ありがたいことに
「ハイスコアガールの中国での反応は?」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

「ハイスコアガール」

は中国オタク界隈のマンガ読みの層からの評価は高かったものの、アニメの方はキャラクターデザインや、現在の中国オタク界隈のゲーム環境及び体験が「ハイスコアガール」のネタとはズレていることなどから、始まった当初はあまり話題にならなかったようです。

ですが話が進むにつれて徐々に評価も上がりつつあるようで、中国のソッチ系のサイトでの話題も増えているように感じられます。
そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「ハイスコアガールのアニメ」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「ハイスコアガール」が面白いね。
ゲームの世代的に自分とはあんまり関係ないと思ったが、ゲームの歴史としてもラブコメとしても面白い。そして何よりダメなゲーマーの思考が共感できて……

ああ……俺も小学生の頃は一緒にいて、俺が小覇王でゲームしているのを見ていてくれた女の子がいたのに……
(訳注:「小覇王」は中国で80年代末〜90年代前半辺りにかけて中国で大流行したファミコンのコピー機です。世代によっては家庭用ゲーム機の代名詞的なイメージにもなっている模様です)

作品内だとヒロインが興味あるのは主人公という所もあるが、お前の場合女の子が興味があるのはゲームだけだったんじゃないか?

そこは言ってやるな。
まぁ当時は娯楽少なかったし、ゲーム機持ちがステータスだったしね。

中学からの新ヒロイン、ちょっと面白いかも
ボーイミーツガール的な部分も含めてゲームに近付いていく流れが新鮮なような、共感できるような。

昔は俺も幼馴染の女の子と小覇王で遊んでいたが、今は……

主人公のゲームに興味がある人間に対するアクション、ゲームに興味が無い人間に対するアクションが共感できると同時にツッコミを入れたくなるような、何とも言えない気分になる。もちろん嫌いなキャラじゃないぞ。

ラブコメとしても良い出来だよ。題材が古めと言えば古めだし、世代がずれるならゲームとかよりそっちの方でも見れると思う。
題材や絵柄で回避しちゃっている人にも面白いぞ!と薦めたくなる作品だよ。

この作品、ゲーム実況メインになっている自分としては結構複雑な気分になるアニメかも。
楽しめてはいるんだけどね。

そう言えばウチの国では見ているだけのゲーム好きが多いから感情移入できないんじゃないかとも言われてたな。
ただ自分も操作がめんどくさかったり難しいゲームについては友達のプレイを見ているのが好きだったから、昔から見る方メインもある程度いたようには思う。もちろん今の実況やeSportsとは環境が違ったけどね。

小さい頃は親戚の兄ちゃんのプレイ見ている方が好きで、自分は遊んでいなかったわ。

怖いゲームのプレイがダメな友達を観客にして、ホラーゲームをイロイロとプレイしたっけな。懐かしい。

自分は実況でup主のプレイを見る方が自分でゲーム遊ぶより面白いから、自分でゲームをやりに行くことは無いな。
この作品もゲームをプレイする人間のネタという感じで楽しんでいる気がするから、ゲーマー目線での感情移入とはちょっと違うかもしれん。

動画のup主のプレイって自分がプレイするより質が高くて面白いからね……動画を見て自分がそのゲームをプレイしてみても、動画ほど面白くないというのを思い知るだけ。

この作品を見ていて思ったんだが、日本はゲームを遊んで楽しい、ハマるという感覚がちょっと違うのかな。娯楽の種類やコストが随分と変化しているだろうし。

ウチの国でも小覇王が流行りまくっていた頃はあんな感じ、いやそれ以上だったし、国の違いというより時代の違いだろう。
小覇王の頃はいい大人が娯楽として一日中ゲームとかやってしまったなんて話も珍しくなかった。ゲームという娯楽の相対的な価値が現在より段違いに高かったのよ。

自分は中学の時休みの日で時間があって親がいない時とか十数時間ぶっ続けで遊んでいたりしたな。小覇王でも土星(セガサターン)でも。あと小覇王の時代に世嘉机(メガドライブ)を持っていたヤツは格が違うという感じだったな。

面白い。話の展開が予想してたよりかなり速いし退屈せずに楽しめる。
中学辺に入ってからの新ヒロインの感情描写は最高だ!これが萌えだよ!!

ハイスコアガール面白いよね。ヒロインの大野も小春も本当にカワイイ。
見ているうちに自分がどんどん萌えていくのが分かる。

新しく出てきたヒロイン2号もカワイイ。だが主人公のゲーム優先、いやゲームだけの行動はどうなんだと言いたくなる!

主人公、ダメだよなあ……現実なら明らかに独り身コース。

自分も女の子に誕生会に呼ばれたけど、某ネトゲのイベント優先してプレゼントに使おうと思ってた金もイベントのスペシャルパックに課金しちゃったという過去がある。
そしてもちろん、この作品の主人公のような関係の継続にはならなかったな……

あんなにカワイイ女の子がいるのに、なんでヤツはゲームしか頭に無いんだ……

ゲームしか頭にないから小学生の時に大野と仲良くなれたわけだが。普通な子供の小学生をやってたら接点が無い。

お前ら自分が小学校の頃に女の子と付き合うとか恋人になるとか考えてたのか?今のお前らの現実的或いは二次元的な思考で動くなんて無かったろ。

小学生の頃はゲームしか頭になかったし、隣の席の女の子とか気にしたこともなかったわ。好きだ嫌いだみたいなのが無くはないけど、恋愛みたいなのにはかなり早熟でもないと無かったんじゃないかな。

ゲームが最初に来ているけど、主人公は普通に社交能力高いし思いやりもあるからお前らより女の子の扱い上手いんじゃないのか。
恋愛に鈍感でゲームの優先順位が高過ぎるだけだ。

うーむ、評判が高まっているのは聞こえて来るが絵柄がどうも……これさえなければ……

この作品はアニメの内容と絵柄関係無いと自信を持って言える作品だからまずは見てみるといいぞ。原作者の他の作品に比べて一般向けで軽い。

原作者はどんなジャンルを描いているの?

ずっとホラー漫画で活躍していたから、恐らくそっちが専門。
ゲームに関してはエッセイや趣味的な方向でやったのが大当たりした。

好きな人がいるのは分かるが、自分はホラー漫画的な手法やセンスがそこかしこに滲むからこの作品は苦手。見るのをやめてしまった。

押切蓮介は最近のホラー漫画家では一番好き。
ホラーネタ全般いけるけどギャグも混じったりするし、キャラ造形や距離感のセンスも良いと思う。

良いよね、押切蓮介。
「ゆうやみ特攻隊」とかアニメ化しないかなーやはり無理かなー

私も当初はこんなキャラデザでなくもっと萌えるのにすればいいのとか思っていたんだが、慣れて来ると絵柄が気にならなくなるし、キャラ描写の上手さに引き込まれる

三話まででどんどん面白くなっていくからね。
良い意味で「三集定律」が当てはまる作品。

キャラデザだけで切るのはもったいない。ヒロインが本当にカワイイんだよ!
大野の細かい行動一つ一つがとても良い!

ちょっと気になったんだが、作中の時間の日本の生活って本当にあんなにヒマでゲームが遊べたの?
あとゲームの変化のペースが本当に速い……

日本社会は普通に進学する場合と受験して進学する場合で勉強の強度が違う。受験をするのが義務教育終了後の高校受験からで中三になってからようやく本格的に進学や進路を意識した勉強をしはじめるなんてこともあるそうだ。

あの時期の日本のゲーム業界のスピードは本当に速いからね。
外から見ているだけでは把握しきれないだろうから、私はその辺りは流して大体の所を把握すればいいということにしているよ。

作中のゲームと言えば、「餓狼伝説」ネタの所が改変されちゃっているのが残念で仕方がない。
とても期待していたネタだったのに!

「餓狼伝説」の他に「龍虎の拳」ネタも無くなっていたな。

そこはしょうがない。「ハイスコアガール」が無許可問題起こした件の震源地がSNKだったんだから……

アニメ版は修正版原作の「ハイスコアガールCONTINUE」ベースでやってるんだろうな。
SNK系はほぼ出ないと思われる。

なるほど。じゃあ「KOF」もダメか。
現在のSNKの方針が見えてしまうのもちょっと残念だね。現在のゲーム業界体制だと版権売って儲けられるからなんだろうけど。

「KOF」も恐らくダメだろう。修正版では「餓狼伝説スペシャル」は「スーパーストリートファイターII」になるなど、大体はカプコン系列になってる。

アニメ内で言及されているゲームも有名な作品ではあるが、当時の人気や影響的に名前が出るはずの作品が出ていなかったりするようだし、権利関係のあれこれはあるんだろうね。

小学生編で餓狼伝説への言及はあったし、作品名を出すならどうにかなるけど、画像や音楽などの素材は基本的に避けていくという感じなのかね。権利関係の交渉がある上に許可出てもチェック多そうだ。

正直残念だ。
小さい時に行ったゲームセンターのダメな雰囲気と共通するものが描写されているから、そこに自分の知っているゲームがあったら自分はもっと懐かしく感じられたはず。

ゲームの発展に伴う、日本のゲームセンターの描写も楽しみだね。
もちろん羨ましくなるストーリーも!

完全に同意だ。アニメを見ていると一緒にゲームをしてくれるとても可愛いヒロインに素晴らしく萌えることになる。そして現実、自分の体験と共通する部分があるだけに急につらくなったりする!



とまぁ、こんな感じで。
爆発的に伸びているというわけではないものの徐々にハマる人、評価する人が増えているようですし、題材的に考えても話題の寿命が長い作品になるかもしれませんね。

私もハイスコアガールに関しては世代的にほぼ重なるので(中国に行ってしまったので格ゲーやゲーセンの盛り上がりとは縁が無かったのですが)、中国の反応は気になっていたものの、
中国オタクの方からは

「自分も好きな作品だけど、現在の中国の若いゲーム好きは実況などで見る人が多いし、家庭用ゲーム機持ちは少ない。それにアーケードゲームの記憶がある世代もおっさんになってしまっているので日本のゲームの思い出ネタはちょっと難しいかも……」
「アニメ版はSNKネタが出せなければ厳しそう。KOFとか中国で大人気だったのに」

という話を聞いたりもしていました。
そしてアニメが始まってみると確かに作中のゲームネタに関する反応はパッとしない所がありました。

ただ上のやり取りにもあるように、ストーリーやキャラクターに引き込まれたり、中国オタク界隈の面々のゲーム体験やゲームバカ的な思考に刺さる所が出て来るなどしてイロイロと盛り上がりだしているようですし、個人的にもちょっと嬉しくなってしまいますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国で最も売れたゲーム機 「小覇王」