ようやく新年度のゴタゴタに一区切りつきそうですが、GW前まではあまりゆっくりできなそうな気配が……
さて、ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国でも作品の主人公の評価が作品の人気に直結しますし、主人公の設定や性格の好き嫌いについてもイロイロと話題になっています。

近頃の中国オタク界隈では主人公に関して
「やさしいというのが特徴のキャラ」
というのは特にネガティブな扱いにされがちだそうで、その辺りの好みも含めて日本のアニメの主人公の設定に関するイロイロな討論が行われたりもしているのだとか。

中国のソッチ系のサイトでは
「最近はやさしいことが特徴な主人公をあまり見かけない」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


最近はやさしい主人公が減ったよね。良い傾向だ。

確かに「やさしい」主人公を以前よりも見かけなくなったように思う。
やさしい以外の良さが無いキャラは引っかかるものが多かったからね。ヒロインのデザインが好みでも見続けるのが苦痛になる作品も珍しくなかったよ。

あれは見せ方の問題もあったんじゃないかな。
いつの間にか、やさしいから他のダメな部分も許されるみたいな感じになってしまったようにおもう。勉強も運動もダメだって?いやせめて勉強くらいは努力しろよ!?と感じてしまう!

見ている作品が少ないだけだろ。やさしい、男らしくない、ヒドイ主人公は相変わらず多いぞ。

でも人気になる主人公、評価の高い主人公からは「やさしい」のが減っているし、一時期より見なくなったのも間違いないと思う。

ここ最近で見れば変化は分からないかもしれないが、十年くらいのスパンで見るとやはり減っていると思うよ。
俺がオタクになったばかりの頃は多かった。「ゼロ魔」のサイトみたいなのが比較的マシに見えたレベルだったからな。

ラノベ原作が減った今ではそういうの減ったんじゃないかなあ

ハーレム系作品が飽きられてきたんだよ。それに対して熱血系は常に需要がある。

熱血系も流行り廃りはあるぞ。例えばロボ系アニメがスーパーロボットからリアルロボットに移行してその後またスーパー系要素やリアル系が出たり消えたりしているのとかね。

上の方でも出ている勉強もそうだけど、日常的にやれることをきちんとこなして結果を出しているような主人公が増えた。
昔はやさしいという取り柄があってダメであることが良いとでも言わんばかりの空気だったように思うね。

勉強ができる「学覇」な主人公増えたよね、1月も4月も勉強できる主人公がいるし、タイトルに「勉強」を入れるとか、設定に組み込むのも出ている。

相手のアクションを待つより自分で判断して動くと感じられるタイプが増えているような。
自分がオタクになったばかりの00年代でも既にこの手のヘタレ主人公に対する不満や批判は増えていたようだし、その影響が現在の作品に出ているんじゃないか。

男らしい主人公が増えたってことなのかね。

それもちょっと違うのでは……男としてカッコイイキャラ、男性人気の高い主人公は増えているように思うが……

やさしい主人公が消えるどころか、最近は男主人公が消えているようにも思うんだけど。

オタクに媚びた作品が減ったんだよ。今ではたくさん美少女キャラの出てくる作品であっても、女性向けや男女両方に向けた作品が多い。

オタク向けは相変わらずオタクに媚びている所はあるぞ。俺TUEEEEEもそうだし、女性キャラだけの作品とか百合向けで更にディープな層に媚びているのもあるわけだしな。

「やさしい」に関しては硬派なキャラが飽きられて、その結果出てきたという話もあったような。それがまた次の段階に移ったのだろうか。

一回りして強い、頼りがいのある主人公が求められているように感じる。実際俺もそういうのが好きだ。

昔はそういう頼りがいがある、義務をまじめにやるというのが冷笑されていたらしいけど、今はそれを冷笑するのが冷笑されているんじゃないだろうか。

私も「やさしい」をアピールするキャラは減っているように感じるけど、それって日本の経済が復調しているのも影響していたりするのかね。
草食系とはまた違う、内向的消極的なキャラは日本社会がバブル崩壊で元気がなくなった結果という分析もあったが。

自分もその論調は見たことがあるよ。
やさしいとか、自分を探すとかで悩むキャラ、行動しないキャラとかは高度経済成長期、バブル期に対するカウンターだという話だった。

そう言えば、日本の作品からは「ヤサシイ」が減ったけど「ツッコミ」も一昔前に比べると減ったよね。

それに関してはツッコミだけ系から、ツッコミする上に実力ある系に変化しているような気もする。

ふーむ、銀さんとキョンの違いみたいなもんだろうか。

近年は「ワンパンマン」のように最強の主人公、俺TUEEEEEのできるキャラが流行っているように、流行りの主人公のテンプレが移るのは分かるが、「やさしい」が消えていった流れはわりと独特な気もするね。

「やさしい」関連では近頃の日本の作品では昭和風のキャラが増えたみたいな話も聞くんだけど、どうなんだろう?

昭和とはまた違うと思うよ。硬派なキャラとか努力、熱血系は相変わらず古いキャラか、サブのネタ系になっているように感じられるしね。
「北斗の拳」と「ヒーローアカデミア」を比べてみるといい。

昭和の硬派なキャラをそのまま今の作品でやったらギャグになる。

平成が終わって次の年号で呼ばれるキャラのタイプがどうのこうのみたいな話になっていくのだろうか。平成風の「やさしい」キャラ、草食系キャラは終わった、今の時代は……という感じで。

平成はやさしい、内向的、オタクって感じか?
次はどういうことになるのやら。

昭和風のキャラに関しては、成長するキャラ、ビルドゥングスロマン的なキャラというのも特徴だと思う。
最近の主人公キャラは最初から能力が高いから成長はしない。

なるほど。俺TUEEEEEほどではなくても、自力で様々な局面に対応するだけのスペックを持ったキャラ、優秀なキャラというのは最近の特徴かもね。

二次元のやさしいダメキャラは現状維持的なものでもあるし、社会の進歩や発展とは相性が悪いからな。作品内でも、ジャンルの扱い的にも淘汰されてしまうわけだ……!

淘汰かあ……現代の作品は短編の増加や商業的な理由や視聴者からの批判の即時性の向上などから主人公の成長を待っていられない事情があるしね。

成長する主人公が今出てこれないのも、やさしい主人公が見当たらなくなってきたのも、それが理由の一つかもね。

自分もやさしい系のキャラは正直好きじゃない。
ここ数年の間にラノベ原作以外はやさしい系キャラが減っているし、悪い傾向じゃないと感じているね。

何も持っていない、或いは秘められた能力が覚醒するのを待っているようなキャラは人気でなくなっているんじゃないか。

日本の二次元界隈に「やさしい」だけで何とかなる実感、空気が無くなったというのもあるような……そしてやさしいだけのキャラに惚れるようなヒロインの価値も下がっていったという説はどうだろう。

ふと思いついたんだが、ラノベ原作アニメに関しては原作が人気になるのとアニメが出る間に数年のタイムラグがあるから、流行の変化、受け手の好みの変化も発生しているのではないだろうか。

やさしいしか特徴が無いというか、行動しない責任を取ろうとしない、リスクを負って動こうとしないことをやさしいという言葉でごまかしてもらっている主人公は見ていて萎えるんだよね。
あと例えば敵を見逃すとか人間関係のトラブルを先送りにするとかによって、将来発生するリスクを放置するというのも、今の時代は批判されるし嫌われる要素になる。

そうだね。そういうやさしいアピールな展開って爽快感もないから微妙な評価になりがち。
近年は勉強に限らず、自分が獲得して活用できる能力を持っている主人公が増えているように思う。
イベントなんかは相変わらず受動的になったりもするけど、自分から動ける手段を持っているというのはやはり爽快感が違う。

そう言えば「Re:CREATORS」の主人公に関しては批判も多かったけど、ああいう巻き込まれ系で無能な主人公というのはもう厳しいのかね。

やさしいっていうこと自体は別に問題無いけど、ツッコミ所があったり、モヤモヤしたものが残る描写と関連したりしてしまうのがイカン。
やさしいキャラが嫌われるようになったのって、やさしい関連の描写がきっちり出来ている作品が少なくなったのも間違いなくあると思うよ。

今の俺TUEEEEE系も批判はあるし、勉強ができる系キャラもこれだけ増えると飽きられてくるから、どこかでまた揺り戻しが来るんじゃないかね。

どっちかと言えば螺旋のように回りながら移動している気がする。熱血系も昭和と今では違う。
まぁ向かう先が上か下かは分からんけど!



とまぁ、こんな感じで。
「やさしい」的な特徴に関する見方がイロイロと出ていました。

ちなみに近頃の中国オタク界隈、特にライト層での人気が高くなるような作品は主人公の人気が高いといった特徴もありますし、人気の熱が冷めやすい中国でも比較的長く人気が持続するといった傾向があります。

そんな訳で当ブログとしても、中国における作品人気の判断材料として、キャラやストーリーの良さ、設定の相性など以外に、主人公の人気に関してもきちんと注目していきたい所ですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。