ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈では日本のコンテンツに出てくる定番の描写や設定がどの程度まで現実にあり得るのか、元ネタ的なものは何なのかといったことがちょくちょく話題になっています。
またそんな中で「戦闘描写」に関しては現実の知識ベースで考えて見たり、イロイロなネタの方向から考察したりといったことも行われているそうです。

中国のソッチ系のサイトではそういった話題の一つとして
「実戦的な二刀流はあるのか」
などと言ったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


実戦で実用される二刀流ってあるの?
私は創作でのお約束ネタだと思っていたが、実際に使われていたという話を聞いて疑問が出てきた。

カッコ良ければいい、ではなく現実にあるかどうかってやつか……武器二つ持つ、双なんとか的なスタイルは別に珍しくないが日本刀二本だと引っかかるのは確かだな。

宮本武蔵もずっと二刀流ではなく基本的には一刀を両手持ちで戦っていた

宮本武蔵は対多数の時に二刀流を使ったんだよな。通常の戦いでは一刀流。対佐々木小次郎戦でも一刀流だ。

二次元の作品だと「二刀流」と言っても本当に日本刀が日本と言うケースはそんなに多くないから気にしないでも良いんじゃないだろうか!

アニメや漫画、ゲームとかでは大体が長めの剣だよね。
双剣と言うと急になんだかアリな気になってくるのが不思議!

双剣、双刀なら現実にあるスタイルだし、二刀流もなんとかなりそうな気はする。
ただ現実の双剣や双刀はドラマの中のようにはいかないだろうし、現実的な二刀流というのもちょっと気になる。

普通に二刀流使ってる剣道の試合の動画あるぞ。

剣道の試合での二刀流って一時期禁止されていたけど、それが強過ぎて不公平だから、剣道の精神に合致しないからという話だったはず。

知り合いの武術やってるヤツから聞いた話では双刀やるのは上手い人間だし、刀一本でそれを相手にするのは厳し過ぎるということだった。

両手持ち用の武器を片手で持つのは重すぎるし、振り回す際に干渉してヘンなことになる。
やるとしたら長短一対だろう。
ウチの国の武侠モノでも大体その組み合わせなわけで。武士も確か二本持ってる刀は長いのと短いのだろ。

あれは二刀流用じゃなくてメインウェポン+切腹用のはずだが……

まぁ確かに二刀流ってどういう風にカッコ良く動かすのか、すぐには想像し難い所があるよね。実用的となると更に分からなくなる。

日本の二刀流も同じ刀を二本ってことはないぞ。
二刀流の写真はどれも短いのと長いので構えている。

あれって突き攻撃するから重さよりも長さだろう。
普通に考えて長いの二本の方が有用だしそっちのセットになるはずだが。

私が疑問なのは二刀流になるとき、どうやって抜刀するかだ。一本目は普通にやれるけど二本目はどうするんだ?
いざという時に使えるの?

日本刀って抜刀前に軽く鞘から押し出す動作が入るんだよ。それを二本ともやって両方抜刀するんじゃないの?

でもそれだと腰と腕の位置がおかしくなる。利き手と反対だからスムーズに抜刀できるわけだから。

そこは二刀流用の装備の仕方になってるんじゃないか?

日本刀なんかより、錘の方が戦場ではよほど強いし、あれなら双つ持ちでもなにもおかしくないのに。なぜ錘使いが増えないのか。

そうそう。最強なのは鈍器。装甲があってもダメージを与えられる。

鈍器って重さがそのまま威力だからあんまでかいの持って動けないし、当たればそりゃダメージ大だけど対重装甲で活用できる戦場以外では取り回しという問題がある。
あと日本刀は峰打ちすれば実質鈍器だよ。錘やメイスほど重さ重視ではないが、その分振り回せるから峰打ちでも致命傷になり得る。

そもそもなぜ両手に武器を持とうとするのか。
盾と武器が最も現実的で強い。武器双つ持ちなんて結局は雑技みたいなもんだ。

街中で盾持って歩くとか、それこそゲームと現実の区別が出来てない

剣とバックラーとかの小さい丸盾ならまあいけるんじゃないか?
ただ、こういう時に剣と盾でというヤツはだいたいデカイ盾イメージしているが!

武士が刀使うのって都市部とその周辺地域、それから屋内だからな。
戦場だったら普通に槍や弓、鉄砲を使う。
「実用的な二刀流」というのは、実は戦うシチュエーションが限られていると思う。

剣と盾はともかく、日本刀を長いのと短いので二本持つくらいなら片方をバックラーかマインゴーシュみたいなのにした方が良いと思うんだけどなー
それか両方とも短刀とか。日本刀だと小太刀?

日本は個人用の盾を使わない戦闘体系だし、防御面での二刀流という強さもあったのでは。片方で受け止めてもう片方で斬ればいいわけだし。

片手で日本刀、もう片方で手裏剣(短刀的に使ったり投げたり)という戦い方もあったはず。

盾でも無ければ片手持ちだと両手持ちの刀を受け止められないし、実用的な二刀流ってのは完全に攻撃全振りなスタイルなんだろう。逆に言えば両手持ちだと二刀流の手数と攻撃範囲に対応し難いだろうから。

アニメみたいに真っ向から受け止めないで、流したりそらしたりもするから方手持ちの刀が防御に使えないわけでもないと思うが。

実際、片手に盾では無い防御用の武器を持つスタイルは世界中にあるからなあ。

西洋のフェンシング系ではマントとかも片手の防御装備に使われたらしいね。

「現実的」というのがイロイロとおかしいんだよ。
宮本武蔵が二刀流をやれたのは日本の剣士の中で隔絶した筋力があったからで、普通の武士の筋力では二刀流が成立しない。前提がまず現実的には満たせない。

まぁ、日本刀を二刀流スタイルで持ってきちんと構えるだけで大変に思えるからね……

宮本武蔵以外の二刀流って小太刀の二刀流だろ?
宮本武蔵の二天一流と、他の流派の二刀流は分けて考えるべきだろう。

そうとは限らんぞ。
確かに二刀流と言えば宮本武蔵だが他にも普通の太刀による二刀流の使い手はいるし、二刀流を教える流派というのも普通にあるぞ。

柳生十兵衛とかも二刀流だったよね。

上で剣道の試合での二刀流禁止という話が出ているが、あれって防御で強過ぎるからというのが理由だったような。
技術体系的に同じではあるが、日本刀を持っての二刀流とはまたちょっと違うと思われる。

私の見た動画だと短い方を前に出して牽制して、長い方を上に構えて攻撃する感じだった。
防御用とも言えるが、恐らくみんながイメージしている防御用ではない。

ふーむ、そうなると実戦をどう見るかというのも出てくるなあ
竹刀だと重さも違うだろうし……

木刀持って二刀流なら十分いけそうな気がするんだがどうだろう。
都市部で鎧装備していない個人戦闘なら普通に刀の技術で使える取り回しの良い打撃武器みたいになるんじゃないか?

とりあえず創作の中の誇張された二刀流のようなものではなくても、武器を片手に1本ずつもった二刀流というのは珍しくないし、実践的な二刀流というのも存在したんだと思う。
もちろんゲームのように同じ武器を使うのではなく、重さや長さは一刀流のものとは違った調整になっていたとは思うが。

そんな感じの二刀流なのかね。双剣的な
ウチの国で二刀流というと誰だろ。

隋唐演義のキャラは李元覇をはじめとしてみんな双武器のイメージだね。
そういや、日本人からすると隋唐演義に出てくるような双錘での立ち回りはあんまりイメージできないらしいな。なんか重さと長さが想像から外れるとか。

隋唐演義系は確かに。私も秦叔宝の一対の金鐧とかが思い付く。
あと剣限定だと劉備かね。双剣のスピード系のイメージが根付いている。

確かに現実的なものはさておき、双剣だと劉備が有名かなあ。
呂布に打ちかかるシーンとかがすぐに思い付くし。



とまぁ、こんな感じで。
二刀流についての考察では現在の中国における武器の扱いについてのイメージのようなものも出ていました。

イロイロな作品に対する中国オタク界隈の反応を見ていると、二刀流による戦闘描写など、創作におけるこの手の設定や描写をカッコ良いと感じるかどうかについては日中にある程度共通した所があるように感じられます。

ですが日常的に接する武器系コンテンツ(?)が日本と中国では異なるので、何が強そうだと思うかや、何にリアリティを感じるかといった辺りに関してはやはりちょっとした違いがあるようにも思えますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「二刀流ってのがどうもイメージし難い。あれどうやってカッコよく戦うの?」

日本の「戦える曹操」が中国に与えた衝撃