年末が近くなって私の周辺もゴタゴタしております……ありがたいことに手頃なネタのタレコミと質問をいただいたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈ではラブコメ作品に限らず、複数のヒロインが出る作品のヒロインの勝ち負けが定番の話題となっており、ヒロインごとに党派が形成され日夜不毛な争いで盛り上がっている模様です。

ただ作品本編でヒロインの恋愛模様に明確な勝ち負けが付くと、争いが本格的に荒れたりその後に禍根を残し易いというので難しい所もあるのだとか。

中国のソッチ系のサイトでは
「負けたヒロインはどういう扱いをすれば良いのか」
などといったに関するやり取りが行われていたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


みんなヒロイン党争大好きだけど、負けヒロインのその後はどう解決すれば問題無いのだろうか?
紛争が長引くのは作品ファンとして本意ではない。

紛争が長引くから作品の人気が維持できるような所もあるが……それはそうと、どういう負けヒロイン処理方式が良いかという話か。

処理方式って嫌な言い方だな……

ファンが納得する流れってのは難しいが、後を引きずらない、吹っ切ることができる流れを考えていけばいいのかね。
とりあえず主人公とは別の相手を見付けて幸せになるというのはどうなんだ?

それやると今の時代NTRとかの扱いになりかねんし、今度は相手として相応しいかという問題が出てくる。

ぽっと出のモブ、少なくとも見てる側が感情移入できないモブキャラとくっ付いてというのはわりと荒れるぞ。

でもハーレム系や純愛系の作品の主人公が恋人としてヒロインに相応しいか、ちゃんとしたマトモなキャラかという問題が……大体聴覚決断力判断力あと人格に問題が発生しているし。

やめろ!それを言い出したらキリがない!

閃いた。ヒロイン同士でくっ付けばいいんだよ!

好きな女のために命をかけてロボで戦う男がヒロインを百合に寝取られている作品あったな……

だから主人公以外とくっ付けばいいだけなんじゃないの?
別に負けヒロインが誰と結婚しようが問題無いだろ。高校の恋愛がそのまま結婚につながるなんてリアルだと逆に珍しいんだから。

そういう俺分かってる的な発言はいいから。
ここで話ているのは負け犬ヒロインのファンが納得する方向についてだ。

作品の中でヒロインから離れていくというのは?
そうすればヒロイン側の負け犬感が減る。

ある程度解釈というかその後の妄想の余地を残しておくのが良いのでは。
下手に結果を確定させると希望が無くなる。

外伝で新しいストーリーやキャラとの出会いを描写すれば良いと思う。
負けヒロインも別の所で良い人生を過ごしているみたいに。

それはそれで上手く描かないと負け犬ファンに追加攻撃が来ることになるんだが。

そういう外伝は描かない方が良いと思うんだけどなあ……結果的に未確定だからこその希望を打ち砕くことになる。

やはりその辺のぽっと出の主人公にのモブキャラとくっ付けてはいけない……

「いちご100%」は何がしたかったのか。
作者がやり残したことを今更やってみたのだろうか。

この手の話題ではよく出る対策だが、ギャルゲーの如く複数ルートを作っておくのはどうなんだろう?

それあんまりゴタゴタに対して効果が無いから、ファン対策としてはどうなのかと思うわ。

ゲームで別ルートあっても、大体の話題はアニメや原作小説とかだからね。
自分の経験でも紛争の解決手段にはなっていない。

IFルートを作っておくこと自体はマイナスにはならないんじゃないか?
メディアによっては広まらないが、ファンの心の支えになるのは確かだろう。

やはりゲームみたいに複数ルート作ればいいんじゃないの?
作る方は疲れるだろうけど、歓迎されるのは間違いない。

現実的な問題として各ヒロインとの関係を掘り下げた複数のルートを全てやるには放映時間も、連載の紙面も足りない。アニメやマンガは量に制限がかかっているんだよ。
やるとしたらヒロイン変更での連作短編みたいになってしまう。

複数ルートのための工夫を最初からやれば可能だろうけど、基本的に複数ルートはゲームだから成立するやり方だろう。
ネット小説のように量の制限の無いメディアではやれるかもしれないが、人気が出てアニメ化やマンガ化したら編集してルートを絞ることになるだろう。

ネット小説で複数ルートが流行っていないのは需要が無いということでは……
あとそれをやると話題が広がらないんだよね。それにヒロイン争いがサブ的な要素になっている(でもファンの話題はそっちに集中)タイプの作品だと複数ルートは使い難い。

勝ち負け、駆け引き、ドロドロがファンを引き付けて話題を盛り上げる所は間違いなくあるし、ヒロイン増やしてハーレム肯定にすると競争が無いと恋愛面での盛り上がりは無くなる。
俺TUEEEEE作品のようにヒロインが主人公の俺TUEEEEEの表現パーツ的な作品とヒロインの扱いならそれはそれで良いんだが。

俺はハーレム作品歓迎だから問題無い。ヒロインは全て歓迎。

お前が見ているのはどこの世界の二次元だ?
二次元には正しいハーレム作品は基本的に存在しない。

同意。正しいハーレム作品は少ない。ほとんどは一時的にハーレム的な状況に浸れるだけで一人しか選べない偽ハーレムだ。

ハーレム系でありながらヒロインを一人に絞るのはアレだが、純愛系で一人に絞るのは別に嫌いじゃなかったり。

複数ヒロインハーレムと見せかけて最初に正室を確定して他のヒロインキャラを各エピソードの舞台装置的に扱うというのもあるぞ。
問題は主人公の屑度が高まり易いということだが。

こういうのは主人公の親友枠とくっ付くのがベターじゃないかな。そういうのがいない作品については無理だけど。

うむ。負けヒロインを孤独なまま終わらせないために、主人公以外に優秀な男性キャラを複数出しておくべきなのでは。

それやるとガラスの心のオタクがダメージくらうぞ。恋愛系、特に男性向けは主人公に感情移入して見る人間が多いわけだし、優れた比較対象をすぐ近くに配置するのはマズイ。

主人公に感情移入する形だとそれも問題起こるからなー
こういう炎上って応援と同時に独占欲の問題もあるから、主人公以外とくっつくことに対して納得し難い感情が発生してしまう。

容易に想像できる勝敗が確定した直後とかはマズイが、10年後とか長めの時間を空けてのその後を書くならいけるんじゃないか?

フラグの見せ方次第だと思う。負けヒロイン側に最初からカップリング相手、彼氏候補を出しておけば問題無いだろう。

彼氏持ちや彼氏候補持ちだとヒロインの方向性や属性が限定されるぞ。
少女漫画だとそこそこあるやり方だけど、男性向けラブコメ作品だとそういうのはなかなか無いし、恋愛メインじゃない場合は更に難しくなるような……

唐突にくっ付けるとどうしても批判は出る。別のキャラとくっ付ける際にはきちんとルート描写をしておく必要がある。
ただ多くの作品では本編のコントロールだけで精一杯だから、そっちまで描写している余裕が無い。

今の時代、見方によっては主人公より良い所がある的なキャラを出してくっ付けたらNTRだと言われるから放置しておくのが良いのかもなー

炎上や紛争の原因となっている支持者の目を逸らす、不満を拡散させるとなるとどうするばいいのか。
距離か恋愛以外の目的を持たせるとかになるのかね。

完全に決裂させる……のは作品によっては難しいし、留学や今は恋愛よりも仕事の成功のために生きるとかそんな感じで?

留学とかで国外に出すのは良いよね。物理的な距離による説得力が加わる。
あとは仕事や学問が恋人展開もいけるか?

紛争回避という点では完全に勝敗を決めない、未来を確定させないのが一番な気がする。
どこかで知らない誰かとくっつく、結婚するというのが現実的な話だというのは分かるが、二次元のラブコメ作品にそういうのが絶対に必要なわけではない。

やはり殺すか記憶を失わせるしか……

お前、ヒドイ奴だな……!

むしろ主人公を壊すのはどうだろう?
それだと決着の方向性が変わって来る。

分からなくもない。
個人的にはZガンダムみたいな終わり方も恋愛の決着ということでは嫌いじゃない。ただ逆のエルガイムはちょっと微妙かも。

恋愛系という扱いにはなっていないが「To LOVEる」みたいな投げっぱなしが良い。俺は二次元のイチャラブでは生ぬるい空気に浸っていたいんだよ!



とまぁ、こんな感じで。
愚痴やら理想やらに混じって現在の中国オタク界隈のヒロイン支持党関係の空気が語られていました。

こういうのは作品ごとに事情が異なるのでこれといった回答は無いかと思われますが、とりあえず心に棘の刺さったような状態で終わりたくはないというのは共通しているようですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。