ありがたいことにネタのタレコミをいただいたので今回はそれについてを。

先日、中国で「ドラえもん」

に酷似したキャラクターの商標登録が著作権侵害にあたるとして、申請を無効とする判断が出たそうです。

偽「ドラえもん」ダメ、中国でキャラ登録認めず(YOMIURI ONLINE)

中国人裁判官「うーん、これはドラえもん!w」(ノム速)

この件はいつもの中国パクリネタということに加えて、審議の際に裁判官がドラえもんのマンガを読んでいると報道されていることなどから、中国オタク界隈でもちょっとした話題になっているそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「ドラえもん」の商標の権利侵害の判決が出て、ドラえもん側が勝った模様。

さすがに日本のドラえもんが勝って無効になったか。
しかし「裁判官がドラえもんを読んで判決」ってなんかネタみたいな展開だな。

裁判官がたくさんドラえもんを読んで判決を出す、とても不思議な光景!

法廷で争うのはそういうことだと頭で分かっていても、こうあからさまにアウトなものをたくさん資料を持ち出してどうのこうのとやるのは……

「机器猫」の商標のキャラクターイメージが基本的に一致しているというのをちゃんと認めたのね。

さすがにこれ認めちゃうと国内もヒドイことになるし、普及している中国語名称がいくつもある外資系の所もたいへんなことになるからなあ

文字だけなら商標取得いけるんじゃないか?国外国内のブランド問わず先に商標取得されちゃって問題になるケースは珍しくない。
これはあからさまにドラえもんの絵まで使ったから、そこも決め手になったのでは。

だから漫画を読んでいいというのか!
俺も漫画読んで仕事をしたことにできるようになりたい!!

これは中国の机器猫だから!日本のドラえもんじゃないから!と言い張るわけか……

このニュースに対してどう感じるかで年齢がバレる。
「机器猫」があの青いヤツだと即座に連想できるのはおっさん。
(訳注:ドラえもんの現在の中国における正式なタイトルは「哆啦A梦」ですが、海賊版漫画が活発だった時代は複数の中国語タイトルで流通しており、「机器猫」(機械猫)はその中でも一番有名なタイトルだったのではないかと)

すぐ出てくるのがどちらかで歳がばれるのは否定できない。
ただわりと長いこと「机器猫」で広まっていたし、その後も名称に関しては並列的に存在したから、中国ではまだ「机器猫」=「哆啦A梦」の認識の人が多いだろうね。

高達(ガンダム)とか阿童木(アトム)とかついた会社はどっかにあったはずだし、ジャンルやデザイン流用しなければ商標はいけるんじゃないかな。今でも普通に問題になってるしね。

乔丹(ジョーダン)とかもイロイロとあった……直接関係無い身としてはネタで笑っていられるんだが、権利者は大変だろうね。

今思い付いた疑問なんだが、逆に日本ではこういう現地化された名称、日本語名ってどうなってるんだろう。
あの国はカタカナで強引に外来語を表記するから、似たような商標が増殖しそうに思えるんだけど。

いつも通りの厚顔無恥ニュース。
こういうの、もうちょっと減らないもんかな。あまりにも定期的かつ頻繁だ。

定期的に出る国外に恥を晒すシリーズだな……しかもあまりネタにならないタイプの。
ウチの国で定期的にでる邪神的なパクリ商品のように、あまりにも似てないと逆に笑えるけど!

このドラえもんはほぼコピーの絵柄が使われていたから、それも問題になったのでは。

でもなんかよく見ると微妙に違う気はするんだよな……下手な方向で。あとあからさまに劣化したのも混じっている。
どっちにしろ、カラーや一目見て受ける印象でドラえもんを利用しようとする意図は明らかなのでダメだろうけど。

小日本がウチの国からパクッたものはもっと多いのに何言ってんだか。
それに日本も昔はアメリカの作品をそのままパクっている。

出たな、スレの話題的に来ると思ってたぜ!逆にこういうレスを見ないと落ち着かない。

時代が違うし、権利関連や意識が未整備の時代のネタを持って来られても……

水木しげるのパクリスーパーマンとか50年以上前の日本の作品とかをもってきてそういうことを言うやつもいるけど、我が国は50年前の日本より劣っていると言いたいのだな!?通報だ!

パクッたどうのこうのを遡り出すとキリが無いぞ。
そもそも現在のコンテンツのライセンスとは別の話だ。

このスレにいるのは金持ちの家の子供ばかりで、どいつもこいつも正規版を使って給料もたくさんもらっている人ばかりなんでしょうね。

いいかげんそういう言い方するのやめないか?
中国には貧乏人しかいないと言いたいの?
お前個人が貧乏で金を使いたくないだけだろ?

権利意識もそうだけど、こうやって儲けようとして中国の悪いイメージを世界に拡散するのは本当にキモいわ。

ドラえもんのコピーじゃなくて、ネタ元というか影響受けて作品を作るようにできればまだマシなんだがね。
国産アニメの中には明らかにキャラの関係や設定がドラえもんというか藤子不二雄作品の主人公と不思議なキャラだろうという作品があったけど、ストーリー展開が違うしキャラデザも違うからそれなりに評価できる。

この手のキャラクターの権利侵害で思い出したが、ウチの国の多くの子供のカバンについているアメリカ系ネズミはとかどうなってるんだろう。どこに文句付けて賠償請求すればいいか分からん!

ディズニーはそれでも弁護士からのお手紙を届けてきそう。

昔は野放しだったと思うけど、最近は厳しくなっているという話も聞く。

ネットでは逆に追跡やら警告やらが簡単になってきたという話もあるね。データ管理されてるし、商売する上でのアカウントも必須になるしで。

ゴタゴタは別にして、こういうのを捜査するのってなんか楽しそう。提出される資料や押収されたアイテムとかとても興味ある。

楽しそうと思ったけど、よく考えたら趣味で見るならともかく仕事で見るとなると飽きそうな気もする。

それでも良いんだ。裁判官はマンガを読み、捜査官はポルノディスクを鑑定する。
そんな仕事に私は就きたい。



とまぁ、こんな感じで。
中国でも「さすがにコレはダメだろう」と受け止められているようですし、正規版は高過ぎるなどの定番のやり取り的なモノについても段々と変化が起こっているようです。

またこのネタを教えてくれたかによると、判決自体とは別に、アニメや漫画が事件のテーマとして扱われる、裁判官が厳めしくマンガを扱うといったことに関しては、なんとなく不思議な気持ちになったり、なんだか滑稽なようにも感じられたりするとかなんとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。