ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただいたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈でも何かと嫌われやすい傾向の設定、キャラクターというのはありますが、作品の傾向の変化や中国オタク界隈の世代交代などから、そういった部分に関する変化も出ているそうです。

中国のソッチ系のサイトでは
「昔は女性キャラがたくさんいる中の男性キャラは嫌われていたのに、最近はそうでもない?」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


昔は緑一点だか黒一点だかの状態、女性キャラがたくさんいる中の男性キャラは嫌われていたのに最近の作品はそうでもないよね。何が変わったんだろうか。

ちょっと考えてみたが、男女のキャラ配置的には極端な作品を除けば昔とそこまで大きな変化はないと思う。
ただ恋愛要素の配分昔とは違ってかなり計画的になっているような?あくまで私の思い付く範囲の作品で考えたものだけど。

近年の作品ではそういう男キャラってかなり気を使って動かしているように思える。
あまりヒロインと接触してもいけないけど、話を動かす上では必要になるので微妙なバランスがないといけないわけで。

笑えるキャラなら嫌われないとか思ったが、それだけではないか。

別に最近の作品が恋愛要素無しにしているわけでもないんだよね
「ダンベル何キロ持てる?」や「女子高生の無駄づかい」でも一応ヒロインに憧れられるようなポジションにいるし、「ゾンビランドサガ」のプロデューサーも女キャラとの関係はかなり濃い。

キャラの造形次第じゃないのか。
嫌われる性格のキャラだとどうやっても嫌われる。

キャラ造形よりもキャラの見せ方や活躍のさせ方だろう。特にキャラ同士の交流で印象が変わるしファンの評価も変わる。
最近の作品はキャラの交流、余計なカップリングや解釈が入る要素を意識して減らしているように思うね。昔の作品はなんとなく恋愛要素入れたり、余ったキャラ同士くっ付けたり、逆にフラグだけ立てて放置するか壊すかみたいなのがわりとあったように思う。

以前はその手の男一人だけってのはハーレム系の主人公、ラブコメの主人公が多かったからだろう。その手のキャラは大体が魅力を感じられないのになぜかハーレムを形成できるから嫌われた。

それでいてルート分岐まで結論を出さないためにクズになってしまうからね。
ただこれは「ニセコイ」のように比較的最近でも普通に出てくる問題でもあるかと。

「メイドラゴン」のように、メインの人間関係は女性で男キャラとの人間関係はその外周、内部にはほぼ絡んでこないという作品はどうだろう?
いや、これはちょっと違うか?

女性キャラばかりの作品で男が混じるのはバトル系作品や、女子校が舞台の作品といった形でそれなりにあるが、言われてみれば昔とは男キャラに関する印象は変わったかも。
最近の作品だと普通に受け入れられて、人気になる、愛される男性キャラも珍しくない。

作品ごとに前提条件や設定が違うし単純に比較できるものでもないんだが、確かに昔より女性キャラが目立つ中で叩かれる、いらないと言われる男性キャラ減ったな……

私も言われてから気付いたが、一昔前だったらハーレム系、ラブコメ系な作品が始まりそうなキャラ配置なのに全然印象違う作品あるな。
結局はテーマやストーリーの転がし方が違うという点になるんだろうけど。

今でも一歩間違えれば、余分な要素入れたら炎上すると思う。特に恋愛関係やラッキースケベ、NTR系。

昔のハーレム系主人公ってやさしいだけで惚れてもらえて、それでいてウジウジと悩む、決断できないという傾向があったからな。ルート選択をハッキリできないアニメ作品の問題でもあったが。
今の男キャラは中心にはならないけど、きちんと個性や強みを持っているから女性キャラとの関係、憧れや恋愛感情みたいなのも納得できる範囲になるのでは。

なんだろう、うまく言えないが確かに扱いが違う気がする
例えば「リリカルなのは」「咲」のような作品の頃のような、ヘイトを稼ぐか、そういうのを避けるためにいつの間にか消える男性キャラとは違うような……

昔だってハーレム系作品の主人公じゃなくても、女ばかりの中に男キャラっていうのは無いわけじゃなかったからね。

自分の中のイメージだと以前は主人公、その親友かライバルキャラかその両方が男であとは女がたくさんという感じだった。そして結果的にどっちも嫌われるか、相対的に主人公の方が嫌われるかという流れに。

サブキャラだからってだけだよ。
重要なキャラじゃないから気にならない。ヒロインとのラブコメ展開も無いから嫌われることもない。

主役ではないけどメインキャラクターに入るのは重要なキャラじゃないってことはないだろう。それに「ダンベル何キロ持てる?」とかでは実質的にストーリーを進める役割だ。

そこまで極端ではないけど、最近のヒロイン多数の作品で叩かれない男性キャラを見ていくと、恋愛関係の中心にいる、決断をしなければいけない立場にいるケースが無いというのは好感度に影響してそうだ。

私は百合系の作品をよく見るが、女の子の百合に影響さえなければ男キャラいても嫌いにはならんな。

逆に疑問なんだが、男女半々くらいの作品ってあまり話題にならんけど、そっちの方が難しいのかね。今の時代は。

半々の方が人気やヘイトのコントロールは難しいと思うぞ。
活躍だけでなく問題を起こす、悪化させる役割の割り振りもある。それに誰と誰がくっつくかでまた荒れる。

言ってはなんだが、みんな男性キャラに対する要求の方が厳しい。「いい男」なキャラを作って活躍させるのは難しい。現実でも男による男の評価って厳しめになりがちだろ?
昔はそういった方面があまり重視されなかったけど、今はきちんと気を配られているということなのでは。

女性キャラの多い作品の男性って、女性キャラの個性を引き立てる役割ができていて更に余計な事をしなければいい。
そういうのを割り切って作られたキャラが増えているんじゃないかね。

例えば「みなみけ」の二期みたいなことが一番ダメなやつだが、逆に作品の空気を壊さない、女性キャラの関係に割って入らないというならキャラとしては問題無いよね。

ダメな男キャラが恋愛の対象だとやたらと問題が起こる印象もある。
コメディ系、ギャグ系のキャラだと問題無いのだろうか?でも最近の作品を見てもそういう設定が無くなったわけじゃないし……

恋愛メイン、誰と誰がくっつくというジャンルではないから問題に感じない。
一方通行の恋愛感情、変化の無い片思いとか、舞台装置的な関係ならヘイトを稼がないのではないかと。

それはあるかもしれない。どちらにしろ、良い感じの男キャラを出すのは良い傾向だと思う。それによって女性キャラが多様化できるわけだし。
言ってみれば、これはキャラの活用方法の進化に思える。

真面目に言わせてもらうと、女性キャラの中に一人男を混ぜる設定は面白いし効果的だと思うんだよね。話もキャラも動かしやすくなるし、世界観もそこまで極端にしないで済む。ただオタク向けのハーレム系、日常系だとヘイト管理が難しかっただけで。

女キャラだけだと百合方向に行ったり、現実味が薄れたりするからな。
それは確かにある種の進化なのかもしれん。

見ている側から望まれていないことをする男性キャラは少なくなったように感じる。これって昔と比べると、男性キャラを割り切って扱えるようになってきたということなのかなあ



とまぁ、こんな感じで。
昔を振り返って今の作品と比較したり、最近の作品の傾向を考えてみたりするなどイロイロな考えが出ているようでした。

考えてみれば、最近の中国オタク界隈では叩かれる作品やキャラ自体は相変わらず出てはいるものの、極端に嫌われるキャラというのはあまり見かけなくなったように思いますね。
上にもある通りハーレム系作品の男性キャラなんかはかなり嫌われやすく、それがそのまま作品のイメージや評価につながってしまうこともあったりしたのですが。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。