ありがたいことに
「最近の中国の三国志ネタで何か」
といった質問を複数いただいたり、最近の中国オタク界隈における三国志関係の扱いについてイロイロと教えていただいたりしております。

最近の中国では三国志ネタ、武将がキャラクターコンテンツとして活用される傾向が加速していますし、ネットに蓄積された三国志ネタ、個別武将評価の情報もアクセスしやすいものがかなり増えています。
そんな訳で三国志ネタに関する認識、各勢力や武将に関する評価もかなり変わってきているのだとか。

先日、中国のソッチ系のサイトを巡回していて
「三国志ネタで蜀が叩かれがち」
といったことに関するやり取りを見かけましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なぜ三国志の蜀はここまで叩かれるのか。
最近はどこでも蜀系の勢力や武将が出たら叩かれる。

その空気は確かにあるね。
ゲームの弾幕とかでもとりあえず蜀は叩いておくみたいな。

武将もそうだよ。ああいう所だと趙雲は下げるのが基本みたいになっている。

でも魏は結局曹操以外の武将の人気というかイメージは微妙だからなあ。ゲームのユニットとしては優秀だけど、キャラが立っていない。

あそこは曹老板(ボス)のキャラが強過ぎて……

魏で人気が高いのは軍師じゃないか?
そっちを評価する系統だと、蜀の武将は下に見るのも何となくわかる。

この間見たゲーム動画でも趙雲が出てきたらこいつは曹仁と比べて雑魚だとか、単なるボディガードでしかないとかいうコメントがたくさん来る。

あとは馬超もじゃないか?

趙雲はファンとアンチが普通に存在しているけど、馬超は若い世代のファンが微妙だから趙雲よりも悲惨……いや、趙雲と比べて最近の作品では目立たないから、叩かれる頻度も少ないから相対的にマシとも言えるか?

魏の武将に関しては、蜀の武将と比べてこっちの方が凄いとかそんな感じで固定の人気は無い印象もあるかな。

そういう人の評価を見ていると、魏の武将に関してもゲームで使っていたからみたいな愛着的な部分はあるんだろうけど、何と比較してみたいなのが多いからこれまでの武将好きとはまた違う印象も受けるかな。

魏ファンは結局、曹老板(ボス)視点で全部をコントロールしたいみたいなスタンスになりがちだからなー

昔は光栄の「三國志曹操伝」経由で魏が好きになったり武将を好きになったりする人が多かった。自分もそうだね。
でも当時はそれが蜀叩きにつながるような感じではなかったんだが……

蜀の武将は「実はたいしたことなかった」的なネタの材料にされることが多いというか、マウントの材料にされがち。
見方によっては、「魏と蜀セット」で現在のネット環境では人気の材料とも言える。

上げ下げでギスギスしがちだけど、私としては昔に比べると魏のIF的なネタが通じるようになったのは嬉しかったりする。
例えば郭嘉が死ななかったら……みたいな話題も今では普通に出てくる。

蜀叩きの空気は色んな所で感じるね。
ドラマや映画でも、劉備による演説や説得シーンでも弾幕コメントでニセモノの義だ仁だと叩かれまくる

そして逆に曹操の場合だとヨイショコメントが多くなるからな。
今の環境ではどっちに感情移入している人が多いのかが見えてくるような気もする。

この流れっていつから始まったんだろう。俺も気が付いたらそういう空気の中にいたんだが。

比較的大きいのだと易中天の講談、三国ネタが流行った時期からじゃないか
(訳注:易中天は中国文壇における新説書(新講談)時代の代表的な人物です)

易中天は単に魏推しだけだったような……

ネタ扱いしたり、うがった見方で解釈したりする流れは易中天からハッキリしてきたようにも思う。

それも流れ的には間違いではないだろうけど、三国志をうがった見方で分析するのは現代に始まったことじゃない。昔からあったネタだよ。中華民国時代にもその手のネタは存在した。

易中天に関しては魏を持ち上げて更に人気コンテンツにしたのが、当時の一般庶民向けの三国ネタとしては凄かったんじゃないかな。
それ以前は蜀中心、それも武将の個別エピソードでの人気だったから。

三国志という舞台の関係上、武将を持ち上げるとその武将の活躍の場になった所に関係する敵側武将の評価を下げることにつながってしまうから、魏が人気になった時点で蜀の評価が下がるのも仕方ない所はあったのでは。

明確なのは諸葛亮叩きじゃないか?蜀はまだ個別の武将のファンもいる。
近頃の空気は伝統的な諸葛亮の補正やひいきが反転したような気もするね。

私の印象では劉備も叩かれるけど、それ以上に諸葛亮が叩かれている気もするかなー
特に諸葛亮は無能扱いが多い。周瑜とか郭嘉の方が諸葛亮より上だとか、荀イクや魯粛の方が諸葛亮より上だとか、その手のネタには事欠かない。

蜀内部でも法正の方が諸葛亮より良かったみたいなネタはあるな。
諸葛亮、蜀はこれまでずっとヒーロー扱いだったことへの反発を受けているのかもね。近年は三国志に限らず、色んなコンテンツで悪役的ポジションの方が人気出たり再評価される流れだ!

蜀のストーリーが現代の感覚で見るとひいき補正強過ぎなファンタジー展開に見えてしまうからね。

そんなこと言われても、そもそもが「演義」なんだけど……

昔の個別エピソードベースの認識が強かったのもアレだけど、今の正史と演義がごちゃごちゃになって討論されている状況もアレだよね。

そうそう。
演義のキャラについて語っている所に、突然歴史上の人物がどうだったみたいな話をしだすのが出てくる。何をやりたいのか分からんし、あまりにヒドイのに対しては創作と史実の区別がついていないのかと疑ってしまう。

この蜀叩きって、水滸伝叩き、例えば盧俊義や秦明を仲間に引き入れる所とかを叩いてそのまま梁山泊たたきに進む流れと似ているような気もするが、ちょっと違う気もするな。

水滸は逆に叩こうと思えばいくらでも叩けるから、作品の好みというレベルの話になるし三国とは空気が異なる。
水滸伝はキャラがブレている上に百八星には「良い人」がほとんといないし……

水滸伝は多数のエピソードがある上にどこを切り取るかで印象がかなり変わるから、蜀のように全体を通じての叩きにはならない気がする。
梁山泊に関しても最初はゴロツキ集団だが、後の方は民百姓のためみたいな動きになっていく。まぁ民間の話拾って魔改造連結した結果なんだろうけどね。

三国志の魏蜀の好き嫌いについては見る側の年齢や環境も大きいのではないかと。今の時代、主人公補正乗せまくった俺TUEEEEEEはまず嫌われる。

劉備が今の感覚で見ると胡散臭いからなあ……掲げている理想や口実と、実際にやっていることを比較するとそりゃツッコミ多発だよ。

魏は奸雄、蜀は梟雄。
今の時代はブレない奸雄の方が好まれる。

曹操の優秀さと叛逆キャラは現代ではカッコイイという扱いになっているんじゃないかと。

魏好きというか、曹操好きや曹操を非常に高く評価するのは三国志ネタで誰もが通る道なんじゃないか。その際に蜀を否定するのも含めてね。
歳をとってくると、好みがまた変わってくるし、自分に正直に開き直れるから蜀好きに戻るのも割と出てくる。

何となく理解できる。
ウチの国で三国系コンテンツが若者向けで本格的に盛り上がったのって比較的最近だし、まだ見ている世代が若いというのも魏推しが多い理由かもね。

その見方は理解できる。
現在の三国界隈はある種の中二病的価値観が優勢な時代なのかもなあ。

私は小さい頃は蜀が好き魏が嫌いだったか、大きくなってから劉備は仁も奸もあるように見えてきて、曹操の梟雄度合いの凄さも見えてきた。
その後は関連資料や作品も見るようになってからはそれぞれが魅力的だと思うようになってきたりだから、どっちが上とか下とかは無いね。

勝敗こそあれ魏と蜀、そして各勢力所属の武将は前提条件も目指す方向も違うからね。単純にどっちが凄いかは決め難い。
あと史実ベースで語る場合、蜀は記録が少ないのもね……もうこれはそのまま組織力や正当性の差だろうけど、その結果魏が強く、しっかりとした存在に見えるようになっているのも確かだ。

三国ネタの勢力の好み、リーダーの好みに関しては性癖の問題だぞ!
人妻、ゲイ、ロリコンそして大っぴらに語れるのはやはり曹操だ。蜀は全員ゲイだから……!

劉備はロリもいけるし……
しかし蜀に関しては講談も含めてホモネタでいじられ過ぎた影響もあるんじゃないか?

ウチの国ではホモネタでおちょくるのが鉄板だし、そこで叩ける、カッコ悪いイメージついたのは否定できないかも。近年の講談や解析ネタでも鉄板だからな。
しかも三国志は女性向けじゃないからBL方向には行きにくいし人気的にもプラスにならん。

蜀が叩かれているというが、それ以上に呉が叩かれたり微妙な扱いな気がするんですが……

呉は犬だからね。存在感無いからね。

呉ってたまに出てきて目立つ時もある程度だからな……ある意味では一番ヒドイ。更に孫権叩きも間違いではないし。

孫権が叩かれる理由が俺には分からんのだけど。

守りに入っているし、個人的な目立つ活躍というのも特にないのがな。
更にそういう姿勢だから呉の勢力維持的には正しくても、魏ファンからも蜀ファンからも足を引っ張る的な認識が……

曹操や劉備も老いによる焦りや失敗はあるけど、孫権は老化してから一気に君主としてダメになるのも厳しい。
呉の迷走はだいたい老化した孫権のせいだし、それがあるから陸遜ファンとか呉推し勢力の内部からも嫌われる

呉に関しては設定は良いんだが、活躍の場がなあ……私は周瑜や陸遜が好きだけど、周瑜は演義では踏み台で史実でも早逝、陸遜は登場して活躍したらあとは孫権に殺されるわけだから、どこで盛り上がればいいのか迷う。

呉は魏蜀に比べて昔から評論が少ない。当時からファンの多さや歴史的な重要さの扱いの差が見て取れてしまう。



とまぁ、こんな感じで。
最近の中国オタク界隈においては三国志ネタがかなり広まっているようですが、グダグダ具合も加速しているとかなんとか。

今回のやり取りにもありますが、現在の中国では若い世代を中心に、これまでの中国の伝統的な三国志趣味とは別の方向、コンテンツの人気やキャラ人気的な方向で
「魏が好き」「蜀は嫌い」
的な空気も出ているそうです。

近年の中国ではソーシャルゲームなどでも三国志武将ネタのキャラの投入がありふれていますし、「三国殺」といったカードゲームでの武将キャラの扱いによるイメージも広まっていますので、「三国演義」以外のルートで三国志コンテンツに触れることが多くなっています。
またそういった背景もあるので、現在の中国オタク界隈でも三国志の勢力や武将のイメージに関して一昔前とはかなり違ったものになっているようですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「お前らの好きな三国武将って誰?」

中国人「呂布と趙雲どっちが強いか」「呂布有利だがやはりやってみるまで分からない」 中国では趙雲の人気や評価が日本より遥かに高い?