ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈では日本のコンテンツの舞台設定などに関する考察が日々行われていますが、学園モノの定番設定的な部分に関しては、学校生活という共通する部分もあってか比較的盛り上がり易い話題になっているのだとか。

中国のソッチ系のサイトではそんな話題の一つとして
「日本の生徒会の規模や仕事」
などに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本の作品の学校に付き物の組織である「生徒会」について詳しいことを知りたい。
権力的な部分はネタだというのは分かる。それ以外の人数や構成とかを知りたいんだよ。

学生間の選挙に当選した会長をトップとした学校の幹部組織って所だよね?

基本的にはウチの国の「学生会」とかと変わらないのだろうけど、具体的な所はイメージしにくいよね。

ウチの国の学校との最大の違いは存在感じゃないかな。
こっちの学校では自分の学校に生徒会的な組織が存在するのかどうかすら怪しいのもあるし。

日本では徒会の選挙と運営が学校教育の一環になっているというのも大きいんじゃないか。こっちも選挙やる学校はあるけど、大体は無関心かと。

とりあえず生徒会は学校の運営組織的な存在なのに少人数だよね。

二次元や特撮ではどこの組織の幹部も少数だし……

「かぐや様は告らせたい」だと4人で、会長、副会長、書記、会計となっているが、大体はこの組み合わせだろう。人数は増えてもこれに一人か二人。

だいたいどの作品もその規模だろう。
でもいくら学校規模とは言え、その人数で仕切れるのだろうか?

私も4人では少ない気がするが、なぜかどの作品もたいて生徒会は4人くらい。或いはもっと少なく会長と副会長。
もっとキャラを増やした方が生徒会関係のエピソードを多く、複雑に展開てきて良いと思うんだけどなあ。

「生徒会役員共」も4人だったな。
日本の生徒会は基本的に4人か5人の組織ということなのだろうか?

「生徒会の一存」は5人だね。これは副会長二人体制だったかな?どっちにしろそんなに多くないが。
あと「かぐや様」はアニメ版にはまだ出ていないけどこの後にもう一人会計監査が増える。

根本的な疑問として、生徒会の人数に対する学校の規模が分からない。
日本の学校の生徒数についてはウチの国よりかなり少ないのだろうという漠然としたイメージしか……

さすがにこっちの高校の一学年2、3千人という規模ではないだろうけど、例えば500人程度だとしても、4人で管理できるのかという疑問が出てくる。

私の所は一クラス70人で一学年15組だったな……これで生徒会4人とかはあり得んと思ってしまうわ。

ウチの国でも地域や学校のレベルにもよるぞ。俺の高校は一クラス40人で一学年七クラスだった。

重点学校なんかの良い学校は人数少なくなるし、地方によって違うからね。
でも日本の作品に出てくる学校はそこまで小規模でも大規模でもない的な設定が多いから単純に参考にするのはできないだろう。

少子化の進行によって日本の学校はウチの国より人数少なくなっているのも確かだろう。
作品を見ても、1000人いかなくても大規模の学校扱いになったりする。だから生徒会の規模、人数の設定に関しても4人でもそれなりに現実的に感じられるのでは。

頻繁に出てくる会長副会長書記会計の4つの役職は日本のどの学校の生徒会にもあるものということに加えて、作品で使いやすいというのも理由だろう。
現実の日本の学校ではこの4つ以外にも役職はあるだろうし、一つの役職に一人だけというわけでもないはず。

絶対的な生徒会権力というネタに隠れて意識されないけど、人数に関しても創作特有の誇張があると思う。
実際、私が留学した日本の大学では学生自治会は結構人がいたよ。高校については知らないが、あれもいわゆる生徒会と同系統の組織なはず。

人数に関しては、あまり多くても書き難いからね。出番を作る必要性がそれほどない、キャラ立てかそれほど明確じゃないキャラはいなくてもいいわけだから。

確か書記や会計、庶務に長とその下の部下がいるケースもある。
ただ作品的には生徒会内部で完結することはほとんど無くて、生徒会所属以外の生徒も出てくるから4人くらいで十分なんじゃないか。

その辺は運動系ではない日常系要素のある部活系の作品を見ると分かるぞ。
あまり人数が多くても作品的にはやり難い。メインキャラの生徒を二桁出すともう大変なことになる。

ふと思いついたんだが、書記長が陰の実力者という生徒会は無いのかい?

日本の生徒会の書記は本当に書記をやるだけだよ!

日本の学校の委員会に関しては風紀委員も気になる。
あれって生徒会とは別系統で権利を分割しているような感じなのか、それとも生徒会の下部組織なのか……

生徒会があって下部組織の各委員がある、生徒会の風紀委員や美化委員という作品もあったね。
ただこういうケースは執行部を置いてそれが実質的に他の作品の生徒会扱い、会長副会長書記会計を置いていたような……

生徒会は少人数で、風紀委員はたくさんいるという印象もあるな。
作品の都合だろうとは思うけど、

学園モノで生徒会と対立する権力は新聞部という印象がある。

でも生徒会側に広報担当の役職もあったりするはずだぞ。

そこは学校側と反学校側でメディアが別ということなのでは?
現実というか昔どこかで見た日本の学校の生徒会活動の紹介では、生徒会が地域社会に対しては学校のイベントの告知や宣伝なんかをやるとかだったような?

そもそも生徒会の必要性や、生徒会のやることがよく分からん……

こっちの学校だと生徒会の出張る場面が無いからな……俺の三年間の高校生活で生徒会の存在を意識するようなことは無かった。
それどころか、俺の学校に生徒会が存在したのかもハッキリしない。

生徒会関係でよく分からんのが授業以外の時間を生徒会所属の人間はどう過ごしているかだ。
生徒会室で書類整理する以外に何かやるのか?日本の学校生活特有の部活はやらないのか?とか……

生徒会活動と部活は掛け持ちだろう。
時間の調整に苦労する的な話は二次元作品でもよくあるし、生徒会が中心の作品以外でも普通に「委員会活動で部活に来るのが遅れた」みたいな展開はある。

生徒会の仕事自体がどうも謎だよね。学校の自治組織だから、色んな事をやってはいるんだろうけど……
でも私の想像するような仕事をする場合、明らかに人数が足りない。たった4人で授業以外の時間を使って処理できるのかと。

部活の予算分配以外だと、他の学校との交流などの交渉調整、学校内のイベントの準備、資料作成なんかをやるらしい。あと学校内の備品の状態や数量の把握とかも生徒会がやっているとか。
だから上のレスでも出ているように4人という人数は創作特有のデフォルメなのでは。

なるほど、上で出ている庶務がいるわけだ……書類整理だけではないと。

庶務は出たり出なかったりだけど、これは作品において使い勝手が良くないからだと思うよ。
キャラを立てる上でも話を動かす上でも、他の委員会や生徒会以外の生徒とかぶる部分が多い。逆に生徒会内部に入る場合は下っ端枠で使えるのかもしれないけどね。

日本の学校は作業だけでなく、作業方針まで生徒側が決めるケースが多いから生徒会のやる仕事は当然多いだろう。
各種活動における保護者や来客の対応とかも生徒側でのセッティングになっていると聞く。

そりゃめんどくさいな。
勉強だけやってるわけにもいかないだろうし、優秀で余裕のある人間が就いたり、進学に加点があるのも理解できる。

なんか情報が増えて余計に謎が深まったな……

説明不要な共通認識扱いの設定についての問題を一度意識してしまうと厳しいんだよね。ツッコミを入れるにしても、野暮なのか無知なのかがハッキリしないからモヤモヤが付きまとう。



とまぁ、こんな感じで。
イロイロな方向のイメージや情報によりあっちこっちに議論が飛んでいました。

中国オタク界隈でも昔から生徒会を中心にした作品や、生徒会が強烈な印象を与えるような作品が人気になっていますし、「日本の作品における生徒会」というネタに関しては問題なく受け入れているようです。
ただ現実の日本における生徒会がどうなのかというと、部活ネタなどと同じようにハッキリしなくなってしまう所もあるのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。