なにかと炎上しているというかゴタゴタしている感もある中国版FGOですが、人気や話題性は相変わらず高いまま続いていますし、日本のFGO関係のニュースに対するアンテナも高くなっている模様です。

先日、日本では三田誠先生がついに孔明の召喚に成功したというニュースが出ましたが、中国オタク界隈にも即座に広まりFGO界隈ではお祭りムードになったりしている模様です。



『ロード・エルメロイII世の事件簿』三田先生が『FGO』ガチャで孔明召喚に成功!(ニコニコニュース)


そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「三田誠先生ついに孔明召喚」
などに関するやり取りを、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


大変だ!三田誠先生が孔明をついに召喚した!

なんと、ついに呼び寄せたのか!

出たぞ!ついに……ついに彼が召喚したんだ!

三田先生、おめでとうございます!

なんてことだ、これが示すものは一体……!?

三田先生がついに呪いを打ち破り我が子を手に入れたのか!感動した!

つぶやきでも更新の前日からソワソワしだして、引いた後に祝杯。
深夜の祝杯というのがもう歓喜の瞬間だったんだなあと分かる。

これはまさに三顧の……いや、いったいどれくらいのチャレンジだったんだろう。

三年だな。確かサービス開始からやっているから。

三年か!旅に出した自分の息子がようやく家に帰って来たのか。

その間ずっと自分の息子が来ることを信じて事件簿を書き続けていたんだね……ホントにおめでとうございます!

twitterのトレンドで三田先生が上位に入ってて笑う。
だがそうなるのも納得だ。こっちの界隈でも衝撃のニュースだったからな。

9.11とかのワードに混じって目立つ三田先生……なんか色んな意味でスゴイな。

世間的には大したことではないのかもしれない。
だが同じゲームをやっている者として、三田先生が孔明をひけたということにはなんだか感動してしまった。

おめでとうございます!とても感動しました!
でもこの世界が剪定事象入りになったんじゃないかと不安になってきました!!

三田先生は孔明をひけたのか……残念ながら私はまだ引けない。
でも彼が引けたというニュースは不思議と嬉しくなってしまう。

その気持ちは分かる。
自分も三田先生の孔明に関してだけは羨ましいより先に良かったというのが来た。

私は当たりを晒すヤツ、特に「新人でよく分からないんだが、なんかこんなの出たけど使える?」とか言って晒すようなのは大体死ねばいいと思っているが、三田先生の孔明だけは受け入れられるし祝福できてしまうなあ

課金しての力勝負ではなく、呼符で呼び寄せてくれたのがとても良いよね。
不思議だ、なんで俺はこんなことで泣いてしまうんだ……

三田先生の所はようやく父子が出会い、FGOの旅が始まるわけか。
日本版は今何やってんだっけ。

今はFate/Zeroコラボの復刻中。たぶんこの後はネロ祭じゃないかと予想されている、そして近いうちに秦の異聞帯が実装されるという予想もある。

なるほど、だから孔明ピックアップがあったわけか。そして孔明と共に中国異聞帯に挑めるわけか……満を持しての合流だな。

ついに三田先生が諸葛亮に出会えた、これは励みになる事件だな!!

なんの励みだ!?課金か!?

言わないでも分かるだろ?三田先生が孔明を出したのに、お前はなぜベストを尽くさないのか?
さぁ、もうすぐ夏イベント復刻だぞ……弓アルトリアも良いし、ルーラーマルタだってとても強いぞ!!

三田先生はそんなに課金してないだろ。ガチで課金しているならもっと早く出たはずだし、爆死していてももっと爆死の報告があったはず。

三田先生の課金はとても理性的でスバラシイ。
明確に欲しいキャラ、それもキャラへの思い入れの強さでもゲーム内の性能的な強さでも強烈なものがあるだろうに、自らの手、欲望を完全に制御しておられる。それだけでも尊敬したくなる。

その苦難の果てに呼符で召喚だからな……我慢できない自分には絶対に体験できないであろうイベントだよ。

呼符で出したのがカッコイイよねえ。
自分も三田先生のようなスタイルで遊べたらと思ってしまう。

twitter見てたら突然飛び込んできたこのニュースに驚いた。先生、おめでとうございます!
呼符2枚ってのも良いですね!それ以前にどれくらい石を使ってようと、目の前で使った量が全てですよね!!

「事件簿」の新刊、二世が大暴れするのを楽しみにしています!

引いたあと、僅かな時間で絆以外のキャラの育成が完了している。本当に準備は整って、あとは引くだけだったんだな……

FGOの関係者はそういう育成する人いるみたいだし、ファンの間でも歓迎されているのが面白いね。古川慎もアキレウスを実装して即LV100宝具5にしていたはず。さすがにあっちは星4フォウは足りなかったようだが。

自分の育てたいサーヴァントの実装に備えて餌と素材確保しているのは結構いると思うけど、星4フォウくんに聖杯分まで完備とは。

今更聞くのはちょっと何だが、なんで三田先生が孔明ひいたというだけでこんなに大きなネタになってんの?なんてみんなテンション高い上にスレが伸びるのも速いんだ?

三田誠先生は「ロードエルメロイ二世の事件簿」の作者で、FGOのサービス開始当初からのプレイヤーでもある。しかし自分の手掛けているキャラである孔明(実質エルメロイ二世)だけがずっと引けなかったんだよ。
ピックアップには毎回チャレンジしている上に、福袋も全部キャスター狙い。他の金キャスターはほぼ出ているような状況なのに孔明だけ出ていなかった。それが今回ついに引けたんだから、そりゃあお祭りだよ。

これ、実装されているキャスターの中でたぶん最後の一体だったんじゃないか?

い、いやさすがに最近は石と呼符をためていたはずだし、アナスタシアやスカサハ=スカディは持っていない……はず?

当初は三田先生は昔からのFateファンで「事件簿」を書くような公式ライターの一人なんだから、孔明はこっそり配布されているもんだと思ったが、本当にずっと持ってなかったんだよな……

三田先生を見ると大好きなキャラを引くのに必要なのは聖遺物でも書いたり描いたりすることでもなく、諦めないことよく分かる。

いやはや、深夜に嬉しいニュースが飛び込んできたもんだ。三田先生おめでとうございます。
あと今気付いたけど三田先生の孔明は再臨第二段階のスーツとメガネなんだね。

自分もあの再臨1回目のスーツとメガネにしているから嬉しい。
「事件簿」の二世のいつもの格好ということで選択しているんだろうな。

なんか三田先生のこの件がとてもロマンチックに思えてきた。
出会えない間もずっと二世の物語を書き続けてついに出会うとか、最高じゃないか。

FGOは関係者のアカウントに仕事と関係するサーヴァントをあげても良いというか、あげた方が何かと便利で有用だと思うんだがやらないんだよね。儲けに関しても作家や声優一人の課金より長期的な広報活動の方がよほど良いはずなのに。
仮に裏でこっそりやっているにしても、今度はアピールにつながっていないしなんだか不思議な方針だ。

どこかで読んだが、きのこと武内のトップ二人からして自分の金で引いた方が面白いからというので内部操作はやりたくないみたいなことになってるみたいだな。
きのこもジャンヌ来過ぎてガックリしたネタとかを放出していた覚えがある。

三田先生の苦しみとか、なんだか可哀そうになるようなネタにされ具合とかを見ると配布して上げても良いと思ってしまったりもするんだけどね。
何はともあれ引けて本当に良かったよ。

良いニュースを聞いて私もとても嬉しい。
でも正直な所、三田先生には申し訳ないが、これで良いネタが一つ消えてしまうのがほんの少し残念だったり……

ところでこのスレに書き込めばガチャの引きの悪さを解消できるって本当ですか……?



とまぁ、こんな感じで。
あっちの方でも祝福ムードで盛り上がっているようでした。

近頃の中国の二次元系ソシャゲはガチャ的な要素がクローズアップされているので、中国オタク界隈ではFGOに限らずガチャの当たり外れに関しては盛り上がると同時にかなり荒れやすい話題になっているそうです。ちなみにガチャの爆死は「沉船」(沈没船)とも言われているとか。

そんな中で三田先生の孔明が来ないネタは、イロイロな意味で関係の深い公式関係者なのにずっと引けないということで、中国オタク界隈でも非常に有名なネタになっていました。
そして三田先生と孔明の関係を知っているファンの間ではずっと応援(?)されており今回の当たりに関しては中国オタク界隈でも珍しい、「他人の当たりなのに反発が出ない」「素直に祝福できる」話題になっているとのことです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。
それから質問をいただいている「伝承地底世界アガルタ」への反応については次回やる予定です。実は今回のやり取りはちょうどそれについて調べている時にぶつかったものでして……