なかなかゴタゴタが終わらず春節で一休みという皮算用が崩壊しそうな今日この頃ですが、ありがたいことに手頃なネタを教えていただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈ではラブコメ作品やラブコメ要素についての話題がよく出ますし、ヒロイン関連の話題などはかなり盛り上がるそうです。またその手の話題の中にはアニメやマンガに出てくるヒロインのタイプ、定番要素に関するものもあるそうです。

中国のソッチ系のサイトでは
「主人公をからかってくるヒロイン」
などに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


最近主人公をからかってくるヒロインが目に付くんだが、そういうヒロインが出てくる作品を知りたい。そういったヒロインに目覚めつつある自分がいるんだ……!

「からかい上手の高木さん」以降、目立つようになったよね。
ヒロインから積極的に男の主人公をからかうような作品が。

昔からあるタイプだし、目に付くようになったのは嗜好が変わって目線が変わったんだろう。
急に出てきたわけじゃない。

でもからかうというキャラの行動は珍しくもないけど、それをメインの萌えにしているキャラってそこまで多くないような……過去の作品を考えても意外にみつからないジャンルな気もする。

これって変形のツンデレと見てもいいのかな?

日本の二次元で言うなら「小悪魔的」みたいな形容をされていたヒロインじゃないか?
ただ高木さんのような接し方に特化したのはすぐには出てこないかも。

高木さん的な方向で明らかな影響があるのだと「イジらないで、長瀞さん」とか。

うーむ……そんなの昔からあるだろと思ったが、具体的な所だと……

主人公につらく当たる、突き放すとか、素直になれない系ヒロインというのは昔からあったけど適度な距離感でからかってくるタイプって意外に思いつかない。

そうだ。「変女 〜変な女子高生 甘栗千子〜」とか?
キャラの造形としては新しいものではないんだけどねえ。

少女漫画だとこの手の異性の方から追いかけてくる、からかい系のアプローチをかけてくるみたいなキャラはいたんだけどな。

恥ずかしがりや、内気な主人公に上からからかい混じりのアプローチしてくる積極的な異性……言われてみればなんか少女漫画的な構図に思えるな。

いわゆるギャル系ヒロインもこちら側かな?
「はじめてのギャル」とか、主人公が受け傾向で女性の方が積極的になるタイプ。

あー、遊び慣れているタイプで引っ張っていくタイプか。

積極的なヒロインと受け身の男主人公か。
それだけならば昔からあるように思えるけど。

追っかけられてモテモテ、相手からアプローチをかけてもらいたいという願望やら妄想やらは男女変わらなくても、作品における定番の表現や過程はちょっと違うよね。
人気、流行が変化した結果とか?

これって暴力系ヒロインがウケなくなった時代に出てきた新しいヒロインの行動パターンのような気もしてきた。

暴力系も表現がエスカレートしたのと、主人公が受け身になっていったことで更に不快に感じられるようになってしまった感がある。
しかし、からかうというなら、まだ萌えの範疇でいける……!

受け型男性キャラにはとても良い組み合わせだよな。からかうってのは。

オタクは自分から追いかけるのではなく、追いかけてほしいと思っているからな!

楽してモテたいのはオタク以外の草食系にもかなり刺さるだろ。受け身思考だし、精神的ダメージを嫌がっているんだから。

最近の主人公はハーレム系作品であっても草食系だからな。暴力系はキツイ。「IS」なんかは本気で引いた……

ハーレム系作品の時点で既に草食系主人公だったと思うんだが。
暴力系はもっと前からの、アホだったり好色だったり(或いはラッキースケベ)な主人公キャラと対になる系統だろう。

主人公の草食系変化にヒロインが追い付いていなかったのが追いついてきたのではないだろうか?
一昔前のハーレム系が盛り上がっていた時期も、例えば赤松健作品などではヒロインの暴力行為への批判も少なくなかった記憶がある。今考えてみると、あれは主人公と環境の変化だけが先行していたようにも思える。

からかい系のヒロインが活躍できるのって、ハーレムじゃない作品だからというのもあるだろう。ハーレム環境でやったらヒロインとしては負け犬ルートだ。
最近はハーレム的にヒロインを多数出すのではなく、一対一関係のラブコメが増えた。女の子自体は増えているから萌えの対象としては困らないけどね。

私は受け身過ぎる主人公は感情移入できないんだけどなー
主人公には良質な厚顔無恥でヒロインを追っかけてほしいと思ってしまう。

恋愛関係以外だと受け身でも、他の部分は積極的、行動力ある主人公は増えていると思う。努力ベースの勉強家なタイプとかね。
最近は草食系な他に真面目とか、努力型も増えている。

「高木さん」みたいなキャラも人間関係も少ない作品だとすぐに飽きが来るし、三角関係とかそれ以上の関係が錯綜している作品の方が結局は人気になるんじゃないの?

そうやって複雑化させてドロドロになっていったのに疲れてしまうのもいるんだよ……恋愛関係が破綻する前提で途中で一度くっ付くみたいなのはもう厳しい。

人間関係が多くなると、主人公の恋愛関係のだらしなさや優柔不断さが感じられたりして嫌われたりもするし、ヒロイン側もキャラ崩壊しがちだし、何より結局は偽ハーレムな一人に選ぶ終わり方になるからな。
それならいっそ最初から一対一でも良いとなるのは容易に想像できる。

そんなに長く続けられるものではないのは確かだけど、長編の難しくなっている現在の二次元環境だと悪くはないんじゃないかな。
キャラの萌えの強調や、掘り下げもできる。ハーレム系だとヒロイン一人当たりの描写がどうしてもね……

からかうヒロインに関しては、他のヒロインやNTRがいないというのも安心感につながるのかね。

ある意味では、「本心が分かっているからこそ好意的に見れるツンデレ」と似ているのかも。

そういう外から見ている分には安心感のあるキャラの関係性をベースにしたラブコメが最近目に付くな。からかうわけではないけど、「かぐや様は告らせたい」とかも。

最近の「からかい」的なのは、暴力系ヒロインと同じく「好きな感情を上手く表せない」的な所を感じさせるものではあるけど、その表現方法がソフトなのが特徴だ。

ちょっと違うがからかいが多いのだと「物語シリーズ」とかは?
戦場ヶ原とかは好意をストレートに出すが、それと同時にからかってくるタイプだね。

基本的には年齢とか地位とか経験とかで上に来るキャラがそんな感じになるんじゃないかね。
別に今になって増えたタイプではない。

「Fate」でも凛もイリヤも士郎への接し方的にはそういった方向だと思うわ。

最近増えたのはそのある種の上下関係を維持したまま、或いはそれが特徴になっているキャラクターじゃないかな。
スレの初めにあがっている作品で言えば、ずっと「からかい上手」のままで進む。反転が無い。



とまぁ、こんな感じで。
お約束要素と実際の作品での扱いの関係についてなどイロイロな話が出ていました。

中国オタク界隈ではヒロインのタイプや動向に関する話題は盛り上がりますし、複数の作品を比較して考察してといったネタもちょくちょく出てくるそうです。

また今期の新作アニメは中国オタク界隈における「大作」扱いの作品が無く、ラブコメ要素アリな作品の方に人が流れているのもあってか、そっち方面の話題が多くなっているようなのも面白いですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。