ぼちぼち10月の新作アニメが出揃ってきていますが、
ありがたいことに
「慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜」

に関する質問とネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

中国オタク界隈でも既に日本のネット小説の異世界モノは定番ネタとして認識されているそうですが、この作品についてはお約束ネタのパロディに関する受け止め方なども含めてイロイロと話題になっているのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」
などに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます
(一応気を付けてはいますが、今後の展開に関するネタばれっぽいものも混じっていますのでお気を付けください)


「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」の第一話、良いじゃないか。異世界ネタは食傷していたが、ここまで崩してテンプレをネタにすると面白くなって来るな。

「このすば」の時点で既に日本の異世界転生系ネタのパロディだったが、これはそこから更に進めてきた感がある。

今期は異世界を「ネタにする」作品が面白いかもしれん。

カッコつけて俺TUEEEEEしているのが寒かったり主人公もその周囲も世界観も頭が悪かったりと微妙な気分になるが、最初からギャグ寄りならばそんなに不快じゃないからな

意外に笑える作品だった。
特に女神の崩れ方と豊崎愛生の演技が良かった。

あの顔芸は凄い。
初登場時の美しい姿が全く維持されていない!

アニメ版の女神はキャラデザ良いし、演出と中の人の補正も加わってネタも含めて良い印象になったね。
漫画版の感想だと女神に関してボッコボコだったから不安要素だったが、アニメだと期待要素になったかもしれん。

ヒロイン?の女神の声優スゴイな。
調べたら豊崎愛生だったのに驚いたが、確かにけいおん!の唯っぽい演技の部分もあった。

女神の演技はこの一話の中だけでもスゴイ幅があったなあ。これがけいおん!で一時代を築いた声優の本気か。

近頃はネタ系女神とネタ系異世界転移転生が流行っているのだろうか

アクアからの系譜なのかね。
第一話を見た印象は「予算が十分に供給されたこのすば」という所だろうか。割と楽しめたから今後にも期待。

慎重な準備……また筋トレ……最近の日本の二次元は筋トレブームなのか?

そりゃあ転生を願ったり女神にお願いするより自分のマッソーにお願いする方が現実的だからな。

しかし、これは本当に慎重なのか?異世界に誘拐されて戦わされるというならこの程度はまだ慎重に入らないのではないだろうか?

うむ、まずは十分に調査や質問尋問を行うべきだろう。
鍛錬するにしても、地球のルールが適用されるとは限らない!

そもそも自分を不可解な手段であっさり誘拐してくるような相手にあんな不遜な態度をとるのはどうなのか。そこがまず慎重ではないのでは?

その辺についてはどの程度が共通認識として存在するのかがハッキリしないのはややマイナスだね。とりあえずJRPG的世界観らしいようだが。

装備、アイテムもゲーム的だったな。
鎧3つ、消費アイテムたくさんというのは現実でもなくはないが、レベルも含めてゲーム系の思考に感じられた。

3つ確保は基本だし慎重すぎるということは無い。
常識的に考えて実用、コレクション用、布教用で3つは必要だろ……!!

ちょっと納得してしまったじゃないか。
しかし面白いけどなんて言うか細かい所のズレも感じる。例えば心配する、慎重にしなければと思うネタが日本とこっちではズレている気もする

中国と日本ではネット小説のお約束も微妙に違うからね。笑えるけど時折引っかかりを覚えるのには同意する。

慎重さのズレに関しては声優の影響もあるかもしれない。主人公の声、ゴブリンスレイヤーの人だから。

確かに主人公が喋るとゴブスレがトリップしてきたように思えるわ。
もっとも、あっちでも慎重ではあったがこっちとは慎重さのスタンスが違うのが笑える。

ゴブスレの時はTRPGで準備関係におけるルールの裏やGMの意図を想定して慎重に進めるスタイルだったからな。

この作品を見ていて、改めて日本の二次元の異世界ネタはギャグ系が良いと思った。みんなでツッコミ入れながら笑って楽しめるのが良い。
真面目な異世界俺TUEEEEE作品を見たいなら感覚が合って好みも選べるこっちのネット小説読めばいいわけだ

女神の情報が信用できないにしてもきちんとした情報収集を行わない、対策としての準備をせずにレベル上げするだけというのが「慎重」に思えない、ツッコミ多発している原因なのかね。
ゲームで言う所のとりあえず納得するまでレベル上げみたいな感じなのかな。

そこら辺はこの主人公と女神のネタバレに関る所で後の方になれば分かってくる部分だから今はスルーして笑っておくのが良い。
慎重の方向性や行動にもどかしさを感じるのも理解できるが。

ところでギャグにしか見えないけどこれ全部今後の鬱展開の伏線って本当?
商業的にそういう作品をアニメ化する意味が分からないから半信半疑なんだが。

ネタバレ避けるために詳しくは言わないが、一応主人公の行動には理由がある。
アニメ化で改変入らないなら、後の方に鬱というかわりとえげつない展開になるから、そこまでお気楽な話でもない。心の準備はしておいた方がいいかもな。

私も昨日ネタバレで後の方の鬱展開が書き込まれているのを見てしまったんだが、実際どの程度の精神的ダメージを与えてくるんだ?
俺は気楽に見れる作品だから追いかけようと思っていたんだが、ネタバレ見てから迷っている。

いや、あらすじを曲解すれば鬱に見えるかもしれんが基本的にはこの主人公と女神を中心にしたギャグ作品だよ?

原作小説を読んだ感じでは鬱っぽい展開と言っても、例えばFGOの本編とギャグイベントほどの差は無いぞ。そんなに心配しないでもいい。今は女神の顔芸を楽しんでおけば問題無い。

原作は1巻からわりとグロ描写入ったはずだが、その辺どうするのかも気になる。
ただ今までアニメ化されたネット小説系作品も原作ではそれなりに鬱だと言われていたパートはあったがそれと比べて特別にヒドイわけでもないから別に心配しないで良いんじゃないか?
第一話の時点でアニメ化の方向性は明確にしてきたから、そこを崩すことも無いだろう。

「このすば」とかでも厳密に考えるとアレな部分はあったし、「劣等生」なんかもイロイロあったからな……

実は「このすば」の世界もかなり厳しいし、カズマ以外だと最初のデュラハンで積む難度の高い世界なんだよね……

この作品の「準備」はネタだが、鍛錬して強くなって複数の世界をまたにかけるというのはウチの国のネット小説に近い部分を感じられるし、今後の展開についても気になるね。

原作はちょこちょこと挫折者が出そうなポイントがあるからどうなるやら
俺TUEEEEEとタイトルにはあるが、そこまで単純に俺TUEEEEEできるバランスの設定じゃないし、どういうバランスでアニメ化するのかは気になる。主人公や女神の掘り下げもあるだろうし。

魔王の方も慎重でセオリーが通じない展開は笑った。
確かにレベル上がる前に殺すべきだよな!

当初予定していた追っかける作品の中には入っていなかったが、お前らのネタバレ情報と豊崎愛生の演技で追っかけるの決定。

しかし今の所の印象では慎重ということなら「オーバーロード」の方が慎重に思えるな。敵に対しても部下や知り合いに対しても。
ギャグ寄りだから真面目に考えるネタでは無いだろうけど、

「オーバーロード」も骨王の慎重モードは大体シリアスに見せかけたギャグパートなんだが、同じくギャグにしているはずのこの作品とは印象が結構違うのは面白いかも。

今の所はかなり良い。キャラの言動も、作画も気持ちよく見れるし笑える。

「動くと女神が面白い」作品だよな。
ストーリー的にも仕掛けがあるようだし、俺も追っかけてみるか。



とまぁ、こんな感じで。
第一話の評価に加えて、早速ネタバレと伝言ゲームが始まっているようですが、伝言ゲームの内容と一話の印象が違うことによる微妙な混乱も起こっているらしく、結局は
「とりあえず続きを見てみるか」
ということになっているような所もあるとかなんとか。

近頃のアニメ化される日本のネット小説出身の作品は、コミカライズ版が先行して中国に広まっていることも多いので、先の展開を知っている、ネタバレ情報が広まっているケースも珍しくありません。

その結果、アニメの配信開始時点で
「その後の展開や評価を聞いて作品の視聴を決める」
ような人も出ているそうです。
これが肯定的な方向に作用するなら良いのですが、作品によっては否定的な前評判が形成されてしまい、配信前から作品叩きの流れが生まれてしまうケースもあるとのことです。

それからこの作品に関する質問と一緒に
「カクヨム系の作品で中国で話題になっている作品は何かありますか?」
という質問をいただいております。
あくまで私の見ている範囲の印象ですが
「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」「継母の連れ子が元カノだった」

などのラブコメ系が比較的目立っていたように思います。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。