今年の管理人的FGO予算の残りを全て投入しての勝負に入っている今日この頃、確率的には相変わらずダメな方で裏切られていますが前半戦は兵力半減……いや6割減程度でどうにか目的達成できたので、その勢いで今回の更新を。
今回はFGO第2部 第3章のネタバレ有りの内容ですのでお気を付けください。


前回の記事
中国オタク「老虚がシナリオ!?嬉しいが危険だ!」FGO第2部第3章に対する中国オタクの反応ネタバレ無編
を書いてから、ありがたいことに更なるネタのタレコミや質問をいただいておりますので、今回は現在の中国オタク界隈で比較的ハッキリとした反応が出て盛り上がっているFGOの始皇帝関係についてを。

そんな訳で以下にここ数日の中国のソッチ系のサイトで行われていた
「FGOの始皇帝」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(長文の熱い発言も飛び交っているのですが、さすがにそっちを訳すのは骨が折れるので、目に付いた中で手頃な所をピックアップしたものになります。いつも以上にイイカゲンな紹介になっていますがどうかご容赦ください)


始皇帝は予想してたのと全然違ったがカッコいいぞ!凄いぞ!

政兄貴はキャラ造形が本当にカッコイイ。
賢者としても智者としても、そして人としても。

始皇帝のキャラは普通の存在との距離感が絶妙だと思う。圧倒的に上にいるが、隔絶した全く別の存在というわけでもない。あの距離感はこれまでFateに出てきた格の高い王キャラ達とは違うものだ。

虚淵玄は本当に上手く始皇帝のキャラを動かしたと思うよ。

始皇帝のキャラ設定は誰がやったんだろう。虚淵玄がやったのか、奈須きのこがやったのか。それとも奈須きのこが基本を作って虚淵玄が整えたのか。

老虚は演出や詩の使い方とか布袋劇のノリを持ち込んで活用しているように思う。
さすがは霹靂と組んでやっているだけはあるな。

始皇帝は本当には良いキャラで出て来てくれた。
私の来期の課金スケジュールを変更しなければならない!!

こっちに実装されるまで一年ちょっとあるけど石の貯蓄を始めます。

私は待っていられない。ここ数日ずっと日本版のアカウントを作りたい欲望と戦っている!

始皇帝のキャラ、特に性格はパーフェクトだよ。
元々私は歴史上の人物として始皇帝が大好きだったが、FGOで彼に付与されたキャラのおかげで更に好きになった。

自分もキャラの性格については不満は無い、だがデザインはちょっとアレだ。

デザインもやはり予想外の変わったスタイルで来たな……

キャラとしてはおおむね好評だが、絵に関してはさすがに好き嫌い分かれるね。蛾みたいでなんか嫌だとか、不思議なエロさを感じるというのとかもある。

FGOという作品の性質上、カードで表示されるキャラデザの影響はどうしても大きくなるからね。ただキャラの中身のデザインやストーリーでの活躍も重要だ。
俺の内部でもFGO始皇帝の評価は急激に上昇中だが、それについてはストーリーによる加点が大きい!

絵をまず見た時は受け入れ難かったが、ストーリーでの活躍を知ってグッと来た。

第一印象はなんかこう、ゲイっぽいな……と思ったが、段々と情報が入るにつれ引きたくなった。ストーリーでの活躍、キャラの性格、キャラの格の高さ、そして強さとどんどん素晴らしいサーヴァントに思えて来たね。彼のような存在はもう出てこないかもしれない。

まぁイロイロな意味で中国関係だと政兄貴が上限だろうな、特にこっちの好みという意味では……!

キャラデザは……うん、初見では殺馬特の一種かと思ったよ!
でも実況やストーリーのまとめを見て将来の課金を決めた。石は溜めていられる自信が無い。
(訳注:「殺馬特」というのは日本のビジュアル系の影響もあるとされる中国の若者のスタイルの一つです。若い世代の農民工のファッションというイメージもあることから、あまりカッコ良い意味では使われないとか)

始皇帝のデザインは羽化登仙を意識したものなんじゃないか?
そっちの要素も含めているとしたら、かなり考えられたデザインだと思う。

ストーリーをクリアしてから始皇帝も項羽も引きたくて引きたくて。
振り返ってみると、自分の中の始皇帝の印象が最初と最後で随分と変わったように思う。最初にネタバレ情報でイラストを見た時は「ダメかもしれない」という思いが脳内に満ちたが、今ではあのデザインを含めて納得できている。

キャラデザが嫌いという人もいるようだけど、私は虚淵玄の描いた始皇帝は大好きだ。
あんな高みにいる(物理的に)サーヴァントはいないぞ!

始皇帝は星の規模の宝具、グランドクラスのルーラーだからな。
ダメ元で期待していたのより更に上の設定になるとは。

FGOの世界観では、今の所最も格上なのが始皇帝になった。
金ぴかが始皇帝に対して何と言うかが楽しみで仕方ない!

異聞帯の設定も含めたキャラ設定も意外な方向できたね。
秦で科学技術の方向に行くとは思いもしなかった。衛星やら長城が宇宙にある秦とか、設定を飛ばし過ぎだろう!

秦が仙術を組み込んだ先進科学技術国家になって始皇帝が世界に覇を唱えるとか予想もしなかったわ……
しかも宇宙艦隊まで備えた宇宙の勢力圏を確立するとかもう何が何だか。陳勝呉広は反乱を起こせたのだろうか?

いや、秦が宇宙艦隊持っているとかはデマだぞ。
地球統一はしたが、宇宙に関しては基本的に守りに入っているだけで長城建設がその限界でもある。

今回はいつもの初動のデマに加えて、これまでの心配の反動か拡大解釈やり過ぎからのデマも広まりまくっているような気がする。
宇宙艦隊もそうだが、セファールを倒せるとか倒したとかも見かけたし、古代の秦の技術=発展した現代異聞帯の秦の技術レベルだと思い込んでの発言とかもわりとある。確かに古代の時点で項羽の制作とかはあるけどさあ。

項羽については元は人間で始皇帝に倒されてロボに改造されたなんてデマもわりと見かける。これはそのうち訂正されると思うが、汎人類史における項羽の設定も含めてちょっと混乱する恐れも……

始皇帝はグランドルーラーで人類史を裁定する存在とかいうのもそこそこ見かけた間違いだ。
劇中でグランドクラスレベルの霊基とは言われていたが、グランドクラスのどこに該当するのかは明言されていないし、それにグランドクラスの設定上七騎七クラスなので、ルーラーのグランドクラスは今の所無いはず。

あと上でも言っているヤツがいるけど始皇帝が現時点で最上位の格だみたいな認識もちょっと危ないね。
今後他の上位クラスのサーヴァントが時に始皇帝とどっちが上かでもめたり、「始皇帝が最上位の設定なのにおかしい」とか言い出すのが出そう。

既に覚者くらいしか互角なのはいないみたいな認識の人も見かけるんですが……

確かに始皇帝は非常に上の存在として設定されているけど、グランドクラス的な存在とまでしか言われていないからね。
始皇帝が上限というわけではないし、他のグランドクラスと比べてどうなのかはハッキリしない。そもそも他の異聞帯がどうなのかとか、あと汎人類史の始皇帝がどうなのかもハッキリしない。

恐らく始皇帝に関しても他の上位サーヴァントとどっちが上かというのは明確にしてこないと思う。ギルガメッシュとオジマンディアスの関係みたいにね。
ただこの二人が始皇帝にどう言及するか、始皇帝がこの二人にどう言及するかは気になる。とても聞きたい。

ギルガメッシュやオジマンディアスとの絡みも気になるが、武則天が始皇帝に対してどんな台詞を言うかが気になるわ。
ニトクリスと他のファラオみたいなことになるのか、ネロとローマみたいなことになるのか、円卓騎士サークルみたいになるのか、それともエリザベートとヴラドのようになるのか……

サンタアイランド仮面と幼ジャンヌの関係みたいな可能性もあるぞ!

あとはなんだろ、記録や記憶、想像していたのと違う!ということになる可能性も?

デマはともかく始皇帝がもしサーヴァントとしてカルデアに加わったら、カルデアの技術がトンデモナイことになってしまうのではないだろうか……!ダ・ヴィンチもテスラもいるんだし!

異聞帯の知識適用したら剪定の対象になっちゃうんじゃないのとツッコミを入れてみる。

秦の異聞帯の技術は進んでいるけど使用リソースが莫大で小型化されていないというのも特徴だから、カルデアにそのまま適用するのは無理だと思うぞ。
バイオ技術とか仙術関係の技術はあるだろうけど、今の時点でカルデア側にとって役立つ技術は無いはず。

こっちではまだあまり意識されていないけど、その辺りで結構皮肉もきいているからなあ……多多益善号のネタとか、シャドウボーダーを解析してバラしたけど元通りにする際にネジが余ったとか。あと百姓の扱いとかについても考えさせられる。

皮肉もそうだけど、話の雰囲気もどの程度共有されているのだろうか……

箇条書きだからあんまり伝わっていないが、今回の秦シナリオはかなり軽いんだよね。
それが悪いわけじゃないけど、恐らく虚淵玄の愉悦的展開を期待したら外れる。赤兎馬とか多多益善のアレとか。

「韓信将兵、多多益善」をあんなネタでやって来るとは思わなかったよ!しかも多くてもダメだったし!!
(訳注:「韓信将兵、多多益善」「多多益善」は「多ければ多いほどいい」という意味の成語です)

そこだけ見ると経験値がぐだぐだ始皇帝をやりやがったのかと思うよな。

ちなみに経験値成分もキッチリ混じってるぞ。
最後の方で、名前は出ないが宝具で分かる。

ところで、これ喜んでいるのウチの国の人間だけで他では冷ややかな目で見られたりしていないか?
さすがに盛り過ぎみたいな所はあるし。

日本でも今の所新サーヴァントについてもストーリーについても炎上はしていないようだし、肯定的な意見も多いから大丈夫なんじゃないかなあ。

ウチの国で考えられている方向とはズレてはいるが、Fateでは昔から中国要素はかなり強めの扱いだったし始皇帝や秦をスゴイことにしてもそれほど反発は出ないのでは。

終わってみればとても素晴らしいエピソードだった。
最後に「月下独酌」を持ってきたことにより武侠的な空気が漂ってさえいた。やはり虚淵玄は良い。

虚淵玄は武侠ロマンを書けるからな。
エンディングに李白の詩を使うのは本当に良かった。始皇帝こそ天上の明月だ。

ところで日本人のやり取りを見ると「朕」の使い方勘違いしているヤツが多いんだが……始皇帝を「政」とかでもなく朕で呼ぶとか、あれはもにょる。

さすがに「朕」の使い方については日本人も分かってるだろ。天皇関係の発言だってそうなんだし。
ただ日本の作品の皇帝キャラは一人称で朕を使うことは無いしこっちと違う認識が混じっている可能性はある。FGOでも余だったりするし、あと武則天は日本語原文では「妾」だったはず。

FGOの武則天は中国語翻訳だと「朕」になってなかったっけ。私も日本の創作における皇帝の一人称はちょっと混乱してる印象があるな。

始皇帝のあれは恐らく日本ではネタバレをしないというマナーが強いのと、あだ名で呼んだ方がキャラが立つネタ度の関連から始皇帝を代名詞的に「朕」と呼んでいると思われる。



とまぁ、こんな感じで。
事前に中国オタク界隈に蓄積していた不安からの反動もあってか、かなりテンションの上がっている方も少なくないようでした。

ただ中国でシナリオを実際にプレイした人はやはり少数派になりますし、現在中国に伝わっている情報は基本的には翻訳を通じてのもの、伝言ゲームを経由してのものになるので情報に関してはちょっとした混乱も続いているとかなんとか。

また翻訳についても翻訳した人の把握している限りでのあらすじ、要約といった所があるので、どうしても伝わり難い情報や、ズレて伝わる情報、注目されない情報というのも出てきてしまう模様です。

例えば今の所、某赤兎馬のセリフやグリリ馬な所などはなかなか話題になっていないそうですし、韓信についてもキモオタ的なキャラデザは話題になってはいても、あの濃いキャラと言動についてはあまり話題になっていないとか。

この辺りの伝わり方についてもイロイロと興味深いものがありますが、今の所始皇帝や項羽以外のキャラについてはあまりきちんとした反応は出ていないので、様子を見ながら別の機会にでもまとめてみようかと考えております。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。