ぼちぼち7月の新作アニメも出揃ってきましたが、ありがたいことにネタのタレコミや質問をいただいておりますので今回はそれに付いてを。

「Back Street Girls -ゴクドルズ-」

は7月の新作アニメの中で比較的好調なスタートを切っているようですが、中国オタク界隈では作品の内容、中でもアニメの表現に関して
「動かない、明らかに予算不足のアニメなのに人気が出ているのはどういうことだ」
などといった少々変わった反応も出ているそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「Back Street Girls -ゴクドルズ-」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


前期は魔法少女関係がイロイロとひどいことになっていたが、今期は裏社会でアイドルかよ……近頃の二次元は徹底的に子供の夢の存在をネタにしてくるな!

なんかもう、キャラの定義がわけわからん。

えーと、これは……元の性別は忘れて百合だと思えばいけるか……!?

所々で元の男の声優の演技が出るから女と思い込むのも難しいぞ。男の声優が普通に良い演技するから!

性転換ではあるが、タイでの性転換だから現時点の外観はともかく生物的な体内のベースは男のままなんだよな。

なんだろう。PPTで作ったようなアニメなのに、なぜ見てしまうのだろう。

動かないよなあ……でも今期新作の中ではガンガン再生数上がっている。

金の無いアニメだね。前期の「ヒナまつり」も金の無いアニメに思えたが、それよりもはるかに金使ってないと感じられる。

なぜこんな動かないアニメが人気になっているんだ?
再生数とか評価とかがこんなに伸びる作品じゃないだろ……

第一話、結構面白いし今期の序盤の環境なら数字が伸びても不思議はないんじゃないか?

何言ってんだ。
これは明らかに予算不足でヒドイことになってしまったアニメだ。予算さえ足りていればもっと良いものができるのも明らかだろうが。
第一話を見てみんな失望している。放映前の方が盛り上がっていたよ。

アニメで原作に注目していたのとは別の層も引き寄せた結果が今の人気ということだろう。
よく動くのが良いアニメで必ず人気になるとは限らない。

原作も面白いんだよね。一般のオタク受け的にはちょっと不明だが。

原作マンガは結構前から評価されていたし、原作党の間では7月の期待作の一つだったのは間違いない。
ただ事前に騒いでいたけどアニメが動かなくてガッカリしている原作ファンと、それで興味を持って普通に楽しんで見ている新規と伸びる再生数というなんだか不思議なことになっているような気がする。

「アイドルは天使なんだよ!クソもしねーよ!」とかスゴイ言葉だ……あれは名言だろ……

ダメだ……その言葉に対して俺は反論できない!!

「ワシも鬼じゃねぇからよぉ」から始まるヒドイ展開も良いな!

ところで日本のヤクザのシステム全く知らないのでちょくちょく出る日本ヤクザの人間関係が分からん。カシラと組長の違い、親子と見做す関係とかどうなってるの?
知らなくても勢いで見れる作品ではあるようだけど、ちょっと気になって。

カシラは恐らく「若頭」という地位だと思う。日本のヤクザは組長がトップで、その下に実務のトップとしての若頭というのがいて、下っ端を指揮したり命令したりするんだよ。アニメの中ではたぶん実行者として捕まったということなんじゃないかね。

予想外に面白かった。題材も個別なら珍しくないが、合体させた結果かなり珍しいものとなってしまっている……!

私はこのアニメに対して非常に失望した。
動きが無いPPTで作ったようなアニメじゃないか。原作はあんなに笑える作品だったのに、アニメは手抜きとケチで見れたもんじゃない!

ボイス付きマンガとして見ればいいじゃないか。

動かないけどストーリーや動かない画の見せ方は悪くない。おかげで俺のネタ画像フォルダも潤っている。

声優とストーリーと演出が作品を見れるものにしているのだろう。
こういうアニメ(動かない)の演出で見せて来るのはスゴイのかもしれん。

ボイス付きマンガ状態なのはガッカリだよ。原作は面白いと自信を持って薦められるだけにね。私はアニメになるからにはもっとアニメ的な誇張表現が見られると思っていたんだ……

全くだよ。どこの原作ファンがボイス付きマンガ状態のアニメを望むというのだ!!
まだ第一話だから切らないけど、第二話以降で持ち直してくれることを祈っている。

俺は楽しめればボイス付きマンガ状態でも構わんけどなあ。

第二話以降もこのまま動かないで声のあるマンガだろ。それが悪いわけじゃない、面白ければ勝ちだ。
特にこれはギャグ系の作品だからね。

私も原作マンガの方を知っているし面白いとも思っているけど、元々クセがある作品な上にだんだんギャグがえげつなくなっていくのが厳しかった。アニメは最初からの話だし、演出もあってかなり新鮮な気分で見れたよ。

作画がダメ、動きが無いアニメが人気になったのだと、最近では「このすば」とかがあるな。
「Back Street Girls」は内容的には「このすば」と全然違うけど、アニメとしての評価のされ方、視聴者への受け入れられ方について重なる所があるように思えたりも。

失敗すると「ニンジャスレイヤー」になるけどな。ナムアミダブツ!

俺はこの作品全然笑えなかったんだが……前評判から期待し過ぎてたのかね。今期の他の話題作の方が良かった。

合わないならしょうがないよ。この作品って動画サイトのコメでツッコミ入れながら楽しむのに向いている作品だろうけど、その辺りの感覚は人それぞれだ。
そもそも、アイドルで裏社会の組み合わせという題材がキワモノだしね。

テーマは珍しいけど、ギャグ系というジャンルで考えるとウチの国の環境向きな気はする。

再生数が伸びているのってまだ7月新作始まったばかりだし、他に見る物無いとかじゃ?

当然それもあるだろう。「オーバーロード」の三期とかがこの後に控えているし。
ただ毎シーズンごとの数字の伸び方から考えると、「Back Street Girls」は予想外な健闘なのも確かだ。

今期、ファンのパワーが強いのは「殺戮の天使」だろう。あっちは事前のファンの活動が凄かったし、ゲーム原作、それもフリーゲーム原作というのがジャンル背負っているから強い。
あと新規枠でしかもこの作品より一般向けでウケているのが「はたらく細胞」だろう。

その三作品だと「Back Street Girls」が一番動向が読めんな。原作ファンは動かないアニメに失望したとか言っているのが目に付くしマニアからの評価は獲得できないだろうし、題材もクセがあるし……とりあえず自分は追っかけるが。

ところでさ……ED見たら原画一人しかいないんだけど……

今千秋かよ!!
これ男向けの作品と見せかけてかなり女性向けだったりするのか?

EDのキャスト表示も男の声優の方が上で豪華だ。
実際、声優パワーで再生ランキング駆け上がっているようなところあるし、不思議な人気の出方になっている作品だ。

コンテ演出も今千秋、OPも絵コンテ演出踊り今千秋だ。
えっ、踊り……?

なんかこの作品の制作体制や制作背景の方が気になって来た。

動いてはいないけど演出は上手いしテンポも良くて更に声優の演技も良いからかなり見れてしまう。ヘンな言い方になるがこれって理想的な「動かないアニメ」の形の一つなのかもしれん……

原作尊重という面から見るときっちりしているし、各場面の表現演出も悪くない。
動きを少なくして費用を減らすというのは一つの手段だし、動きを少なくすることがアニメのクオリティを下げることと同じとは限らないといった所か。



とまぁ、こんな感じで。
今期トップに躍り出るとまではいかないものの、クセのあるテーマや紙芝居的なアニメとしては予想外の人気となっている模様です。

この作品に関して興味深いのは、上のやり取りにもあるように原作を知っている層からはアニメのクオリティが低い、アニメなのに動かないなどといった方向での批判が多いものの、再生数の伸びや話題性といった面では今の所かなり健闘しているように見えるということでしょうか。

ざっと見た感じではありますが、この作品の現在の中国オタク界隈における評価や反応はこれまでの新作アニメの人気の広まり方とはちょっと違った所があるようですし、作品の内容に加えて今後の動向についても気になってしまいますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。