ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国版も展開されているFGOは、中国オタク界隈でもその人気の高さから何かと話題になっていますし、日本からは1年遅れペースの実装となる日本のFGOの最新情報も常にチェックされています。

そんな中、日本版の方で始まったクリスマスイベントで実装された礼装
「乙女たちの午餐会」
FGOr-191130










のイラストに対してかなりの不満が出て少々炎上気味、といった事態になっているとのことです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りなどを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


今ゴタゴタしているFGOのクリスマス礼装の問題で感じたけど、ウチの国のオタクって絵柄の違いに厳しいよね……

あの礼装に関して日本でも批判は出ているけど、ファン界隈だと「好き嫌い」レベルで収まっている印象。

ふーむ。こっちのような全体的な空気でダメ出しってわけじゃないのか。

まとめサイトとかでは叩いているけど、主に外部のファン層以外が作品叩いているって感じかな。アニメ化の影響もあってか現在の日本の二次元界ではFGOに関してアンチVS過激な擁護の激突中だが、それとも微妙にズレているような節がある。

こっちのような否定よりもネタにしているような印象だ。
英語の教科書の挿絵みたいだと作られたコラ画像には私もちょっと笑った。

日本にもこの礼装叩いているのはいるけど、こっちよりは少ないし剣アストルフォやメンテ延長の流れに飲み込まれている感じかな。
それにしても、なぜまだ実装されていない、実装されるのもかなり先になるはずのウチの国で大炎上しているんだ……

ここまで燃え上がるとは思わんかった。
私は料理やパーティを扱った作品はよく見るし、ちょっと好みじゃないくらいで受け入れられたが、なんで絵柄だけでこんなに批判が噴出するのか。

日本人の美的センスが遅れているんだよ。
日本の少女マンガっていまだにこんな絵柄だから、日本人の美的センスが進歩せずに止まっているんだろう。

絵柄が古いってこと?
武内絵を喜んでいるFGOファンの俺達が言えることじゃないと思うが……

日本でもウチの国のようなノリで批判しているのはいる。
でもこっちは激し過ぎるなあ。中国サービス版の実装はまだ先だから、余計に先行情報だけで語って燃え上がってしまうのか。

確かにゴタゴタしているけど、この批判の流れって日本から来たんじゃないの?日本人も鼻の描き方がヒドイとか最高レアの礼装に相応しい絵柄じゃないとか批判している。

日本の批判はすぐに流れちゃったし、いくつかの話題の中の一つ程度だったよ。こっちみたいな継続的な燃焼力は無かった。

日本のtwitterの発言を見ると罵倒よりも持ち上げたりネタにしたりな方が多いかな。

日本のネットのFGO関係の発言見ていると、構図や色使い、絵柄の癖、塗りなどがいつもと違うといった評価で、結局は好き嫌いで判断すればいいということになっているみたい。
叩いている発言も出てはいるけど、それほど多いというわけではないような?こっちのようなクオリティの差で叩くというのはそこまで多くないのかな?

この何日かずっとこの礼装ネタを見ていたので、段々と「コレはコレでアリ」な気持ちになってきたんだが。

中国と日本では評価や判断の基準が違う所もあるから、そこに引っかかったんじゃないのかな。このイラストが日本のファンの間では何かしらの好みに引っかかって補正が入ったんじゃないかと。

美的センスは共通するものだろう。だからこそ中国と日本の炎上の違いが不思議ということになる。

日本の人気作品や評価される作品を見ると美的センスが完全に共通しているとは思えんのだが……俺も日本の二次元界隈を見ていると理解できる所もあれば、理解できない所もあるし。

日本については分からんが、英語圏でもこの礼装に対する批判の声は強い。それでもウチの国ほどの勢いではないけどね

作画崩壊っていう話じゃないのは分かるけど、これは認められる作風じゃない。
そりゃ叩かれるよ。

こんなに見苦しいイラストの礼装は無いよ。ここまでヒドイのは今まで無かった。

日本では例えば東方のzunの絵に関してどんなのでも評価されているから、こういうのも許容範囲なんでしょ。

課金して手に入れる礼装だから余計に批判が強まっているんだろう。
これ以前にも微妙な絵柄の礼装はあった。

言ってみれば語り易い、フックの多い絵柄だったってことじゃないかな。
キャラもちょっと前に国内セルラン1位に押し上げた原動力であるキャスターババアだし、典型的な一昔前の少女マンガみたいで古臭いと感じる人が多くて乗っかる人が多く出たんだと思う。
これ以前のヘンな礼装は主流から離れすぎていて話題にならなかったか、なってもすぐに消えたのでは。

俺はメイヴとスカディ萌えの礼装だと思って、でもこれスカディじゃなくて師匠の方だったりするのか?今の自分の認識で萌えちゃってもいいのかな?と確認しにきたらイラストのクオリティがどうこうで大炎上していて困惑だよ!

こっちと向こうでは二次元のイラストに関する評価、価値観が違うんだろう。
例えばこっちで非常に評価の高い、国内同人デザインの劉秀や、武則天の時に絶賛されたやはり国内同人デザイン版の武則天も、日本ではキレイだけど特徴が無い、センスが古いとかでスルーされているんだよ……
綺麗な絵、美形のデザインだけでは日本だとウケない。一定以上のクオリティは必要とされるが、それ以上に独自性、特徴がある方が何かと強い。

しかしアレって「魔法使いの嫁」の作者が描いたんでしょ?
FGOというかギャルゲーのCGとは違うしpixivでよく見るような絵でもないけど、別に古いというわけではないだろう。

私も白黒のマンガやコミックの表紙としてはかなり良いと思う。FGOで要求されるフォーマットが合わなかったのかね。

日本人はtwitterでは批判しないで匿名掲示板で批判しまくるという習慣があるから、そっちでは燃えているんじゃないの。

それは確かに。でもそっちは常に燃えているからこの礼装で特別炎上している感じではないような?日本のtwitterとかでも叩かれる時は本当にボコボコにされてるよ。炎上案件の扱いはそんなに変わらん。
あとウチの国もログイン必須だったり紐付けになったりしているだけで実質匿名だから、使っている人間の感覚はともかく、そこまで極端に環境は変わらないような……日本と比べて個人の複垢自作自演がやり難いくらいじゃないか。逆にステマやその手の業者はウチの国が世界一ヤバイが。

皆が乗っかる風向き、共通の見解の基準が違うようには感じるね。
日本のファン界隈でもウチの国のような感じで集中砲撃が発生することはあるんだけど。

失敗やミスをあげつらって良い気分になるのはどこのネットでも一緒。ただ基準や方向性は違う。ウチの国は一斉に批判の空気になって風に乗れということになる傾向が強い。

こっちは炎上させれば物事を動かせるという経験があるのがイカンのかも。ウチの国では日頃はでかい顔している運営でさえも炎上させれば更に上からの批判リスクが出てくるから対応せざるを得ないから何かと燃やしたがる。
あとこれはあくまで私の知っているオタク関係の話だが、中国では交流の場が一極集中していてジャンルや嗜好ごとの住み分けが出来ていないから「これが正しいんだ」と勢いのある意見が容易に全体へ拡散するし、それに染まらないといけない空気になる。

それにしても、イラストの基準に関しては日本の方が厳格かと思ったら、ウチの国の方が厳格だったとは。

絵柄が「こうあるべき」から外れたものはウチの国だと排斥されるんだよ。
人気になる前、イメージが固まる前なら問題無くても、人気になってファン層が構築されてイメージが固まってからは難しい。そういう点から考えると、Fateに関してはかなり自由度が低くなっていると思う。

日本のオタク界隈は弓道警察とか、「何々警察」というのがネタになるくらい正しくない設定に厳しい印象だが、この礼装は違うの?私も意外と言えば意外。

厳しいのは設定から外れた絵を描いてアップすることや、公式に参加して描いている人間の間違いや矛盾とかじゃないかな。

軍オタの現実的ではない、間違っている的なノリに近いものなんだろうか。

日本でもFateファンが絵のクオリティに怒って炎上したことはあるよ。例えば蒼月タカオの描いたサーヴァントはかなりの頻度で炎上しているし、ルヴィアの疑似サーヴァントであるアストライアも炎上した。
クオリティの不満はしょっちゅうでるけど、個性であれば運営側が押し切るというスタンスに感じられる。
ちなみにスカサハ=スカディに関しては実装直後にシルエットの首が長過ぎるということで修正入っているし、公式でも別にクオリティが安定して高いわけでは無い。あれと比べるとこの礼装は絵柄の違いだけで大した問題にならないというのは分かる気がする。

あとは何だろう、課金礼装ということも問題になっているかな?
上の方でも出ているけど、ウチの国では星5レアの礼装で課金礼装ということから、金を払っているのにこんなレベルなのかと怒るのが出てくる。
それに対して日本は好きなら歓迎嫌いならスルーといった所で、更に有名な絵師や漫画家はファンの補正が入る。

なんとなく分かる。
この礼装に限らず、日本の人気漫画家(とされる作者)の絵って中国に持ってきたら歓迎されない、少なくとも皆が喜ぶわけでは無いといったものが少なくないからな……

日本のネットと価値観が違うってのには同意。
私が感じるのは、こっちだと警察が出動するのは絵の良し悪しに関してだ。それに対して日本の方では設定をきちんと把握しているか、作品を理解しているかが重視されている。
私は以前メルトリリスの手足の描写で人間そのままに描いて大炎上していたのを見たことがあるが、そこにそんなに怒るのかと不思議だったよ。

二次創作やキャラの解釈、設定の踏襲に関してはこっちでも軽く扱っていいわけではないが、基本的にウチの国では情報が少ない、翻訳されていないから描く側だけでなく見る側も気にしないという空気はあるね。昔から。

こっちのネットの同人小説とかも大体はそういうのはぶん投げていたからな。

日本だと一人称や二人称、キャラ同士での名前の呼び方もきちんと原作に沿っていないとダメ出しが入る。

あー……こっちだと基本的に「你」で済む所だが、日本語だとそういう問題もあるわけか。



とまぁ、こんな感じで。
中国における炎上の背景についてもイロイロと出ていました。

上のやり取りにもありますが、中国ではキレイな絵(大体は線がシャープで整った絵になることが多いとか)でない場合はバッサリと否定してしまうことも珍しくありませんし、私もこの手の不満の声を追っかけていて不満の原因が好みなのかクオリティなのか判断に迷うこともありますね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本よ、これがサーヴァント武則天だ」 中国オタク的FGO新サーヴァント真名当て事情続き