ありがたいことに
「中国のオタクの間では微妙な評価だけど、好きな人もいないわけではないといった作品はありますか?」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

以前中国オタクの方から教えていただいた話によると、中国オタク界隈では作品の上下関係というか好き嫌いより先に
「どれが優れた作品なのか」
という基準が先に来てしまうような所もあるようで、自分だけが好きな作品を語るというのは少々難しい空気もあるのだとか。
しかしそれでも、一般の評価とはズレる自分の好みについて意識したり語ったりということはあるようです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「好きだと公言すると批判されるがやはり好きな作品」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


好きだと公言すると批判されるが、やはり好きな作品というのが皆何かしらあると思う。
そういう作品についてちょっと語ってみよう。ここでは他の人のあげた作品についての否定的な意見は無しで。
とりあえず俺は「月姫」のアニメで。最初に接した作品だから、その後様々な型月作品を知っても嫌いになれなくてなあ

「ギルティクラウン」だな。
当時は中二病という言葉は知らなかったが、心にかなり刺さった。今もその影響は消えていないし、好きな作品のままだ。

「ギルティクラウン」は終わり方は薄目で見ているが、自分も大好きだよ。

なんか話題にすると馬鹿にされるが、「東京喰種」のファンだという自分はやめられないんだ。

ダメな作品と皆に認められてしまっているような作品だけど、自分は好きな作品って確かにある。
個人的には「革命機ヴァルヴレイヴ」や「鉄血のオルフェンズ」とかが好き、ロボが良いんだよ!ロボがなかなか出ない作品なのは認めるが。

叩かれるレベルを超えて存在を無かったことにされている感もある「エウレカセブンAO」だが、自分は悪くない所もあったと思っているし全部否定はできない。特に金髪ヒロインは良かったんだよ……

「鉄血」はバルバトスがカッコいいし、三日月が歴代ガンダムには無い主人公なのが自分はかなり良かった。
まぁ第二期になるとは今までのガンダムとは違うこと、制作側の考えるリアリティのある話をやろうとして結局扱いきれずグダグダになるし、視聴者の頭のレベルを侮辱するような話にするし、三日月という主人公も結局扱いきれなかった感も非常に非常に強いけど、バルバトスという主役MSのカッコ良さ自体を否定するものではない。

ガンダムの「0083」は監督交代によるキャラやストーリーの矛盾と右翼思想でヒドイことになっているが、アニメのクオリティ自体は高いから好き。
メカデザインも良いし、ガンダムの勢力の変遷を描く上でも重要な作品だ。主人公達が良いことをようと思って動いたが実力が足りずに悪い結果につながってしまうのも苦みがあって良い。

「0083」はガンダムシリーズで考えると別にダメアニメ扱いじゃないぞ?
確かに右翼関係での批判は増えたが、MSや戦闘描写はずっと高評価。ダメ扱いなのは「AGE」や「鉄血」じゃないか?まぁ俺も「鉄血」はロボ中心にかなり好きだけど。

「0083」は最初「なんかカッコイイ」→「ジオン側の具体性の無いテロリズムはヒド過ぎる」→「やっぱMSMAデザインと戦闘シーンはカッコイイ」という感じで評価が変わっていったからな。どのタイミングで触れたかで印象が変わるかも。
あとダメ扱いを超えてネタ扱いになっているが「SEED DESTINY」が俺は大好きだ。まさにグダグダなアニメだけど、オタクになったきっかけの作品だしキャラもMSも思い入れがあってね。

私は「AGE」好きだよ。キャラデザもMSデザインも自分は大丈夫だったし、通して見るとフリットがかなり良いキャラになっていると思う。

オタク界で基本的に叩かれる扱いにな作品って、なかなか表立って好きだと言えないんだよな……あんな作品が好きだなんて、オタクとしてどうなんだみたいに、周りの目が気になってしまうんだよね……
ちなみに俺は「グランクレスト戦記」かな。ああいう設定のファンタジーが好きだ。

ネタ扱いされるが、私は「ヨスガノソラ」が普通に大好きだ……!!

「アルドノア・ゼロ」だ。エンディングについてはしょうがないが、それ以外の部分は大好き。

俺の周りでの評価ボロボロだけど「Fate/EXTRA Last Encore」は普通に楽しめた。

私の場合は「Fate/Apocrypha」かなー
最近の作品の中ではかなり楽しめた作品なんだけど、評価はどこでも低い。

「Fate/Apocrypha」は前半の混乱と作者アンチ、更に終盤の作画の独特さと燃え上がる部分多かったからなー
Fateだと自分の場合はスタジオディーン版のアニメFateだな。最近は評価が本当にズタボロだけど、当時は普通に楽しんで萌えている人もわりといたんだよ。

そもそも、Fate関係のアニメで評価が全体的に高いのって無いような気もする。必ず文句付ける層が出てくる。最近の劇場版「Heaven's Feel」についても、私は原作を非常に上手くアニメ化したと嬉しくなったんだが普通に叩く人が出た。

勢力的に最大の「Fate/Zero」についても、FGOが出てからは批判が目に付くようになってきているしね。
あと「月姫」のアニメは俺も好き。特に音楽が好きだった。OPとか今でもリストにある。

「メカクシティアクターズ」は誰もが認めるダメアニメになってしまったが、歌もストーリーも大好きで繰り返し見た。
確かにクオリティはアレだしアニメだけ見ていると意味が分からないけどね……

当時、動画サイトの弾幕コメントでストーリーの説明を頑張っている人もいたよね。私はそんな中でキャラや世界観にハマった。今でもキャラの名前はすぐに出てくるくらいには好きだ。

「ダンガンロンパ3」のラストを擁護することは難しいが、OPやED、それから途中を見ているときは本当にワクワクしていたから、好きか嫌いかというなら「好き」の方になる作品だね。

このスレを見ていて私は「CHAOS;CHILD」が頭に浮かんだ。ゲームも遊んだし、アニメもまぁツッコミ入れながら楽しんだから好きな方に入る作品。あと「CHAOS;HEAD」のアニメも雰囲気がかなり好みだった。

一番好きってわけじゃないが「異世界はスマートフォンとともに。」が結構好き。
頭使わずに見れるから楽でいい。評判と比べて再生数はかなり伸びているし、自分みたいな感覚の人は少なくないんじゃないか。

「はねバド!」は原作からの改変方面を中心に叩かれているけど、自分はアニメ単体で見て楽しめたし好きな作品の一つだ。

京アニの恥ともいわれている「甘城ブリリアントパーク」ですが、自分はかなり楽しめました!自分の中では京アニ作品の中でも上位に入ります!

「聲の形」はウチの国では評価が分かれるというか、ダメアニメ扱いもかなり多いけど私はかなり良いと思っている。
日本や欧米での評価も高いのに……

「聲の形」は日本でも賛否両論だぞ。文化的な方向で評価する所だと高い評価になるけど、大衆向け寄りの所だとパッとしない。
あとウチの国では「君の名は。」の大ヒットからの流れで見る人も多かったのも難しかったんじゃないかな。俺も好きだけど、見る人を選ぶ、単純に見て爽快な気分になれる作品じゃないとは思うしね。

毀誉褒貶の激しい「魔法科高校の劣等生」だけど、自分は爽快な気分で見れる作品としてかなり評価している。

最近の印象的なダメ評価作品は「Re:CREATORS」かなー
リアルタイムで見たわけではないんだけど結構楽しめた。そして一気に見終わった後に評判をチェックしたらボロボロに貶されていて驚いた。

「Re:CREATORS」は叩かれまくりだから、その手の話題にぶつかるたびにそっとスルーする習慣がついてしまった。

自分が思い付いたのは駄作というわけではないが、大好きな作品として挙げると軽く見られやすい「ソードアート・オンライン」かな。俺の嫁がいるんだから、当然大好きな作品になる。

私が嫁を理由に大好きな作品は「精霊使いの剣舞」だね!

「迷家-マヨイガ-」は誰もが認めるダメ作品だけど、なぜか自分の感覚に凄いハマって全話きっちり追いかけて楽しめた。

「クロスアンジュ」は笑えて熱くてとても爽快な作品だと思うんだけどなあ。

「クロスアンジュ」は最近ではダメなアニメ評価じゃなくなっているんじゃないか?
当初は期待された方向と違うということでかなり叩かれたように思うが……あれはSEEDの監督が良い方向に暴走すればこうなってくれるという作品だろう。俺も大好き。

アニメ版の「禁書目録」、いや原作と比較して考えるとなんだけど昔はみんなこれにハマったし、そのまま嫌いになれないものなのだよ。

「Charlotte」はなんだかんだで自分にとって納得できる作品だった。
後半の頭の悪いストーリーで作品全部を否定されるのはちょっと悲しい。

自分はあまり熱心に新番を追っかける人間ではないから途中で「あとはまとめて見よう」となってしまう。そしてそのせいで作品評価がリアルタイムで追いかけた人とかなり食い違う。
近頃では「鉄血のオルフェンズ」も「ダーリン・イン・ザ・フランキス」も「甲鉄城のカバネリ」とかもそんなに悪い印象はない。

自分もそんな感じだね。
時間が無いから後回しにして、しばらくしてまとめて見ようとしたら作品評価が大爆発炎上していたことがちょくちょくある。
そして自分は終盤の評価が微妙な所も精神的な準備ができているせいか、それほどダメージ無く普通に楽しめたりする。

艦これのアニメ。
当時は提督として認められなかったが劇場版まで見て今では普通に好きになっている。今度の時雨主人公のアニメ二期?も普通に楽しみ。

しかし改めて見ていくと、広い範囲でダメな評価を受けている作品が少なくないなあ……

近頃は作品の入れ替わるスピードも量も増えたせいで一度評価が固まると汚名返上をする機会がなかなか無いからね。
他のもっとヒドイ作品が出て記憶が上書きされて再評価されるか、関連作品が出てシリーズを通して再評価されるとかでもないと。

ここで名前が出ている作品って、終わり方に不満が炸裂してダメ作品扱いになったのも少なくないからね。そこまでの過程を楽しめたから良しとしている人もそれなりにいるんだろうけど、そういう所は作品の話題や評価にあまり結びつかない。

そうそう。終盤に評価が崩れるとイメージが残念なまま固まってしまうのも厳しい。ライトな層は次の新番に移るけど、作品を語る層は残って文句を言い続けるからネガティブなイメージが固まりやすいのも厳しい所だ。そして続編やその後の制作関係者の重なる作品の人気にも影響が……



とまぁ、こんな感じで。
最近の叩かれがちな話題作を中心にイロイロと出ていました。

今回のやり取りに出てきた作品は、確かに現在の中国オタク界隈で話題に出すと叩かれやすい作品という印象はありますね。

この辺りに関してはいわゆる「アンチが多い」的なともちょっと違うというか、ダメな作品、叩いても良い作品というレッテルが付いてしまっている作品といった所でしょうか。
ただ話題の傾向とは別に、それはそれで好きという人がきちんといるのも面白いですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。