10月の新作アニメがぼちぼちと始まってくる時期ですが、中国オタク界隈でも新作アニメに関する話題が出始めています。

そんな中、まず比較的大きな話題となり注目されているのが
「転生したらスライムだった件」

のようです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「転生したらスライムだった件」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


新作アニメの「転生したらスライムだった件」が良い感じだ。10月の新作は最初から見る価値がある作品に出会えて嬉しい。

なんかこの作品って、妙にお金かけてない?
異世界トリップ系なんで手抜きだと思っていたんで驚いた

私もそう感じた。意外に予算を使っている金持ちアニメ?今期の追っかけて損は無さそうな作品リスト入りだ。

OPや第一話の描写を見た感じではなんかポケモンバトルみたいな印象も受けた。

OPが随分と動く。正直予想外だ。
異世界トリップ系のテンプレ作品だから、適当な所でまとめるアニメだと思っていたんだが。

マンガ版が好きだった自分もこの第一話には満足だ。

特に情報集めてなかったからクオリティの高さに驚いた。
原作も読んでみたいんだが、どれに手を出せばいいのかね。

手軽な所だったらマンガ版だが小説版も悪くない。あと原作小説はweb版から商業版にする際にかなり手を入れているから、その辺も意識しておくといいかも。
日本のネット小説の商業版では改変も含めて丁寧に作られているのもアニメ化クラスの人気になった理由らしい。

最初は萌え重視のレベルアップ、その後に俺TUEEEEEや戦略的な戦いになる上手い構成と内容だよね。

第一話を見た感じでは細かい所にも気を使っているし、スタッフが作品を理解しているように思えた。テンプレ系のダメアニメによくある最初から漂う予算不足の気配もないし、当面は心配なく見られそうな丁寧に作られている作品だと思う。

ボイスの変化やスキル獲得とか、細かい所の表現も面白いね。ツンデレ暴風竜の表現とかはアニメによる恩恵だろう。

ネット小説の特殊能力の説明を大量に並べて文字数を稼ぐスタイルをああやって表現するのは上手いと思ったね。

でもストーリー展開が平坦過ぎるというかお約束の流れ過ぎるようにも感じるんだよなあ……テンションの上げ下げが激しい展開や波瀾も無く主人公が悪いヤツを倒して仲間獲得してハーレムを築くというヤツだ。
自分がこの手の作品を見飽きているというのもあるんだろうけど。

原作が始まったのが2013年だからな。
あとこの手のジャンルは気楽に見れるのを重視するからストレスを減らす方向になることが多いからね。

「オーバーロード」や「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」のように中年キャラがトリップしたり転生したりする場合は、主人公視点で見ると淡々とした展開になることが多い気がするね。そして少年系だと独特な方向に行ったり逆にツッコミ所だらけになったりするような気もする。

アニメ版はこれでも序盤を変えて盛り上げてきているんだけどな。この手の作品の序盤は安定重視、レベルアップ体験な展開になりがちなのは否定できない。

ネット小説原作アニメは原作から構成を変えてくることも少なくない。
この作品に関しては最初からテンション上げてくるタイプなのか、説明から入るなのかと気になっていたが、まさかあのキャラの描写を最初に持ってくるとは。

最初のあの第二次世界大戦?の話っぽいのはどういうこと?
トリップするのが複数人いるであろうことは何となく想像できたが。

あれは今後に出てくるキャラに関係するけど、当面は気にしないでいいよ。

それにしても、おっさんで始まって萌えるスライムになるとは!

ドラゴンもスライムも萌えキャラか……

主人公に関しては最初の現代で死ぬまでの展開はいつものだったが、パソコンのHDDを気にする描写に深く納得してしまったよ!!

あれは現代社会に生きる人間の真実を表現している。

あまりにも表現し過ぎて、異世界転生系の話を見ているのを忘れてしまった!

死ぬ間際に伝えたい事は何か、PCのデータの破壊だ!

このネタとキャプ画像をそこら中で見かけるから気になってアニメの方も見てしまったが、アニメの方も普通に面白い予想外の収穫でちょっと得した気分だ。

PCの破壊に関しては第一話の最後まで気にしてたからな。

そして最後の後輩の破壊の仕方に笑ってしまった。危ない!だが容赦なくて良い!

あの後輩、ディスプレイまで一緒に浴槽に沈めるとは……

でもあれって通電していてもデータの復旧は可能じゃないかね。
死亡するのはディスプレイとマザボで他は何とかなりそうな気もする。SSDだったら特に。

あれは原作通りの特殊能力取得条件だからしょうがない!
でもデータの破壊と復旧についてはちょっと考えてしまうのも確かだね!

よく見ておけよ、あれがお前達の未来の姿だぞ。
会社員で37歳で彼女無し。

10月新作アニメで最初の大きな話題が37歳童貞PC破壊の願いになるとは。
まぁ作品自体もしっかりとした出来だし悪くは無いんだが。

さすがは主人公キャラだ、心配することが他のキャラとは違うぜ。

童貞でPCの中にはたくさんの見られたくないデータとか、分かり過ぎてしまう。こんな感情移入できる設定を使うなんて、作者はズルい!!

大学卒業して37歳でそれなりの給料もらっているけど彼女は無しか……
普遍的な社畜像なんだろうけど、彼女もいないというのがね。仕事の圧力というか、就職の圧力は大きいんだな……

37歳でそれなりということは建築会社の主力人材だろうし、給料もあって住む所もきちんとしているなら社畜ではあるかもしれないが、独身貴族のカテゴリにも入ると思うんだが。

私も独身貴族の方だと思ったな。わりと成功している部類ではないかと。
仏系的というか、仕事方面で成功しているから、本人が彼女いないことを自嘲しながら受け入れているのもなんだか納得できてしまうのが。

そもそもだね、いったいどれだけの人間が自分の死後のHD破壊を頼める友人がいると思う?その点からしてもこの主人公は悪くない暮らしをしていたのではないだろうか。

俺はヤバイ物は全部外付けで持ち歩いているから大丈夫……大丈夫なんだ……

このアニメを見てから、自分のPCとデータのパスワードを強化した。
万一というのを意識してしまってね。

私は自分のPCのセキュリティは大丈夫だからそういう心配は無いわ。

本当にそうかな?完璧なセキュリティは無いぞ?物理的に破壊でもしないと!
それにこのアニメのように突然の死ではどうなるのかという話でもあるぞ?

PCに関してはどうしても直前の使用関係の履歴やデータが残るし、なんだかんだでデータぶっこ抜きとかの方法あるからねえ。

ところで、第二話はゴブリンのようだが日本のファンタジーはやはりゴブリンを入れないといけないわけか。

第二話、ゴブリンスレイヤーの襲来……!?人気の勝負的に!



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈では「転生したらスライムだった件」のアニメ第一話の出来は上々という評価のようですが、それ以上に転生前の主人公死亡事件で今わの際にPCのHDの中身を心配するという展開が話題になっているとかなんとか。

これからしばらくの間、中国オタク界隈ではは新作アニメの話題がイロイロと飛び交うかと思われますが、10月のシーズンは最初からわりとネタ寄りな話題が出て盛り上がっている模様ですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。