ありがたいことに手頃なネタを教えていただきましたので今回はそれについてを。

中国はパンダの本場ですしパンダが様々な所で引き合いに出されています。またご存知の通り外国に対しても中国のブランドイメージの展開やパンダ外交などで活用されてきました。
しかしそのパンダですが現実の動物はともかく、イラストやグッズでは
「カワイイのが無い」
といった印象もあるのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「パンダはイラストに現実が勝てない」
といったことなどに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


パンダだけは現実に二次元が勝てない存在だと思えるが、何故だろう?イラストよりも現実のパンダの方が萌える。

確かにパンダに関しては現実ほどかわいいと感じないよね。

絵師のスキルの問題……ってだけではないか。どれも三次元に比べると微妙だし、それが昔からずっと続いている。

わりと大きいのは動作だろ。動いているパンダの愛らしさは強い。
みんなもそこら中に流れているgif動画のイメージが強いんじゃないか?

パンダの場合、絵にしてデフォルメすると逆に微妙になるの面白いよね。

あいつら、元が白黒でデフォルメ状態みたいなデザインだからな……

デフォルメの技術の問題なんじゃないかな。
日本のたれぱんだのような極端なものにしたら二次元独特の良さが加わる。

同意。
二次元の猫にしても極端なデフォルメと属性を抽出した結果みたいな所があるからね。

猫とか飼ってれば分かるが、たいていの動物は二次元より現実の方がカワイイと感じることが多い。手間はかかるが。

そもそも人間以外の動物は大体三次元の方がカワイイだろうに。

一部の肉食動物とか馬を除けば現実を超えてカワイイ動物を二次元で描くなんて無理に決まってるのさ!

肉食動物も子供の時は可愛いぞ。

おいおいおい……馬の可愛さを知らんとは……

パンダだけでなく猫や犬のような小動物系は二次元が現実を超えられないだろ。

猫や犬が好きだとか飼っているとかの人間の意見は全体にあてはめられんぞ。
自分も猫を飼っているけど、飼いはじめてからはカワイイと思える猫の範囲が広がったが、それは明らかに一般のカワイイと感じる範囲からズレている。

重要なのはその動物をよく知らない人間でも普通にカワイイ、萌えると感じられるかどうかといった辺りじゃないか。このスレの発言だけを見ても明らかに好みが分かれている。

猫や犬に限らず、動物は小さい時はカワイイというのは皆が認めることだろう。ただそこは好みによって変わるし、二次元的な可愛さや萌えと単純に比較できるものでもない。
そして二次元化で重要なのはそれとは別の可愛さ、汎用的な萌えをデザインできるかどうかではないかと。

現実の動物の可愛さは言ってみればぬいぐるみ的な可愛さかなあ……パンダは成長してもぬいぐるみ感が濃厚だからその分野で非常に「強い」のでは。

そう言えば、パンダのぬいぐるみってカワイイのが少ないというか、現実の方がカワイイといったことになってないか?
二次元との差よりも、こっちの方が大きな差があるような。

同意だ。。
ただそこに関しては単純な品質やデザインの問題もあるだろう。

パンダはデフォルメ、二次元の萌えに通じる記号化が上手くいっていないのかもしれない。あいつらは三次元の本物が既に極端な記号みたいなデザインになっているし、描く方もそこで止まってしまい現実の劣化版になるんじゃないか。

パンダはあのモコモコしているように見える毛並を描けていることがほとんどない。更に色が単純なのも加わって微妙になるのでは?

あれCGだとイマイチ再現しきれない感じもあるような……精密に描写している作品でもなんか違う。

毛並をリアルにすれば萌えにつながるとは限らないし、CGでの表現はちょっと不利なんじないか?

パンダは毛並みの表現に加えて動作の表現というハードルもある。

そういった現実のカワイイ部分をどうやってアレンジして二次元表現に落とし込むかなんだろう。例えばニャンコ先生みたいなのは明らかに現実の猫とは別路線だし。

二次元にするだけ、あざとい動作だけ、では現実の小動物には勝てないと思う。どうやって特徴を出すかというのが重要。

だからパンダは色が不利なんだよ。
白黒のマンガではあのパンダの可愛らしさが表現できない。

国産のカラーマンガが増えた今の時代でも、良いパンダキャラが出てないんだが……

むしろパンダって白黒に強いデザインじゃないか?

ウチの国ではこういう動物の萌え化に関する経験や流行りの把握が上手くいっていないんじゃないか?
パンダに限らずウチの国ってこの手の動物ベースの萌えキャラ、マスコット的なキャラ作りはお世辞にも上手では無い……

なんとなく分かる。目指す方向が微妙とでも言うか。
日本から入ってるものに関しても、こっちの国産への影響で目立つのは最近のオタク向けのエロ系やあざとい系ばかりだし、カワイイ系の萌えは案外少ない。

サンリオ系のは一昔前からイロイロと入っている気がするが、あんまりデザイン関係での影響は残ってないのかね。

その方向の商品もあるし、無いわけでは無いはずただディズニーの動物擬人化ともまた違う方向な所もあるし、案外難しい分野なのかね。

二次元でカワイイパンダを描くのは難しいが、ムカツクパンダを描くのは簡単だ。そこら中にいる!

意図せずムカツクのから、意図しないでそうなったのまであるよな……

ムカツクのはお前らがパンダの顔をいじりまくっているからだろ!
(訳注:中国のネットではパンダの顔部分にクセのある表情を当てはめたりするなど、コラ画像として活用されています)

二次元のパンダはコラ画像や煽りセリフ付きだからこっちにダメージを与えて来る。

パンダやクマはネタアイコン的な素材も多いし、そっちのイメージに汚染されているのは間違いない。
そこに三次元のパンダを見て、きちんとした萌えに気付くという流れなのかも。

パンダがムカツクのは、俺達に似ているからという説はどうだろう。
カラーリングと体形と体毛を理由にここまで評価が変わるのだから……!

ふーむ、皆は最近カワイイパンダを見ていないということなんだね。
じゃあお香を持ったパンダを送るよ!昔本当にすごい流行ったから見ておくと良いよ!

お香のパンダはやめろ……
(訳注:10年ほど前に中国のPCを中心に流行したFujacksウイルス、通称「お祈りパンダウイルス」は感染すると線香を持ったパンダのアイコンが出たそうです)

萌える二次元のパンダは探せば出てくるかもしれないが、探さないと出てこないレベルとも言えるのではないだろうか。
汎用性の高さというか、万人が萌えを感じるということに関してはパンダを二次元化するのは難しいのかもしれない。



とまぁ、こんな感じで。
最近の中国オタク界隈におけるパンダのイメージのようなものも出ていましたが、言われてみれば現在の中国のネットではパンダは煽り系のコラ画像としての活用が多いような……

ちなみに現在どうなっているのかは分かりませんが、以前の中国ではカワイイパンダのイラストやグッズがなかなか見つからなかったというのは確かではないかと。
私も昔中国のお土産でパンダグッズをリクエストされてイロイロと探しては見たものの、「これなら上野動物園で買った方が良いのでは」というようなレベルのものばかりで、結局消去法でパンダチョコにしたなんてことがありました。

この辺については商業的な環境の影響も考えられますし、それ以外にもパンダの本場なのでパンダをあえてデフォルメして活用する必要の無い環境だったのが影響していたりするのでしょうかね。

それからこの記事を書いていて思い出したのですが、昔(確か1970年代頃)中国に駐在していた方が日本帰国の際に、子供へのお土産に中国のパンダの大きなぬいぐるみを頑張ってかついで帰った所、そのぬいぐるみを見たお子さんが
「怖いいい!」
と大泣きしてしまった……なんて話を聞いたこともありますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。