通に遊ぶことに加えて、ゲームの試遊や「買おうとした海賊版ディスクがちゃんと動くのかというチェック」としても活用されることがあったとかなんとか。

中国オタク界隈では日本で家庭用ゲーム機を使ったゲームバーが問題になるというのがちょっとした驚きに感じられる人も出ているようですが、その辺りの背景も影響しているのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。