ようやく一連のゴタゴタ終了の目途がついたものの、平常運航に戻るのはもう少し先になりそうです。
そんな中ありがたいことに簡単なネタを教えていただきましたので、今回はそれについてを。

8月に上海と広東の警察の協力のもとで、特大規模の偽登録商標案件が解決されたそうです。
この事件では総額3億元近くに相当するアニメマンガ関連の偽物のフィギュアや玩具やその製造設備、輸送車両などが押収されたのだとか。

そして先日、この件のお礼としてバンダイから上海市公安局黄浦分局に金色のユニコーンガンダムのプラモが贈呈されたそうです。
コチラコチラのニュース(中国語)などで報道されているようです。贈呈されたユニコーンガンダムの写真も掲載されています。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


上海の警察がガンダムを手に入れた!金のユニコーンガンダムだ!
8月に偽商品摘発の感謝として、上海の公安局に非常に貴重な限定版のガンプラが寄贈された!

これは財団Bの陰謀に違いない!きっと何かある!

あそこに関しては何かしら裏を勘繰りたくなるが、まぁ宣伝としては良い感じだよね。公安も外国企業からの感謝やニセモノ摘発の成果をメディアにアピールできるわけだし。

上海にはガンダムベースも出来たからね。
しかしいいなあ……限定版。それもちょっと所じゃないレベルの限定。

最高レベルのレアだぞ、これは。

あのユニコーンガンダムってどこかで買えるの?
まずそこが気になる。

ニュースでは世界に一台とか言われているし、一般販売だとデストロイモードのユニコーンガンダムで金メッキ版というのは無いよな?絶版モノ?

恐らく無い。
市販されているゴールド版は確かフェネクス、あとはRGの限定版にあったはず。ただ上海に寄贈されたのはPGっぽいし、サイコフレーム部分も緑だからそれとは違う。

ゴールドで緑フレームなアレは世界に一台というレベルじゃないか?
今後バンダイが上海記念モデルみたいに量産しなければの話だけど!

世界で唯一、それが公安局にあるならさすがにニセモノは出ないと思ったが、ウチの国だから逆に不安になってきたぞ?

そもそも本当にこれが唯一のものなのかよく分からんな。
このジャンルのオタクグッズに世界で一つだけのレアものとかあるものなの?

日本の二次元では非売品で一点物のグッズとか結構あるよ。
ベースは通常でも特殊な加工、このニュースの中のユニコーンのように金塗装やパーツ改造をして、更に公式商品とすればそれは立派な限定グッズだ。

中国の役所関係にプレゼントするならなんで赤にしなかったのかね。
ガンプラなら赤にしても何の問題も無いだろうに。

赤に関しては既にこっちのガンプラベースの限定版が販売されているからな。
一応限定扱いだけど、あの程度のレア度の商品そのまま贈呈じゃ話題にならん。

この間出た限定版の中国紅のユニコーン、トマト卵炒めガンダムとかネタにされているからこれでいいよ。

金色はパッと見て高そうだと分かるし、贈呈するには良い選択だと思う。
制作もたぶんバンダイ内で作っているだろうし、すぐに飾っておけるわけだな。

二線級以下の地方都市だと分からんが、上海だからな。
ガンダムの区別やガンプラの価値、社会への宣伝力は普通に把握しているだろう。

寄贈とは言え、ちょっと価値が高過ぎませんかねえ……これ、賄賂っていうヤツじゃないですかねえ……

正直に言わせてもらえばこの超レア物の近くで働いている人がとても羨ましい。

同感だ。あそこの警察に模型オタがいるならとても心に潤いが出るだろう。

しかし、またユニコーンか……もっと別の選択肢は無かったのか。

バンダイは中国にはユニコーンかストライクフリーダムやれば良いとか思ってんのかね。
限定版は大体この辺だし。

実際その二つが手堅いだろ。
他は人気や作品のファンもバラけているから限定とはいえ、量産するにはリスクが高い。

ストライクフリーダムからガンプラ入った、興味を持ったってのも多いからね。
自分も最初のガンプラはHGのストライクフリーダムだ。

ユニコーンよりフリーダムの方が上じゃないか?
ストライクフリーダムとフリーダムを出した方が売れそう。

SEEDだけだとさすがに偏り過ぎだし、ガンプラ売りたいバンダイとしても望ましくないんだろう。それにユニコーンの人気もなんだかんだで高い上に宇宙世紀系も絡められるからこの二つが安全確実となるのは理解できる。

00ファンの自分は中国だとプラモ関係では肩身が狭いなんてもんじゃありませんよ。

まさに超レアな一品。仮に転売したらかなりの経費の補填が……!

ガンダムとは盗まれるもの、つまり

ここからなんかのシリーズが始まるのか。

またガンダムが大陸に立つわけだね!!

宣伝で立たせるならやはりお台場のアレを持ってきて立てておくのが良いと思うんですけど。

警察の新装備「ガンダム」……ふむ、特車二課に新装備が来ると。

共産党軍にガンダムがあるかは分からんが、共産党の警察にはガンダムがある!と断言できるようになったのは間違いない。

それにしても、ティターンズカラーじゃなくて良かったな!



とまぁ、こんな感じで。
警察にガンプラ贈呈というのはネタとしても格好の話題になっていたようですし、更に中国オタク的には贈呈されたガンダムのレア度やらなにやらで盛り上がっているようでした。

近頃の中国はオタク系のコレクションをするのにもかなり便利になってはいますが、それでもまだ日本の都市部と比べると品揃えに不満を感じる、欲しいものがなかなか見つからないといった所はあるそうです。

また貴重なアイテムが出回ることも日本に比べると少ない、買い逃したら次の機会があるかどうか分からないという思いも強いそうです。そんな訳で中国オタクの面々は相変わらず「限定版」「レアもの」にはかなり弱いのだとか。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

こちらは昨年の取締まりの件についてです。
中国で大掛かりな海賊版ガンプラ取締り、被害額は2.3億元(約38億円)とのこと