ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれに付いてを。

「ウマ娘 プリティー ダービー」


は中国の動画サイトでも配信されており、初動の時点では多数の新作アニメの中に埋もれてしまいその後も再生数に関してはそこまで伸びてはいないものの、中盤辺りから作品関連の話題がかなり増え、マニア層を中心に高い評価となっている模様です。

その「ウマ娘」に関して、最近公式から「同人禁止令」が出たということで中国の方でもちょっとした話題になっているとのことです。

「ウマ娘 プリティーダービー」公式がファンに異例の“お願い” 「イメージ損なわない表現を」(ねとらぼ)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたその辺に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ウマ娘が公式から同人を禁止されたらしい。
これってどのくらい厳しいの?薄い本ダメとかそういう感じ?

エロじゃなければ大丈夫なんじゃないの?

公式からは「キャラクターならびにモチーフとなる競走馬のイメージを著しく損なう表現は行わないように配慮をしてくれ」「名馬たちの尊厳を損なわないために」か。うーむ……

同人誌が公式から禁止?もったいないなあ……キャラデザもストーリーも良いのに。

公式見たが禁止とは明確に言っていない。ただ同人創作には一定の制限をかけたいという感じだな。

エロ無しなら大丈夫なんじゃないか?

いや、日本だと二次創作全般がダメと言う風に受け取られている節もあるから18禁じゃなくてもダメかもしれない。

意味が分からん。新手の自殺方法か?
同人誌が無いと人気が広がらないだろうに。

薄い本がダメだと!?
ウマで種付けして繁殖させている業界なのに!?

そんな……競馬を調べて得た知識から、最強の牡馬(ついてる)になってウマ娘界に転生してハーレムになるみたいな妄想をしたり、そんな薄い本が出るのを期待していたのに!

あまり過激にならないようにという話に思えるが。一部の絵師が暴走して問題になるのを避けたいのでは。

いや、これはもっと重いものだろう。
18禁の同人誌を出しているのが公式にバレたら弁護士からお手紙が来るレベルじゃないの。

「イメージ」だから、非18禁であろうとも内容によってはダメ、カップリングとかも場合によってはダメになるんじゃないかな。

現実の政治家ネタの18禁同人誌だってあるのに、馬がなんでそんなに問題になるんだ?意味が分からない。

そういうのは本格的に抗議されるほど大きなジャンルになっていないというだけだ。二次元枠で大きく広まるのとは話が違う。
例えばジャニーズ系アイドルの同人誌なんかも存在はするし、権利的に難しい作品の同人誌と言うのも存在はする。ただ表に出ないような活動になっている。

日本の同人誌って黙認されているグレーゾーンだから、公式や作家側が「ダメ」と言ったならばもう本格的にダメなんだよ。

少なくとも公式で禁止になると、日本国内のイベントや同人販売プラットフォームに出すことは難しくなるはず。儲けたい、有名になりたい同人作家も手を出さなくなるからジャンルは小さくなる。

いわゆるディズニー枠みたいになるのか?
あれも同人誌は原則としてやらないような空気になっているそうだが。

ディズニーじゃないけど、JRAっていう怖い所が飛んでくるんだぞ。
ギャンブルの胴元だと言えば想像し易いだろ?

あと馬主だな。JRAがバックにいるから強気だろうし、JRAも本拠が日本国内の大組織だからまた違うんだろう。
ウチの国の版権管理でも国内の組織が入る形だと動きが全く違うしね。

Cygamesが日本のソシャゲ界のトップだとはいえ、JRAとは金も権力も組織力も背景も違うからな……
そりゃCygamesも「警告したからな!あとはやらかしてもお前らの責任だからな!」みたいなことになるわ。

馬主って日本の金持ちや権力者も多いから、JRAのおかげだけでデカい顔できるというわけでもないぞ。どっちにしろ、同人をやるにはリスクのある作品だと明示してきたということだろう。

ちょっと怖いジャンルになってしまったわけか……私もなんだか怖くなってきた。

しかし名馬たちの尊厳を損なうって何だよ……
擬人化系作品なんて今に始まったわけじゃないし、艦これなんかの方がよほど大変なことになってるじゃないか。

競馬は日本では娯楽産業や体育活動として「主流」にある存在だから、細々とやって来たミリタリー系とは背景が違う。擬人化や、それによる勝手な同人創作への反発のリスクも全く異なるんだよ。

軍艦とか大体沈んでいるからな。名馬には当然馬主がいるからそっちからも怒られる。
ウマ娘に出てくる競走馬は個人の財産だし、馬自体がまだ生きていたり、血統などのイメージ活用や繁殖用として価値があったりする。
更に競馬にはオタクとは規模も資金力も違う層がファンとして存在するから、反発が出た時はオタク界だけでは済まなくなるはず。

じゃあなんで競走馬を萌え擬人化なんてやったんだよ……

元々少なくない批判はあったらしい。ただアニメが結構評価されたから、改めてリスク管理に走ったのでは。

確か企画の段階で馬主の許可を取るのにかなり時間がかかったんじゃなかったか?しかも結局許可を取れずに出せなかった馬もいるはず。
イメージ管理に関してはかなり「敏感」な所がありそうだ。

本当になんでこの題材でやってしまったんだろうな。アニメを見た競馬ファンが円盤を買うとは思えないし、同人禁止とかをやったらオタクの間でも円盤売れないだろうに。

馬なら架空でやればいいのに。「マイリトルポニー」みたいなのだってあるんだから。

なんか深刻に考え過ぎてないか?これ結局は18禁ネタに対してだろう。

こういうのって禁止したら余計に反発するんじゃないの?「攻撃的」な同人誌を出す所が出そう。エロでもグロでも。

そういうのは今回のターゲットではないだろう。そこまで行ったらどんな作品でも訴訟案件。
普通のオタクがエロ同人を出さないようにするための警告だろう。

色んな方法でオタクから金を巻き上げておきながらエロ同人を描くなとかちょっとヒド過ぎると思うんだが。ファンを軽視し過ぎているし作品の寿命を縮める行為だろう。

そこはもう著作権の範囲の話だからなあ。
作った方がダメだ許さないと言えば、もうそれまで。グレーゾーンで見逃してもらえるだけっていうのが日本の同人だ。
「銀英伝」なんかも実は過去に田中芳樹が女性向けエロ同人に激怒してジャンル存続の危機になったことがあって、その結果現在では銀英伝同人のガイドラインが定められているとか。

公式も同人で人気を稼ぎたくないわけじゃないだろう。
これって炎上させて注目させるマーケティングじゃないの?

ウマ娘のアニメが良かっただけに、とても残念だよ。
これでは人気の維持が難しくなる。批判も出るけど、エロ同人誌の有無は長期的な人気やファンの熱の維持に不可欠なものなのに。

全くだよ。エロが生産力や萌えに直結しているのにな。

ウマ娘に関してはCygamesのソシャゲがあるし別に同人が無くても続けられるIPだと考えているんじゃないかね。
それに同人があれば人気の維持にはプラスになるかもしれんが、作品を作っている側にとっては利益的にもリスク的にもプラスになるとは限らん。

このジャンルは種付けとか繁殖とか調教とかそういう言葉が自然に使えるのに……!殺処分とか馬肉なんかの鬱グロだっていけるのに……!

そういうのが簡単に予想できるから公式も迅速に手を打ったんじゃないかい?

私はこの通知も悪くないと考えている。自分にとってはその手の同人が欲しくない、目にしたくないジャンルだってあるからね。
それに加えてアニメ自体がそういったものを避けて作られている節があったしね。

エロ同人が作品の人気維持に不可欠という認識はどうかと。エロ同人だけで一時的に盛り上がってもあっさり人が移ってしまうので長期的な人気に関しては不利だという説もある。

長期的な人気のジャンルって18禁の割合が低く、一般向けの割合が他ジャンルより相対的に高いことが多いんだよな。
もちろん人気ジャンルだからその手の同人誌も目に付くけど、それは母数が大きいからという面もある。エロのイメージが強い艦これにしても、一般的なジャンルに比べてエロ同人の割合が低かったはず。

型月、そしてFateもエロから始まって、エロ抜きで成立するようになっていったからなあ……別に同人エロは否定していないけど、それを必要としない層も多いし、その結果人気が拡大し続けている。

上の方で同人が無いとオタクにウマ娘の円盤が売れないという意見が出ているが、どうやらまだ日本のアニメがオタクから銭を騙し取る商法を理解していないようだな!
なんとウマ娘はグランブルーファンタジーとコラボして、ディスクを全巻買えば超重要アイテムのヒヒイロカネが手に入ってしまうんだ!

あれはちょっと露骨だよね……プレイヤーも競馬のようにゲーム内を走り続けろとでも言っているようだった。

この同人の件に関しては、みんなウマ娘のアニメに関する根本的な所を見逃している。
これ元々はソシャゲ、そして競馬の宣伝のためのアニメだ。同人作っても公式の得にはならないから、禁止或いは厳格な管理の方向になるのも自然な流れだ。

そこから考えると、同人はマイナスになると判断されてしまうのかね……日本のアニメの制作スタンスや目的がイロイロとあって、ちょっと分からなくなってくる。

公式からの声明も「作るな」とハッキリ言っているわけでは無いし、同人活動に関して微妙な所なのは間違いないだろう。
私は公式もファンと敵対したいわけではないが、それと同時にJRAや馬主に怒られたいわけでもないのだろうと感じた。

個人の楽しみや創作まで制限する権利は無いけど、それを広めたりそれで儲けたりするなら他者の権利と衝突するので厳しく対処せざるを得ないという話なのかね。
上で出ているディズニー系だって探せばその手の同人は出てくるんだから、0になるわけではないだろう。



とまぁ、こんな感じで。
どこまで影響するのかということに加えて、どういった意図で出されたものかがイマイチ分からずに困惑する人も出ているようです。

また今回紹介させていただいたやり取りの中にもちらほらと出ていますが、中国オタク界隈では同人誌が作品人気に与える影響というのを、日本の感覚と比べて大きく捉えているような所もあるそうです。

この話を教えていただいた方によると
「中国ではディスクの売り上げ、同人誌の量が人気の基準として扱われていますし、同人活動が作品人気を維持しているという認識も強いので、オタク向けの作品で同人誌禁止をありえない、と受け止める人も少なくないのかもしれません」
とのことでした。

またこの辺りについては、日本のような気軽にいけるオタク系コンテンツを置いている書店やアニメショップ、イベントやラジオなども無い環境の中国オタク界隈では、比較的簡単に接することのできる「オタク向け作品の関連コンテンツ」が日本とはかなり異なり、ネットで広まってしまっている同人の存在感が強くなっているといったことの影響も考えられますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。