今回は以前教えてもらって後回しになっていたネタを。

「日本語のキャラクターの名前」
というのは中国オタク的にちょっとした悩みの種になることもあるそうです。

中国語には日本語のカタカナ表記的な使われ方をされるものはありませんし、英文表記というのもあまり使われませんから、ひらがなカタカナの名前は全部漢字表記になります。

またキャラクター名を入力する場合は普段使わないような漢字の組み合わせになることから、入力の手間がかかる上に間違いも頻発するというなかなかにめんどくさいことになっているとかなんとか。
(これはキャラの名前が全部漢字表記でも日本人の名前なので馴染みの無さはあまり変わらないそうです)

そんな訳でネット上のやり取りでは「黄毛」「黒長直」といった髪の色や、「学長」(先輩)といったキャラの立ち位置など簡単なあだ名でキャラを呼ぶことがよくあります。またそういった手軽に使えるあだ名の中には
「数字表記になっているあだ名」
というのもあります。

この数字化されたあだ名については、
・中国語の数字の発音で日本語発音に近いものをあてる
・キャラクター名の漢字の中国語発音で数字と同じ或いは近い音になるものをあてる
・名前の漢字の中に数字が入っているからそれをそのまま使う
・日本で使われているものがそのまま広まる

等々、様々なパターンがあるそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「中国オタク界隈で使われている数字表記のキャラのあだ名」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


手軽なのもあってかそこら中で数字のあだ名が飛び交っているけど、自分がそれを把握できているか自信が無い。数字化されたあだ名である程度広まっているのをちょっとまとめてみないか?

かなり広まって定着したのだと「リゼロ」の「486」(スバル)だろうか。

最近FGOでまたよく見かけるようになった「空の境界」の「214」(両儀式)、そして215(剣式)
(訳注:中国語では「二つ」などの数える時には二ではなく「両」を使うのでそこから2になったようです。また215は星5レアの両儀式で21「5」だとか)

FGOだと「1001」(シェヘラザード)もちょこちょこ見かける。キャラ名入力するのめんどくさいから数字になるのは理解できる。

最近のだと「りゅうおうのおしごと!」の九頭竜八一はすんなりと「81」になったな

「02」(ゼロツー)はそのまんまだよね。

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」は設定もあって番号呼びが多いよね。
「015」(イチゴ)、「016」(ヒロ)と。

キャラがほぼ数字呼びなのだと「家庭教師ヒットマンREBORN!」もある。
「27」(沢田綱吉)をはじめイロイロと。

リボーンの時もダリフラの時も何も知らずにファンのやり取りを見ると意味不明過ぎだな。

私は実際そうなった。リボーン系の所に初めて行った時はスレの名前でさえ意味不明で困惑した。

リボーンの数字呼びは日本からの影響が大きいはず。
その手の創作の用語として日本のがそのまま使えるとかいう話だ。

「黒執事」の「384」(セバスチャン)はどうなんだ?これも日本?

いやそれは「384」の中国語発音だからこっち発のあだ名じゃないかな。

「114514」は?アレ由来が分からんのだが。

田所浩二は明らかにニコ動じゃねえか!

「72」……くっ!

「アイマス」の千早も「72」で定着しているね。
「艦これ」当たりもこの手の数字化が結構多いと思うけどあんまり外で使われているのは見ないかも。

このネタなら「500」(千斗いすず)がしっくりくる。
(訳注:「いすず」の中国語表記が「五十鈴」で鈴と零が同じ音なので)

この手の数字呼びで最初に知ったのは「614」(ルイズ)だったかな。「ゼロ魔」が最初だけど、「ガンダム00」のルイスもこっち呼びになったりしてた。

「ガンダム00」のルイスだったら「37」(沙慈)とセットじゃないと混乱する。

数字のあだ名と言えばやはり「ゼロ魔」のルイズの「614」のイメージだね。

昔の作品だと三千院ナギの「3000」とかもあったな。

「XXXHOLiC」の「41」(四月一日君尋)も!

この手のあだ名で最初に広まって定着したのは「1096」(朝比奈みくる)だろうな。
(訳注:「みくる」の中国語表記が「実玖瑠」なので中国語発音だと10、9、6とできます)

「」(チルノ)はどうだろう?

そっちは入力的にちょっと微妙じゃないか?東方なら「16」(十六夜咲夜)の方がこのネタでは妥当。

一応「9」でそのまま使うこともあるし……
東方は「81」(八意永琳)とか、他のキャラにも数字のあだ名があるね。

昔のだと……ああ、そう言えばガンダムSEEDの「8766」(ナタル・バジルール)とかもあったな。

えーと、ここまで出ていないのだと八九寺真宵の「894」かな
(訳注:中国語では「寺」と「四」は同じ音です)

思い出した、「舞-HiME」の鴇羽舞衣の「51」とかもあったわ。
(訳注:中国語では「舞」「衣」と「五」「一」は同じ音です)

舞衣という名前は「51」になるな。誤変換で即それになったりもするから。
近頃では「刀使ノ巫女」の柳瀬舞衣も51呼びが出てる。

最近は翻訳やネタ用語がハッキリしてきたから簡便さの意味合いが強い数字はあまり広まらなくなっている気もするな。
定番になるような組み合わせはまだ強いが。

そう考えると「ダーリン・イン・ザ・フランキス」は久々に数字のあだ名が飛び交った作品なのかもしれん。

数字の場合は入力が楽、ファン同士の交流の際に間違いが少ないというのが大きいのかもね。ファン同士で名前を間違うとかとても恥ずかしいから。

定番の名前、よくある日本語発音の名前は同じ数字呼びになることも少なくない。
例えば「ミク」は「39」になるとかだな。最近だと「五等分の花嫁」のヒロインの中にも「39」がいたな。

でも初音ミクは「初音未来」になっているが……

初音ミクも「39」呼びが無いわけじゃないよ。日本では普通に39ネタで扱われているしね。

数字のあだ名ってネタ要素が無いから定着しにくい所もあるんだよな。
例えばルルーシュにも「669」とかあった気がするがあんまり定着せんかったな。入力の手間も音の違いもそんなでもないし。
もちろん簡単だから広まる時はスゴイことになるんだが。

最初の方に出てた「486」はまさにスゴイ広まり方の例だろう。

定着しないというかいつの間にか使われなくなったのにはFateの「48」(セイバー)もある。今じゃ呆毛(アホ毛)呼びが基本だ。

サーヴァントが増えたからクラス呼びがハッキリしなくなってきたからな。
いやそもそもアルトリアが増えすぎているんだよ!もうアルトリアのいないクラスの方が少ないじゃねえか!!


とまぁ、こんな感じで。
昔の作品から最近使われるようになったのまで、イロイロな所から出て来ていました。

上のやり取りにもありますが、数字表記のあだ名は実用重視(?)的な所があるというのは確かなようで、いったん広まれば流行り廃りがあって局地的になり易いネタ寄りのあだ名よりも使われる寿命が長いという話も聞きます。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。