ようやくゴタゴタに一区切りつきそうですが、体調の方がグダグダです。
ありがたいことに
「中国ではオタク向けジャンルが『二次元』と呼ばれるようになっていますが、二次元の範囲ってどんな感じなんでしょうか?」
という質問やそれに関係するようなネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

いただいた質問にもある通り、
近頃の中国ではオタク向けのジャンル名称として日本語から来ている「二次元」というのが定着して様々なコンテンツやスタイルに対して使われています。
しかしその範囲の認識については人それぞれな所もあるようで、時折「二次元の範囲」についての討論が行われたりもしているようです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「アメコミは二次元ジャンルに入るのか」
といったことなどに関するやり取りを、例によって


ウチの国の二次元ジャンルに関してふと思いついたんだが、アメコミって二次元に入るの?
オタクの話題としてのアメコミはそれなりにアリだと思うが、二次元扱いして良いのかは自信が無い。なんか違う気もするんだが。

私はアメコミは二次元の範囲内ではないと思っているが。

日本の作品もアメコミの影響で発展したわけだし、流れ的には二次元扱いしても良いんじゃないだろうか。

二次元の定義がわりと曖昧だからなあ……

自分はアメコミは二次元内だと認識している派だ。

二次元は日本の作品、日本のアニメやマンガだけだと言う人間もいるけど?

「マイリトルポニー」みたいなのは明らかに二次元扱いだし、今の時代にどこで作られたかというのは意味が無いわ。
結局は作品の内容、雰囲気次第じゃないか。

日本産だけが二次元とか言い出したら国産の二次元作品どうなるんだよ。

さすがに国産マンガやアニメは二次元だろ。

国産作品も二次元かどうかはわりと怪しい時があるしなあ……日本の作品の二次創作なら二次元だけど、国産CGアニメとかになると分からなくなる。

3Dは二次元じゃない気もするが、日本のアニメ風の3Dとかもあるしね。
定義を厳密に考え出すと色んな例外が出てきて分からなくなる!!

国産マンガに関しては明確な境界線は無いような。
ただアメコミを急に出されると二次元かどうかで迷うかも。

二次元とは文化だから、アニメやマンガやゲームのアートを指すものだ。
だからきちんとしさ国産アニメやマンガであれば二次元文化だし、子供だましの量産アニメは二次元文化にそぐわない。作品に関る態度の問題でもある。

アートだとか作品の価値だとか、子供向けじゃないとかやりだすと、プリキュアとかの子供向けアニメを二次元扱いにしていいのかという話も出てくるぞ!

アメコミに関する判断基準は簡単だ。アメコミはリア充の見るもの、彼女と一緒に見るものだ!
俺達キモオタとは関係ない。つまり二次元ではないんだ……

女の子と一緒に見に行く映画の選択肢とかをイメージしているのかもしれんが、実際はアメコミ見たがる女の子ってかなり少ないぞ。

アメコミ好きな女性がいるとかどこのバースの話だよ……

二次元文化って自然発生的と言うか、文化の定義から始まったものでもないし、結局は感覚的なものだから難しいな。
私は日本のアニメやマンガゲームの空気があれば二次元だと思うけど、純粋なアメコミの系譜の作品になると別ジャンルな気がしてくる。

そもそもの前提として「二次元」という言葉が日本語な時点で、日本の作品メイン、限定な印象になるのは確かだ。しかしそういうのを気にせずに使われている印象もある。
(訳注:日本語の「二次元」に相当する中国語は「二維」です)

アメコミもオタクとしての知識にはなる。
自分は最近のアメコミ映画は普通に楽しんでいるし、ネタの共有的なことはやる。しかし二次元枠かと言われると違う感じがする。

スーパーヒーローとか変身ヒーローはジャンル的に二次元だと思うんだけど……
強力な力と主人公補正で戦うのは良くも悪くも二次元に共通するネタだし、それをさかのぼるとアメコミに行きつくと思う。

アメコミも単純なパワーと主人公補正ばかりじゃないぞ。深い内容の作品もある。あまり広まらないだけで。

アメコミに関してはむしろそっちの深い、大人向けの部分の方が広まっているんじゃないか?評価の面でもね。
私はそのせいで逆にハードルが高くなっているようにも感じる。もっと単純な、良い意味で子供向けな作品であればいいのにとね。

そういう深い方に行ったり、現実世界とのつながりが常に存在したりするのが、アメコミ系作品が非二次元的に感じられる理由かもしれん。
現実の社会問題とかもテーマにされるし、二次元は二次元と割り切れない。それが悪いわけではないんだが。

話題としての扱いやすさの問題もある。
二次元界隈はアメコミネタよりも、純粋に日本の作品や日本の作品的な空気について語りたい人の方が主流だ。

アメコミ系は濃さ、知識量の個人差が大きいしね……映画だけ語るならいいけど、マニアな方向に行くとめんどくさくなる。
あと今思い付いたが内容に加えてビジュアル的なものも理由になるんじゃないか。

その意見は理解できる。私は「ジョジョの奇妙な冒険」があまり二次元に思えない……!!

とりあえずどこの国の作品かというのはあまり関係ないと思う。
マーベルやDC以外の、例えば上で出てる「マイリトルポニー」とか、あとはディズニーは二次元扱いでいいだろ?

ディズニーを二次元じゃないというヤツはいないと思うが、アメコミヒーローを二次元と言うかは判断が分かれるような。
ウチの国の二次元、その前のACGの流れでは日本のアニメやマンガ、ゲームが中心だったから。

ゲームならそれこそ「MARVEL VS. CAPCOM」みたいなのあるし、厳密に分けるのは不可能じゃないか。

日本の二次元作品を見ていると、普通にアメコミネタを取り込んでいるし二次元枠にしちゃってもいいんじゃないかなーと

FGOでもキャラそのままではないけどアメコミ系のお約束ネタを持ち込んでいるサーヴァントの一群がいるからな。

結局は感覚的なものだろうし、あまり難しく考えないでもいい。
自分の場合は近頃のアメコミヒーロー系の映画やドラマの実写までいくともう二次元じゃない。ビジュアル的にも、内容的にも。

2D平面な作品、或いは2D平面的な画風の作品であれば二次元でいいだろ。
アメコミは広義では二次元だけど、狭義では二次元じゃないくらいでさ。

2Dを基準にすると、特撮はどうするんだという話が来るぞ!
特撮は「真人動漫」でアニメ枠だったという背景がある。

あー……特撮とかはウチの国の二次元だと結構判断が分かれるな。伝統的に「動漫」カテゴリにされていたから、二次元の関係に思える。
日本の作品に関しても普通にオタク向けの作品扱いで出てくるし。

特撮は2.5次元くらい?
コスプレ単独よりは世界観や雰囲気的には二次元寄りだと思うんだけど。



とまぁ、こんな感じで。
グダグダなやり取りが続いていました。

上のやり取りにもありますが、「二次元」という言葉自体が日本語ですし、日本のコンテンツのオタクの間で使われていたのがボトムアップ的に広まった概念という話もありますから、いざ定義を考え出すと日本のコンテンツベースでのものになるようです。

ただ実際の所、現在の中国におけるオタク向け、場合によっては若者向けで非3Dなコンテンツに対して使われているような節もありますし、かなり好き勝手に使えるジャンル名称という印象も受けますね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。