この年末年始でありがたいことにイロイロなネタを教えていただきましたので、ぼちぼちと活用させていただく予定です。
とりあえず今回もそんな話題の一つで。

アニメ化された作品に関して、原作の方が良いという声が出るのは日本でも中国でも変わらないようですが、中国では書籍媒体が日本よりも貧弱で影響力も無いといった背景などから、オタク系コンテンツの中でアニメの影響力が他の媒体よりも圧倒的に強く、日本と比べても作品のイメージがアニメ中心になりがちという事情があります。

もちろんそれが良いアニメ化であれば問題はないものの、ちょくちょく出てくる原作ファンが頭を抱えるようなレベルのアニメ化に関しては、熱心なファンにとってアニメのイメージだけで作品を語られるのは我慢ならないといった事態になるとのことです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「アニメだけで判断してほしくない、原作も知って欲しい作品」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


原作党の方々がよく言うようなストーリーが削られていたとか言うレベルじゃなくて、原作党じゃないけど原作知っていたら頭抱えたくなるようなアニメ作品を知りたい。
誰か教えてくれ!

原作を魔改造したけどアニメから入ったファンはそれなりに納得できるようなのは除外する感じかな?例えば最初の「鋼の錬金術師」のように、作品人気に対してはプラスだった作品とか。

誤解という方向でそういうのも構わないけど、賛否両論的なのはちょっとヤヤコシイし、明らかにネガティブな作品だとありがたいな。

ふーむ……アニメ化でやらかしても実写化よりはマシと思うことにしているが、確かにやらかしたアニメで作品の評価を語られるのもファンとしては嫌だな

これは「くまみこ」だろう
制作者の悪意というものを強く感じた。初めてアニメ化されなかった方がマシだと感じたよ

「くまみこ」は最終話だけが問題じゃないの?

いやあ、全般的にキャラの歪め方とか悪意が漂っていてなあ……作品の印象という意味で、まさにアニメで判断してほしくない作品になってしまっている。
一応、昔の作品はアニメスタッフが原作の名前だけ使って自分の作品にしようとする傾向が強かったから原作通りじゃないアニメ自体は別に珍しくない。ただそれでも仕事だからそれなりにはなる。さすがに「くまみこ」レベルなのは珍しいと思うよ。

最近の作品では「ULTRAMAN」はアニメで判断しないで原作を見て欲しいとかなり強く思ったかな。

アニメ化の時点で原作未完結だと問題が起こりやすい。
「鋼の錬金術師」はまだ我慢できるが、「クロノクルセイド」はダメだ。

「シティーハンター」だろう。
原作は大人向けの作品なのに、テレビアニメは子供向けでカットされまくりの魔改造だ。

シティーハンターは映像化に恵まれていないが、過去の作品なので仕方ない所もあるだろう。
そしてもっとヒドくて影響力のあるジャッキー・チェンの実写版とかがあるから、文句言うならまずそっちの方では……

「シティーハンター」はアニメが長くなり過ぎて原作枯渇した結果のオリジナルエピソードも非常に多かったりするから最近言われる魔改造とはまた違うのでは。
「キャッツ・アイ」とは違ってウチの国のテレビ放映はあんまり無いからアニメきっちり知っている人もそんなにいないけどな。

アニメ版シティーハンターはアクション重視と音楽、主題歌の演出が評価されているし、その後の作品のイメージにも影響しているからアニメを無視して原作だけというのも難しいと思う。雑な部分も、時代によるものがかなりあるわけだしな。

主題歌くらいしか評価できない「SAMURAI DEEPER KYO」みたいなのもある。
でも時代的に結構アニメ経由でのイメージが拡散しているんだよなあ

「SAMURAI DEEPER KYO」はあまりにも原作と離れすぎたものになっているからね。
あと今ではしょうがないというのも分かるけど、原作のサービスシーンが削られまくったのも許せないと思っていました!

「“文学少女”シリーズ」をアニメだけで語られるのは悲しい。

作画が崩れまくった「新世界より」を。
幸いなことに近頃は原作ストーリーの情報やアニメ以外の媒体も広まってヒドイ評価ではなくなったが、リアルタイムでは本当にもう、悲しかった……

「封神演義」は二度にわたってアニメ化の悲劇が!!

直近の二回目は始まる前からアニメではなく原作を見てくれというファンの広報活動が盛り上がっていたが、実際それが必要なモノであったのは悲しいよね。

アニメの「月姫」かなあ……あの頃、ウチの国ではある程度簡単に「伝説の日本の同人界の覇者」を知る方法はそれしか無かったんだよ。あとスタジオディーン版のFateの時も……
最近は原作の知名度が上がって、型月系作品全般の中国語情報、それも公式のものが増えているから本当に良い時代になったもんだ。

初期の型月アニメは作品関連情報などのリソースが少ない環境で作品の知名度を上げるという意味ではプラスの意義もあったけど、それ以上に作品の良い部分が伝わらないで間違ったイメージやそれによるマイナスのイメージ、例えば衛宮士郎に対する極大ヘイトばかりが定着するなどといった問題もあったね。
あとそういったイメージがその後の型月の各シリーズファン間の紛争の原因にもつながったから、当時の価値は理解できるけど素直に評価はできない作品になっていると思う。

アニメ化の時点で原作の知名度が極めて高い作品だと、このスレのような悲劇はあんまり起きないのかもね。
「艦これ」もアニメはどう褒めれば良いのか分からんレベルだし出来を嘆いたりネタにする人はあれど、あれを艦これだと思う人はまずいないわけだし。

時期的にアニメの存在があんまり意識されない「いちご100%」は幸せなのだろうか

個人的には「東京喰種」かな……当初はアニメも良かったんだけど。
なまじ序盤の人気のせいでその後のオタク界隈のでの作品の印象も残念なことに。

こういう話題なら「ベルセルク」だろう。

だが「ベルセルク」も「東京喰種」も原作がその後迷走してしまうのが厄介だな。
アニメだけで判断してほしくないのも間違いないんだけど。

「鋼の錬金術師」とはまたちょっと違うが「スラムダンク」は原作の方が良いから原作見て欲しい作品としても有名だよね。
ただアニメはウチの国でも社会現象レベルの人気になったから、アニメだけで判断してほしくない作品というのとはちょっと違うか。

「攻殻機動隊」はアニメの方が勢力強いし、原作通りにやったらウチの国ではファンの反発が強く出てしまったという悲劇が……

私が思い付くのは「キングダム」だな。アニメはチープなCGが本当にダメだったが、原作はかなり読ませる作品なんだよ。

「キングダム」はアニメ版が足を引っ張った。
もっとも、ウチの国の歴史の扱いがその後どんどん厳しくなっていったから、適度に埋もれていられる今の状況の方が良いように思えなくもない。ウチの国の戦国時代に関してはめんどくさい人も多いでしょ。

「ニンジャスレイヤー」のアニメはとても残念だった。しかし原作読めば理解できるものでもないからどうすれば……

やらかしアニメとしては「ネギま」が思い浮かんだが、あれ原作の方もどんどん落っこちていったからなー

ここまで出ていないのだと「惡の華」は?
なんであんなことやっちゃったんだろうなあ……

「灼眼のシャナ」は原作を読んだらアニメなんて見ていられなくなったよ。
本当に原作の方をしっかり見て欲しい作品だ。

そういう話なら「ゼロの使い魔」とかも入るかな?
でもあの時代には価値があるものだったので、個人的にはアニメだけで判断して欲しくはないがアニメの価値も否定して欲しくない作品だと思っている。

ラノベ原作アニメは大体そんな感じな部分があるよね。
特に近頃は1クールで強引にアニメ化する以上最初から無理が出てくる企画なんだろうけど



とまぁ、こんな感じで。
最近は原作を読み込んでいる人が相対的に増えているのもあってか、イロイロと思う所のあるアニメ化扱いというのも増えているそうです。

ちなみにこの話題を教えてくれた方からは
「アニメ化に関しては昔と比べて原作通りに作ろうとする考えが強まっていることもあってか、中国でもとてもヒドイ扱いになる作品というのは昔よりも減っているように感じられます」
「しかし原作通りではない、アニメ化して欲しかったエピソードが削られた、歪められたなどのように細かい部分で批判が出る、特にその話の脚本家への批判が殺到するといった流れが強くなっているのは難しい所です。FGOのアニメでも脚本家叩きというこれまでとは少々違う炎上の仕方をしていますし」
という話も教えていただきました。

それから上でシティーハンター

に関する話題が出ていますが、言われてみれば中国本土ではシティーハンターはほぼマンガ経由のイメージになっているかと思われます。

私が中国で中高の留学生をやっていた時期はちょうど中国における北条司人気の全盛期に重なっていたのですが、当時は「シティーハンター」「こもれ陽の下で…」「F.COMPO」などが海賊版マンガでかなり出回っていましたし、学生が授業中にこっそり読むマンガの定番作品扱いになっていた覚えがあります。

「キャッツ・アイ」と違って「シティーハンター」のアニメは中国国内のテレビでは放映されていませんし、比較的上の年代の中国オタクの方が、交流プログラムで日本に来た際に、観光を兼ねて行った秋葉原で流れていたシティーハンターのアニメを見て「アニメの方はきちんと見ていないからさ!」とテンション上がっていたなんてこともありましたね。
その方は新宿駅で掲示板を探すレベルのファンだったのですが。

そんな訳で、よくよく考えてみると中国ではあの
「とりあえずGet Wildが流れながらエンディングに入ったらなんだかとてもシティーハンターを見た気分になる」
という感覚は通じないのかもしれません。

あと去年の夏頃に話題が出ていたような覚えがある中国で作られるという実写版シティーハンターに関してもアニメのイメージと重なる所はどの程度あるのかというのも気になってきました。
昨年末に見たフランスの実写版シティーハンターはかなり良かったのですが。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。