ありがたいことに手頃なネタのタレコミと質問をいただきましたので今回はそれについてを。

近頃の中国オタク界隈ではアニメの原作を把握している人も増え、アニメの評価に関するやり取りについても原作知識ベースで語られることがよくありますし、作品評価について原作の方を重視したり優先したりする「原作党」なども珍しくはなくなっています。

ただ原作重視の傾向が強くなり過ぎて
「原作の内容を改変したから、原作のエピソードを削ったからダメ」
「原作のキャラの表現とは違う」
といった方向からの作品叩きが暴走してしまうこともわりと頻発するようになっているのだとか。またそういった空気に対して
「許容できる原作改変はどういったものか」
的な討論も行われているそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「原作改変が多いけど成功したアニメ作品」
などに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


アニメ化の際に原作改変して成功した作品ってどんなのがあるんだろう?
最近は皆アニメの批判に「原作と違う」的なことをよく言っているけど、そういう批判を乗り越えられた作品ってあるの?

原作よりアニメが良いというのなら「true tears」がすぐに思いついた。

「true tears」は原作扱いではあるが、キャラもストーリーも違うし原案扱いと見た方が良い気もするんだが……「瀬戸の花嫁」とかが原作改変アニメの成功例じゃないか?

「月刊少女野崎くん」のようにアニメの方が様々な要素が加わってクオリティ高くて面白いのはどう?

「月刊少女野崎くん」に関しては私もアニメの方が面白いとは思うけど、いわゆる魔改造扱いされるアニメ版ではないだろう。重要なストーリーやキャラの扱いを大改変したり省略したりするというわけではなかったはずだし。

この手の例で相応しいのは京アニ系作品じゃないかと。
「中二病でも恋がしたい」の原作はちょっとね……

「中二病」の原作小説は自分も全然面白く感じなかった。京アニのアニメ原作に求められるものは自分には理解できないのだろうとも感じた。

京アニならまず「けいおん!」を出すべきだろう。あの原作4コマからよくぞあれほどのアニメになったもんだ。

京アニは多いよな……
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」も評判は微妙だが、原作とアニメ版どっちが良いかと言われたらみんなアニメ版と言うだろう。

「中二病」ほどじゃないけど「響け! ユーフォニアム」もアニメの方が良いな。
原作者もその後アニメ独自の設定を外伝に取り入れたそうだ。こういうのがあるから京アニは凄いと思う。

原作改変なら「喰霊-零-」だろう。原作改変前提で作られたアニメ版は凄い。そしてアニメの印象で原作者の作品を追っかけると、その……何と言うか……

「魔法少女リリカルなのは」の魔改造っぷりは原作改変に入るのだろうか?

あれは原案みたいなものじゃないか。「true tears」よりは原作と共通する要素があるけどね。

成功した原作改変ということなら押井守作品、「攻殻機動隊」や「パトレイバー」だろう。一部原作ファンからの反発も乗り越えて評価されている。

「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」は高橋留美子に嫌われても作品の評価が非常に高くて名作扱いになっているからね。

逆に原作者に肯定的に受け止められているアニメの原作改変、それも成功した例ってなんだろう。

京アニ作品と、あとは2003年版の方の「鋼の錬金術師」だろう。原作者の牛おばさんも大好きなアニメ化改変。

あれ03年の魔改造版と、09年の原作に忠実なFA版でどっちが良いかとファンがいまだにもめているくらいだからね。

「鋼の錬金術師」の原作改変はしょうがない。最初のアニメ化の時点では原作終わっていなかったんだから。

原作終わってないアニメ化で思い出したが「蒼き鋼のアルペジオ」も原作改変している成功例じゃないか。演出の出来の良さによる所も大きいかもしれんが、12話で終わらせるためにあえて改変して上手くまとめたのが良いと思う。
最近のアニメって駄目な原作改変をやるくせに、人気出たら第二期やるつもりでシーズン終盤の方も投げっぱなしにしたと感じられる作品が珍しくない。

アニメの「血界戦線」は原作にない要素が多いが成功している作品だろう。
自分はアニメの後に原作の存在を知って読んだんだが、ホワイトがオリジナルキャラクターだと知って驚いた。

内藤泰弘原作のアニメは「トライガン」も原作とかなり違うね。
ただ改変部分に原作者がかなり関わっているとされているし、よく批判されているような原作改変とは違う気もする。

原作者も関わっての魔改造アニメ化には「るろうに剣心追憶編」とかもある。

ウチの国で誰もが認める原作改変と言えば、「中華一番!」だろう!

自分も成功例として思い浮かぶのは「中華一番!」だな。
あの時代のアニメは原作通りにアニメ化される方が少なかったようだが。

昔のアニメと言えば「燃える!お兄さん」も原作者からの評価が高い原作改変の多いアニメ化だったと聞いた覚えがある。

ゲーム原作だけど「テイルズオブゼスティリア」かな。
原作のゲームはシステムもストーリーもひどくて、アニメの方がずっと良い。

同意。私もファンが歓迎する原作改変アニメならば「テイルズオブゼスティリア」だと思う。むしろよく原作を壊してくれたと感謝している!!

「無責任艦長タイラー」は原作とかなり違うというのを後で知った。
日本での評価は知らないが、原作を読んだ感じではアニメ版の方が好みだったし個人的には成功例かも。

「ゼロの使い魔」はグダグダな部分もあるけどアニメ版は完結しているし、原作改変としては成功例じゃないか?原作に関してはどうにもならない理由が存在するが……

「ゼロの使い魔」は別の作者によるものではあるがラノベの方も何とか終了させたし、私はその辺りの評価は保留したいね。

「ルパン三世」は原作改変しまくって日本の国民的アニメになったり、宮崎駿アニメ扱いになったりしている。

ジブリアニメで宮崎駿監督で原作あるのは大体どれも原作改変して成功している例だろう。

昔のアニメや、一般向けの長編アニメは原作の量が圧倒的に足りないからアニメ独自路線で成功しているのも結構あるはず。
「クレヨンしんちゃん」も確かそう。

昔のアニメは動いて声がつくだけで価値がある、内容が省略され改変されるのも当然だったと聞くし、今の感覚だとほぼすべてが原作改変、魔改造扱いされそうな気もする。
でもみんな昔はそういうものだと思って普通に受け入れていたよね……

昔は原作と同じストーリーのものを作るのをアニメ側のクリエイターが認められなかったという話も聞くね。クリエイターの独自性を出そうとするのが当然だったらしい。

ふーむ、押井守みたいなのがいっぱいいたのか?
それは大変そうだな。

いや、押井守はさすがに極端な例のはず……?

アニメ化で原作重視されるようになったのは環境の変化による所も大きいだろう。
近年は原作のクオリティや密度も上がっているし、原作ファンの声が即座に出回るようになった。

私はアニメと原作の力関係の変化も原因だと思う。昔はアニメが圧倒的に強くて有名だったかもしれないけど、現在は明らかに原作の知名度の方が前に出てくる。作品展開も原作のブランドで行われるからアニメ化で好きに原作改変するのは厳しくなっているのではないだろうか。
逆に言えばアニメ側の方がブランドとして強い、ジブリや京アニであれば原作改変に関してそこまで文句は出ないはずだ。もちろん作品の質が高いというのが大前提だが。

そう言えば、京アニに関しては原作改変に文句言うのは滅多にいないね。原作を把握しているのが少ないというのも理由としてあるだろうけど。



とまぁ、こんな感じで。
最近の中国オタク界隈における感覚からの原作改変要素に対する意見が出ていました。

中国では日本と比べてアニメの原作を把握している人の割合は少ないはずなのですが、アニメ開始前の時点で原作を把握しているような濃い人は作品関連の話題でもかなりの存在感を示すようですし、原作と比較するという明確な基準を打ち出せることから討論における説得力も出てくるのだとか。

中国オタク界隈では作品の面白さに加えて、作品がオタク的に「正しい」「優れている」のかといったことに関してもかなり重視されるような所がありますし、原作という基準を重視する流れが目立つようになるのもなんだか納得できてしまいます。
もっとも、近年の中国で人気になった日本の原作付きアニメを見ていくと、原作再現を重視する作品ばかりではないのも面白い所ですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「原作よりアニメの絵柄の方が好まれている作品ってどんなのがあるかな?」