ありがたいことに
「中国版FGOの亜種特異点2への反応」
に関する質問をいただいております。
実はCCCコラボの反応に関する質問もかなりいただいてはいるのですが、以前の記事の後ろの方でも書いた通り、同時期に運営のbilibiliが大炎上を起こしてCCCコラボイベントの反応がすっ飛んでしまったような所もあり感想をまとめるのが難しいので、とりあえずアガルタの方のまとめを……

中国版では8/21からの実装となった
「亜種特異点 伝承地底世界 アガルタ アガルタの女」
中国版告知ページ(中国語)
ですが、日本における評価などの情報やネタバレがイロイロと伝わっていたこともあり、ネタバレ要素に関する驚きはあまり無かったとか。

考えてみればアガルタから新登場のサーヴァントも
ゲームの告知やゲーム内の真名開放前の段階では
「不夜城的Caster」「不夜城的Assassin」「黄金国的Berserker」
となっていますが、それ以前から中国オタク界隈では普通に真名やあだ名呼びでのやり取りが飛び交っていましたね。

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「亜種特異点 伝承地底世界 アガルタ アガルタの女」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(ネタバレ的なものが含まれていますので一応お気を付けください)


アガルタ終わったけど、この章の評価に関しては下ネタやエログロが印象をかなり悪くしたのでは?

そうだね。私は不快な下ネタばかりが印象に残っている。

私も同感。
原作18禁なのに全然嬉しくないエロ要素や下ネタやグロ描写をぶち込んできたなーという印象しか……

ストーリー自体はそこそこ見れるものだった。
良い出来とは言えないが、ひど過ぎるとも言えない無難なレベル。ただ下ネタは擁護できんな。

悪い意味でのぐだぐだだった。

前の新宿も俗悪的な所はあったけど、アガルタは下限振りきっちゃった感があるね。
私も下ネタとエログロに走り過ぎるのはどうなのかと思ったよ。アガルタは公式がプレイヤーへのサービスというのを誤解したまま進んでしまった結果なのだろうか。

前評判は聞いていたが、確かにこの章のストーリーはちょっと受け入れられなかったなあ。

消去法で水瀬シナリオと言われていたが……うーむ
最初から百合だなんだのオタクネタに走り過ぎて……本編の空気でそういうのをぶつけられると生理的なレベルでキツイな。

こんなもんじゃないか?
所々のオタク受けを狙った寒い展開や下ネタ展開は引くが、最後の方もそれなりに盛り上がったしね。

なんかみんなヒドイ出来のストーリーだとか、見ないで飛ばす方が良いとか言ってたが、俺はかなり楽しめたぞ?
さすがに第一部のきのこシナリオ部分ほどではないが、楽しめないわけではない。四つの国の統治哲学と寓意、謎と裏切りとかちゃんとした構成だったし終盤に幾つもギミックが配置されて燃える展開になっていたぞ。

確かに読まずに飛ばせはどうかと思うが、自分は不快だから読まずに飛ばしたくなったな……自分はきのこの小説の描写なら大丈夫だったんだが。

四つの都市の統治による哲学とかを理解できないか理解しようともせずに騒ぐヤツが多過ぎる。
残念なことに読者が頭小学生なヤツばかりなのを読み間違えたのが最大の失敗だろう。確かにライターの力不足な所もあるが、分かるように説明しろ楽しませろと過度の要求をして叩いてばかりだ。

問題は選択肢だよ。
あれはキモチワルイ。ぐだが本編内でそういう言動をやらされるのはね。

俺は武則天の描写が引っかかった。なんで中国の女帝をあんなクズに描写にしたんだ。

いや、扱いは悪くないだろ。最後まで皇帝としての態度を貫いてしかも攻略の重要な役割担当したんだから。
そもそも武則天は女性で成り上がってというのが目立つだけで、中国の君主の中では中の中から中の下くらいだ。内政はそこそこではあるものの政争の強さメイン、そして外政はやらかしたわけだし、酷吏を強調するキャラになるのもしょうがない。

女性で皇帝になった時点で人気や知名度的な評価は高くなるからね、ただサーヴァントとしてのぶつかり合いになると難しい。

あの武則天の改変をよく受け入れられるな
武則天まで女体化するなんて、FGOはやはりクズだ。

お前の世界では武則天は女じゃないのかい?

違う、間違った!ロリ化だ!!

あれは14歳で後宮入りしたのと、野心に燃えてた時期での召喚だからじゃなかったか。
それと設定年齢は少女ではあるがロリ枠かは実は不明。ディスガイアとか見ると分かるが、あの絵師の描くキャラの中ではロリ体系では無いから単純に絵柄の問題という説もある。

ふふふ……我ながら変態に思えますが、私はロリ武則天が大好きでね……

密告!じゃなかった通報、通報だ!我らが中華文化を汚している!!
私はFGOの悪行の事例を集めて通報するために今後もロリキャラを収集し続けるぞ!

中国のサーヴァントはまた微妙なのが追加、結局マトモなのは李書文だけという状態が続く……

呂布や燕青はそれなりに評価されてないか?

あいつら弱いじゃん。

強さと言えば武則天ってゲームの性能的にはどうなの?

弱くはないが役に立つ局面が少ないかなあ。宝具がクイックだから現在の環境では難しい。

宝具と言えばなんで武則天の拷問宝具のランクBしかないんだ?あと拷問技術EXにしてもいいだろうに。

拷問の方向性の違いとかじゃないか。シナリオの扱いや設定だと処刑の方が目立ってる感じだったしね。
それに殺す方向での拷問と処刑に関しては武則天も目立つけど、呂后とかもっとヒドイのが上にいるからEXは無理じゃないか?武則天は制度についてはともかく、拷問については始祖じゃない。

武則天はイラスト見た時は微妙に感じたが、ストーリーでの扱いは良かったね。個人的にアガルタでの数少ない評価ポイント。

アガルタの評判の悪さはアガルタの前のシナリオの評価が高くて期待され過ぎたってのもあるんじゃないか?
シナリオ単体で見ればそこまでひどいレベルでは無いし、他のソシャゲのストーリーと比べればかなりマシ。

今までの高品質シナリオとそれに裏打ちされたキャラだから課金しているゲームなのに、急に質が下がって他のゲームに比べればまぁまぁのレベルだから受け入れろと言われても納得できるかよ。

戦闘の挟み方や敵の配置が難しいじゃなくてめんどくさいのもゲームの体験的に問題だったように思う。この章だけスマホゲーのストーリーと戦闘の配置に関する認識が遅れているといった印象も受けたな。

ボス敵を連発する所に1.5部から導入のブレイクゲージが加わってひたすらめんどくさいというのもあったね。
あとドレイクとかの既存のキャラを大事にしないのもFGOの中では珍しい。stay nightからして佐々木小次郎とクー・フーリン瞬殺とか、バッドエンドの凌辱展開もあったけど、FGOで露骨な下ネタで回避不能にしてくるのはどうかと……

だらだらと続く展開なのに、不快な衝撃与えようとするのだけは熱心なのがイカン。

なんでドレイクにわざわざカルデアと同一という設定付けてダユーに放り込んだんだろうな。
ドレイク絆MAX組の連中がキレるのも理解できてしまう。

四つの統治を哲学的だとか無理矢理評価するのは俺には無理だわ。
あと最後の展開もご都合主義な部分が露骨で醒めた。他の章もご都合主義はあるはずなんだが、なぜアガルタはこうもテンション上がらないのか……

タケシリリィが最後に立ち上がる展開自体は良いはずなんだけどね。
でも男女がどうこうというなんかよく分からない説教モードに入ってしまって、こっちの盛り上がりたい気持ちが置き去りにされた。

タケシもなんか唐突に一人で盛り上がって説教して……という感じだったからなあ。あいつは何が言いたかったのか。一応言っていることを個別に見るとまともなんだけど、まとめて見るとおかしな印象になる。
この説教に限らず、アガルタは全体的にシーンのつながりが悪くて、単発シーンを途切れ途切れで見せられているように思えた。

俺も最後のアレは何言っているか分からんかったがそこそこ燃えたぞ。
ただ所々のキモいギャグや選択肢はダメだった、なんだか常に変態くささを感じるシナリオだったし、真面目なストーリーに不真面目なネタを混ぜちゃだめだな。

事前の評判から予想していたのよりは良かったけど、特別褒める場所も無かった。

ストーリーの伏線も、偽娘サービスも、エログロ下ネタも、オタクギャグも、4つの都市と4つの統治も、男女の道も、褒める以上に批判が集まっている場所だ。
そしてそういった要素がごった煮になって、作者が何をやりたかったのか分からなくなってるのがアガルタ。

単純にライターの力不足か、スマホゲーのシナリオに向いていないとかじゃないか?あらすじでストーリーの構造を見ると別に悪くないし、キャラ設定も十分なレベルだ(実際この後のシナリオで活躍しているし人気も出ている)
ライターの下ネタ嗜好を強引に持ち込んだり、FGOユーザーからずれたオタク像を想像してウケ狙いに走ったりしたのが全体の印象を悪くしたのではないだろうか。

逆に良いところってどこだ……

キャラ設定?ただシナリオ内では単調だがな!

私はセーラー騎士もメイド騎士も大好きだ!

シェヘラザードの描写はそこそこ良かったと思うよ。
後で実装される幕間は普通に良いし、あれが同じ水瀬担当だとしたら起用する場所のミスという方向で考えても良いんじゃないかね。

シェヘラザードは性能はともかくキャラはかなり良くなっていくんだよね。この後の水着イベントでニトクリスとカップリングされるが、それでかなり良い味を出す。

極端な女権社会は今の時代に一石を投じるものだと思います!

コロンブスの顔芸は良かったよ。
ただ同行キャラが実は敵っていうのは簡単に予想でき過ぎたからコロンブスもシェヘラザードも見せ方を工夫して欲しかった。
他の1.5部のシナリオも大体似たようなボス敵の配置だけど、どれも一ひねりあるからアガルタの評価は低くなってしまうかな。

シナリオはそこそこレベルで私は特に悪いとは思わなかったが、藤丸立香の言動や選択肢に強烈な不満を覚えた。
どの選択肢もこれまで積み重ねた立香からズレているし、下ネタや空気読まないオタクネタで普通に気持ち悪い。

俺は楽しめたぞ。スマホゲーのストーリーなのに読者への要求が高過ぎたのが失敗だな。小学生レベルの頭のヤツが多いのに哲学的な内容を入れても理解されないし叩かれてしまうよ。

理解できるとか以前に、シナリオの出来やゲーム体験のクオリティが低い時点でアカンだろ。評価する際の比較対象はFGOの他のシナリオになるわけで。

第一部も四章とか微妙だし、その辺りと比べると作りはまだしっかりしてはいると思うが、第一部終盤のきのこシナリオとか、更に直近のCCCのきのこシナリオを体験しちゃった後だとね……しかもこの後が1.5部の中でも高評価な下総だろ?

ヒドイわけでもないが、無難というわけでもない。
アガルタはそのテーマから絶対に賛否両論になったはず。ただ本編ストーリーのクオリティが足りなかったから、否定的な方向の声が大きくなったんじゃないだろうか。

私もシナリオの素材やあらすじの方向性は別に悪くない、むしろかなり良かったと思う。だがそれを活かせずに終わってしまったと感じたよ。



とまぁ、こんな感じで。
日本とはまたちょっと違う所もあるようですが、他の章と比べるとネガティブ寄りな反応が多いようでした。

ただ炎上するといった流れではないそうですし、情報が初めて出たばかりの頃はちょっとした炎上が起こった武則天に関しても不満を感じる人はいてもそこからゴタゴタするといったことにはなっていないとかなんとか。
この辺りの落ち着き具合については、中国語版が実装される前に既に大まかな情報が広まっていたことによる影響もあるのでしょうかね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。