App Storeの反映遅延でFGOのメンテが終わらず少々ガックリしている今日この頃でございます。12月に入ると忙しくなりそうなので、今のうちに楽しんでおこうと思っていたのですが……

ただありがたいことにそんな気分の時でも手軽に更新できそうなネタをおしえていただいたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈ではときたま有名だけどよく考えたらいつからあるのかハッキリしない、このちょっと頭の悪いネタはどこから来ているのか……などという話題が盛り上がることもあるそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「おっぱいから攻撃するロボの元ネタや影響は」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


どうやったら日本のロボはおっぱいが武器になるなんてアイデアを考え付くんだよ……

あれって言ってみれば伝統的な武器だよね。

日本のアニメのメカ関係での女性型はロボ寄り人間寄りを問わず胸部からの投射武器を装備していることが少なくない。マジメな作品ではさすがに少ないが、ちょっとネタに走った空気があるとそれを繰り出してくる印象だ。

「ME!ME!ME!」にもあったよね。集団のおっぱい射撃が。

こんなの誰が考え付いたんだろう……色んな意味でトンデモナイ鬼才だ。

昔のSFチックなコスチュームの女性キャラって胸部を尖らせているデザインになっていたりするが、そこから砲撃につなげるとはなあ。

胸部からの砲撃は「ガンダムW」のガンダムヘビーアームズとかがあるが、それと女性型のおっぱいミサイルや火炎放射は重なるような重ならないような

自分は胸部からの砲撃はシュトロハイムの重機関砲のイメージだな

私はメタルグレイモン。でもあれはさすがにおっぱいミサイルじゃないよね?

同カテゴリではあるんじゃないか?
おっぱいからビームは基本。「ハイスクールD×D」とかにもあった。

メイン所じゃなくても、B級的な空気の漂う作品で頻出しているように思う。

大元は分からんが、広まった原因の作品はハッキリしている「マジンガーZ」だ。

誰が創ったと言われたら、具体的には永井豪だろうね。
日本のスーパーロボットの原点から既にあったネタ。アフロダイAのミサイル。

そんなに初期からあるネタなのか……有名だとは思っていたが……

このおっぱいミサイルは前世紀のネタ、それも70年代頃に作られたネタだ。
古典的なネタだから、日本人の感覚的にはそんなに引っかからないのかもしれない。

中国のソシャゲでこういう装備持ちの女性キャラ実装するのはダメだろうか?

そりゃダメだろ。
ミリタリー擬人化の表現としてアウトだし、そもそも好みから外れる。

初めてこのおっぱいミサイルを見たのはスパロボだったけど、何とも言えない気分になったのを今でも思い出せる。

日本語のネタとしておっぱいのことを「ロケット」「ミサイル」などと形容することがあるんだが、それも永井豪のおっぱいミサイルからの流れなのかなあ

日本の作品でこの手の悪趣味なネタが出たら、大体源流は永井豪になるという説もある。

悪趣味、特にエログロ系は本当に永井豪が多いよ!

私にとって永井豪は日本では特定の世代に強烈な支持層が存在するという印象だが、実は作品そのものはあまり見ていないな……

永井豪に関しては、作品そのものは今の感覚で見ると面白く感じないかもしれないけど、その影響を受けたクリエイター、そのクリエイターによる作品は非常に多く見かける。
そして創造されたネタに関しては、日本の二次元界隈の一般常識レベルになっているのもあるから永井豪が大元と意識しないで触れていることも非常に多いのではないかと。

永井豪の影響力は凄いもんだよ。
スパロボをやっていてもよく分かる。

自分はこのスレを見て思い付いたのは「シンフォギア」だけど、言われてみればロケットパンチなんかも含めて永井豪系のネタかなり混じっていたな。

あれ?永井豪だったのか。
自分は「鉄腕アトム」の方だとばっかり……

アトムの胸は開口部あるけど中に入っているのは電子頭脳だな。武器じゃない。
特徴的なネタ武装は尻からマシンガンだ。

「強殖装甲ガイバー」の胸部粒子砲とかもあるな。
砲撃するなら胸からということで、おっぱいになるのかね、いやガイバーは設定上は肺なんだがビジュアル的に明らかにおっぱい的でもある。

肉体から投射する場合、手足や目口を除くと妥当な選択肢はそんなに無いからね。
腹から出すのも無いわけじゃないが、胸から発射の方が絵的には映える。

「無尽合体キサラギ」だと、おっぱいはミサイルであるのが当然で、72ではその機能が無い平面対ミサイル装甲になってしまうというネタがあったな。
これは確かに常識レベルかもしれん……!

自分の中で印象深いのは「ささみさん@がんばらない」の邪神かがみ。あのキャラの変形武装ネタになるまで、どれくらいの作品が積み重ねられたのやら。

「パシフィック・リム」のストライカー・エウレカも胸部砲撃武器あったけど、あれもおっぱいミサイルの系譜だったりするのか?

さすがにあれはマジンガーZの方だと思いたい。
女性型にするだけで怪しい武器になるのは色んな意味でスゴイのかもしれん。

このスレを見ていて気付いたが、おっぱいミサイルってある種の常識になっているよね。

周星驰の007パロ映画でもこのネタあったし、アジアにも結構広まっている概念かもしれない。



とまぁ、こんな感じで。
今回の話に限らず、中国オタク界隈に広まっているオタク系作品のお約束、具体的な作品はすぐに出て来なくても、「よくあるアレ」的なものはイロイロとあるようですね。

ちなみにこのネタを教えてくれた人に石川賢について中国ではどうかとも聞いてみたのですが
「こちらでも永井豪先生は最近それなりに名前が出てくるようになりましたが、石川賢先生に関してはほとんど出てこないように感じられます」
「中国では石川賢先生の名前が前面に出る形で人気になった作品が無いですし、ダイナミックプロ=永井豪作品というイメージになっているような所もありますから石川賢先生を意識する機会が少ないというのも影響しているかもしれません」
とのことでした。

11/28・追記:追加で教えていただいた情報によると、「マジンガーZ」の昔の中国語タイトルの一つに「無敵鉄金剛」というのがあり、その中でアフロダイAは「木蘭号」、例のミサイルは「木蘭飛弾」という名前になっていたとのことです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。