ありがたいことに
「昔の記事で中国では男性向けは明、女性向けは清がトリップネタや妄想ネタで強いということでしたが、今の中国で歴史ネタの作品を作る場合に人気が出る時代はどうなっているのでしょうか?」
という質問をいただいておりましたが、ちょうどいいネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

近頃の中国ではソシャゲの発展もあり、若者向けのコンテンツのキャラクターや世界観として歴史ネタの存在感がいよいよ強くなってきているそうですし、中国オタク界隈でも自国の歴史ネタで自分達の好みの作品が、オタク向けな作品がもっと出てこないものか……といった考えも強くなっているそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「中国の歴史でアニメやマンガにしたら面白そうな時代」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ウチの国の歴史でアニメやマンガにしたら面白そうな時代ってなんだろう?三国時代はもうたくさんあるから無しで。

春秋戦国時代は?
日本の作品では三国時代ばかりだというときによく出てくる。実際日本の作品でもこの時代を扱っている作品はかなり少ない。

確かにそういう意見もよく出るけれど、春秋戦国は時代が長くて有名人物が分散しているから歴史ネタメインでやると結構厳しそうなんだよな……

理想は同時代同時期に有能な人物やクセのある人物、悪役が「数多く」いることだよね。
三国レベルが理想、楚漢でどうにかって所か?

どの時代でもやろうと思えばアニメにはできるんだし、結局は元ネタを改変した作品の出来次第だ。現在の小説や実写でも定番となっている秦や康熙帝時代は史実に基づいているわけではない。重要なのはどう改変するかだろう。

だから歴史ネタとして使い易いのは、面白くなるのはどの辺の時代かという話になるんだろ?複数の加工を経るとしても、素材としての価値は間違いなく影響するのだから。

近代寄りになるが、民国時代の諜報戦は面白いと思うんだけど。

諜報戦ってアニメには向いていないと思う。あまりハードな内容や、突っ込んだ内容にはできないし、路線の迷走とかで容易にトンデモドラマ化する。実写ドラマのダメな作品がそれを証明してくれている……

民国時代はウチの国では「公式」で扱っても大丈夫なネタがコロコロ変化するしやり難い。
あえて言うなら面白いネタが無いのは元だろう。他はわりと何とかなる。

どの時代でも、歴史ネタに関しては審査検閲の問題が関わるからな。
そちらの方面から考えると、既に問題となる部分がハッキリしている定番の時代が「創作に向いている時代」となる。

安全さでいくならやはり神仙バトルになる。封神演義的な方向であれば、よほど極端でなければ大丈夫だからとても安全なネタだ!あれも一応歴史枠でいいだろう。

李淵と李世民は色んな解釈ができて話も派手にできて良さそう。

演義ベースのイメージが強くなるが、隋唐はどうだろう。
三国演義みたいにやれると思うんだけど、なかなかアニメまでいかない。

隋唐演義は主要キャラの名前からして、創作が入っているからなあ……内容に関してもキャラの強弱関係が決まっているから今の時代のコンテンツとしてはいじれる部分が案外少ない。

イロイロな問題を考えると、歴史そのままじゃなくて、武侠小説をアニメ化マンガ化する方が楽だし、面白くなると思えてしまう……

劉秀メインでやるのなら間違いない。見たい人間もたくさんいる。
仲間枠でも雲台二十八将がいるし、敵には王莽がいる。

この手の話題でほぼ挙がる劉秀だけど、以前「プラスの方の属性が過多で逆に困る」と言われてちょっと納得してしまった。

劉秀は人気高いし史実も凄いんだけど、創作にすると劉秀が俺TUEEEEE過ぎるんだよな。やってみるとそんなに面白くならない。特に長編。他に例えば春秋戦国の范蠡とかも今の時代だとキャラ的に逆に難しい気がする。

なら今の時代のネタとして孔子や孟子で諸国漫遊みたいなのやってみたらどうだろう。古代中国の宣伝にもなるから観光ネタにもつながる。

春秋戦国とか、秦や政を主人公のベースとかの話を思い浮かべる人は少なくないだろうけど、史実からアニメやマンガ的な物語にするには結構大きな魔改造が必要になると思われる。
そこで中二的なセンスを発揮出来るなら良いんだが。

史実の方が勝ち過ぎたり優秀過ぎたりして困るケースもある!

劉秀で勝ち過ぎということなら陳慶之はどうだろう。

勝ったというなら我が国の太祖様をテーマにハーレムアニメを!

やめろ!内容も関係者も鬱展開にしかならない!!

やはり昔から言われている秦の始皇帝、漢の武帝、唐の太宗、宋の太祖がアニメやマンガにも向いていると思う。関連作品が多く人気が高いということは物語にしやすいということでもある。

毛主席ではちょっとなんだが、明の朱元璋は中国の歴史上でもかなり珍しい人物だし、主人公にしても国を作るという方向でも面白くなると思うんだが。

明はその後のアレな皇帝達を描写しなければいける……!明ネタの歴史トリップ作品も多かった!

歴史をテーマにすると重厚になり過ぎるから元々題材的にアニメには向いていないんだよ。歴史を直接テーマにした二次元作品とかほとんど無いだろう?
日本でさえ大河ドラマの題材となっている時代がアニメ化されることはほとんど無い。あるのは「戦国無双」や「戦国BASARA」みたいなネタ路線くらいだ。

横山光輝が歴史方面で何を描いているか調べてみろ。
あと全く同じではないけど、大河ドラマと共通する時代や人物の作品は探せば大体出てくると思うぞ。大河ドラマって日本ではそれなり以上に有名な時代や人物がテーマになる。

唐末期とかはどうだ?武侠モノで使われるけど二次元系ではなじみのない時代だと思う。

テーマにされることが少ないというなら、五代十国も!

元も末期は面白いぞ。実質的に明の始まりかもしれんが。

各王朝交代の時期だったらいくらでもネタになるだろう。

ほう、じゃあ鄭成功主人公で怒られないと?

短期間に王朝が交代する時代とかだと、そのまま描写したら倫理基準的にアウトだったり、暗君暴君多過ぎで救いが無くなったりするんだが……

十六国から南北朝まではまぁ、うん……

面白くなるかは別として、五胡の時代にやったらかなりのダーク路線いけるぞ。

南北朝は個人的に良いと思うんだけどなー

その辺だと北斉が面白そう。高澄とかギャグ展開にもなるしその後の鬱展開にもできるぞ。

蘭陵王とかもいるから、ネタ自体はあると思うんだけどね。
でも歴史モノでやるとアレな時代なのも間違いない。

私は王朝末期を滅ぼされる視点から描いてほしいけど、そういうのってあんまり需要が無いだろうからな……
基本的には三国時代や南北朝時代、あとは王朝交代、建国の過程といった辺りがアニメやマンガにしても面白いだろう。キャラに関しては小説で主役はっているような人物ならいける。

ここまで出ていないのだと漢の劉邦が死んだ後の時代をやって欲しい。特に恵帝関係を。
ヒドイ父と母から生まれた人として正しかった恵帝みたいな感じでやるのも良いんじゃないか?もっとも鬱エンド確定だしドロドロし過ぎだし商業作品は厳しいかな……

あまり題材にされていない時代の背景説明の手間をなんとかするくらいまでは良いんだが、作品のキャラとして使い易い人物が不足しがちなのが難しいと思う。もちろん目立つ人物はいるし、その人物中心に描けば何とかなるとは思うが、サブキャラが不足している。

ダメ人間や暴虐なキャラばかりでヒーロー枠が、その……
あと資料的に当然だが、基本的には王朝のトップである皇帝が目立つから話のパターンが限られてくるみたいな所もあるんじゃないか。

逆にドラマにする場合はシチュエーションや大道具制作、流用が楽でいいのかも。

結局のところ、アニメやマンガ向きということになると三国時代になってしまうよな。

こういう話題で討論してみると、結局は三国時代がどれだけ「有用」なのかが分かるよね。
特に今の時代はソシャゲ展開とセットじゃないと厳しいから、解釈次第で色んなポジションに配置できるキャラが多くてシチュエーションも多数作れる三国時代は本当に強いと思ってしまう。



とまぁ、こんな感じで。
日本における中国の歴史ネタの定番の時代とはちょっと違った、現在の中国オタク界隈、中国の若い世代で人気の時代やイメージのようなものも出ていました。

ちなみに近頃の中国ではゲームなどを中心に歴史人物をキャラクターとして活用する流れも一般的になっていることから、歴史ネタに関しても歴史人物をキャラとして解釈したりといったこと行われたりしているそうです。

最近の中国の国産コンテンツでは中国独自路線の若者向けコンテンツ、二次元枠の歴史系コンテンツがイロイロと出ているようですし、当ブログ的にも日本の感覚とは違った面白いアレンジが出てくることを期待してしまいますね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。