ありがたいことに
「中国で過去に大人気になった『とある魔術の禁書目録』の第三期の反応は?」
という質問やネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

「とある魔術の禁書目録」は「超電磁砲」の方も合わせて中国オタク界隈では一時代を築いた作品で、中国で日本のコンテンツに本格的なハマり方をするオタク層が増加していく過程で人気や話題の中心となった作品の一つです。

現在の中国オタクの主流となっている世代にとってはやや過去の作品ではあるものの、定番化した作品関連の話題やネタが現在も普通に飛び交っていますし、リアルタイムでハマった上の世代からの支持は相変わらず強い模様です。

今期の新作の
「とある魔術の禁書目録III」

については、中国オタク界隈では長いことネタ混じりで言われていた
「禁書三期はまだか」
というのがついに実現したということで大きな話題となっていますし、アニメの配信開始前からかなり盛り上がっていたのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「とある魔術の禁書目録III」
に関するやり取りなどを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(今後の展開に関するネタバレっぽいものもあるので一応お気を付けください)


ついに「禁書」の第三期!10年経っての続編だ!

10年か……2期から考えても8年……長かったな。

禁書三期はまだかというネタ扱いになってたセリフが実現してしまうとは。
でも嬉しいのは間違いない。

第三期の第一話を見た自分の感情が言葉で言い表せない。
出来がスバラシイわけではないが、安心できるレベルではあるし、ちゃんと始まったこと自体は嬉しかったりで……

ふーむ、美琴に壊された自動販売機も10年ぶりに修理されたようだな。
待った時間も長かった……

批判もわりと出てるけど、こんなもんじゃないか。
昔の人気や待たされた時間から期待され過ぎていた感もある。

「禁書」のアニメは元々そんなにクオリティが高かったわけじゃないぞ。角川のラノベアニメだと、待遇は一段落ちる。「ソードアート・オンライン」や「俺妹」とかと比べるのは厳しい。

二期は時期的には「俺妹」と同じくらい、「Fate/Zero」の前くらいだったか。
この辺りから版権獲得と正規配信の流れが加速したが、今考えて見ると「禁書」も「超電磁砲」も既にみんな見終わった状態だったから買ってもあんまり伸びなかった。

新作が出てれば違ったんだが、人気作品の流れが別方向に行ったからなあ……

監督も同じだし、一期二期と同じ作風にするという方針らしいが、実際安定しているな。俺はこういうのがいいんだよ。

J.C.STAFFの作品だと宣伝も目立たない、何をやっているのかよく分からんことになるからな。
個人的には「禁書」はストーリー削られ過ぎないで動いて喋ってくれればいいや。

早速ストーリーの削除が目に付くが、全体的には予想以上かも。
上条当麻とかのキャラもカッコ良くなってるし、このまま行ってくれると嬉しい。

導入に予告にとお色気サービスのはさみ方が10年前のノリに感じられて落ち着く。この監督相変わらずだな!
ストーリー削る件については前科もあるし覚悟は出来ている。

第一話見た。特別優れているってわけではないが、安定はしている。作画崩壊がどうこうというのについては今の感覚で見ると粗が目立つかもしれないが、昔はこんなもんだったというか。

でも前期の方が良かった気もする。

この10年でアニメもこっちの視聴環境も進化しちゃっているからしょうがない。
絵柄が変化していないのは確かだが、10年前のものでもあるから今の時代に見ると引っかかるものがあるのも確かだ。

bilibiliの初期の勢いの原動力の一つだったし、その後の伝説もあるから第一話の勢いはかなりのもんだな。有料会員限定なのに第一話始まってすぐに再生数50万超えだ。
でもこの後はどうなるやら。

うーむ……この後のストーリー展開を考えても、クオリティを考えても今の時代に盛り上がるようには思えんし、言っちゃなんだが第一期第二期を見ていた俺達「老人世代」向けの作品なんじゃないかな。

いきなり入浴シーン、そしてインデックスがいつの間にか自分の中では貧乳扱いになっていたのに気付いた。

インデックスの声こんなんだっけ?自分の記憶にも自信が無いが……

アニメで続きが作られるだけで十分だよ。俺はこの8年間ずっと待っていたんだ。

物足りない所やガッカリする所はあるが予想の範囲内。まあまあだ。
あと効果音がちょっと変わったか?

第一期第二期と今では制作側も視聴側も環境が変わり過ぎているから比較し難いな。
こっちの環境だけで考えても、当時は正規配信とか版権とか何それという時代だったし、「禁書」の再生数がどうこうとか考えるのはなんだか少し不思議な気分だ。

普通に楽しめる第一話だった。しかし以前のストーリーかなり忘れているわ。

先輩達に聞きたいんだけど、前の部分見ていないけどこの第三期から見始めても大丈夫かな?ちゃんと楽しめる?

全く何も知らないと厳しいかもしれないが、「禁書」や「超電磁砲」の定番ネタを知っているくらいなら楽しめるんじゃないか。

俺も既に前の部分のストーリー忘れているから気にするな!なんとか思い出したりキャラ解説まとめみたりしながら追っかけてる。今更ネタバレ怖がる作品じゃないし、気軽に見ればいいのさ。

禁書や超電磁砲のアニメは当時のオタクの基礎知識だったが、続きを小説でガッツリ読んでいる人がどれだけいるかも分からんしな。

実際、新約の方まで原作小説を追っかけている人は少ない。世界観の広がりとか、それ以前のエピソードの裏事情の補強とか面白いんだけどね。

新約は巻数が多過ぎていつの間にか追いかけきれなくなった……

確か第三期相当のストーリーで考えると次に五和が出てくるんだっけか。
どうなってたっけ……一応アニメ版にも五和が出ていたのまでは覚えているんだが。

今回アニメ化の部分では五和がヒロイン枠になるんだろうか?

五和については実際は後方のアックア編みたいなもんだからな。活躍はするはずだが、アニメにおけるヒロインとしての扱いはどうなるやら。原作でもかなり長い間出ていないし!!

事前のPVから予想されていたことではあるが、一方通行はまだ出ないか。彼はどのタイミングで投入されるのか。

見た感じでは第二話、少なくとも比較的早い段階で出ては来るだろう。

そして始まるフレンダ死亡までのカウントダウン。

本当に腰斬されるキャラ。登場も活躍もここまでだ!
(訳注:中国語の「腰斬」は酷刑としての字面そのままの意味に加えて、物事が途中で終わりになってしまうという意味でも使われます。そこから転じて作品の打ち切りの意味としてもよく使われます)

ああ……彼女が芙蘭)(達になってしまう……

アニメ版でフレンダの救済って無いの?あんなに人気がある良いデザインのキャラなのに。

彼女については作者が殺す衝撃を強化するためにキャラデザも萌えも強化したらしいからな……

フレンダは死んでからの方が関連するエピソードが多いから無理だろ。今後の原作ストーリーで復活するのを期待する方がまだ可能性はある。

新約で死んだフレンダ関連のエピソードもキャラクターも多いからな。
それにフレンダのバッサリ死亡はネタとしても定番中の定番だからアニメでそこを変更するのは作品の人気的にもありえんだろ。日本でもネタになっていて、彼女について検索すると真っ先にフレ/ンダが出る状態なんだぞ。

本編はあれで構わない。
ただOPやEDが以前に比べて明らかに劣るのはどうかと思った。以前のOPの人を連れて来るとかは無理だったのか、商業上の理由なのか。

なんか薄いよね。テンション上がらず眠くなってしまった。

川田まみが引退してしまったからしょうがない。10年ぶりの続編だからしょうがないんだ。
歌詞だけでも書いてくれたのだから十分だよ。

川田まみの歌もそうだが、あの頃特有のエフェクトがかかったアニソン好きだったんだけどなー

私も禁書目録のOPを初めて聴いた時は衝撃的だったし、深く印象に残っている。しかし考えて見るとアニソンの傾向もかなり変化しているな。

クオリティの違いもあるだろうけど、こっちの好みの変化や経験の蓄積というのもあるぞ。
二次元系の歌は「禁書」とか「シャナ」の時代の後にボカロの時代があったわけだし、それと並行してニコ動系のアーティストが出たりもしているからね。

それにしても「禁書」の三期アニメが始まるのに、俺の「涼宮ハルヒ」は……

「涼宮ハルヒ」の方もなんか新作小説出るらしいぞ、短編だが

それ本当!?



とまぁ、こんな感じで。
アニメの内容だけでなく、作品の外側の動きや前期がやっていた頃の思い出などでも盛り上がっているようでした。

内容に関しては大好評というわけではないようですが、中国オタクの上の世代にとっては自分がオタクになった頃に盛り上がっていた思い出の作品ということもあり「これはこれで良い」といった評価になったり、「上の世代が気楽に見られる作品」といった扱いにもなっているとのことです。

こういった需要が出てきているのを見ると中国オタク界隈の時代の流れの積み重ねを感じられますし、私もなんだか不思議な気分になってしまいますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。