例によって遅れたまとめとなってしまいましたが、中国の動画サイトにおける1月の日本の新作アニメの配信状況をまとめさせていただきます。
以前の記事にも書いた通り、独占配信に関してはハッキリしない所も多いので明記はしておりません


愛奇芸(iqiyi)
インフィニット・デンドログラム
織田シナモン信長
虚構推理
斉木楠雄のψ難 ψ始動編
地縛少年 花子くん
聖闘士星矢: Knights of the Zodiac
ソマリと森の神様
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。
Re:ゼロから始める異世界生活-第1期 新編集版-

優酷(youku)
織田シナモン信長
斉木楠雄のψ難 ψ始動編
ハイキュー!! TO THE TOP(第4期)
魔術士オーフェンはぐれ旅


iqiyiやyoukuは一般向けの方は有名所を中心に確保はしているようですが、今期も深夜枠のアニメに関しての動きはあまり活発ではないようです。
それから質問をいただいているプリキュアシリーズについてですが、「ヒーリングっど・プリキュア」はiqiyiで配信予定という情報が出ています。


テンセント
インフィニット・デンドログラム
虚構推理
ソマリと森の神様
ネコぱら
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。
魔術士オーフェンはぐれ旅
Re:ゼロから始める異世界生活-第1期 新編集版-


今回のまとめと直接の関係はありませんが、近頃の中国では「親会社がテンセントだから」「テンセントが関わっているから」という安心感、バックアップというのが小さくなっているという話が聞こえてきます。この辺りはどうなんでしょうかね。
中国のコンテンツ業界もいよいよ限られたパイを奪い合う傾向が強くなってきているそうですが。


bilibili
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。
ID:INVADED イド:インヴェイデッド
インフィニット・デンドログラム
A3! -SPRING & SUMMER-
推しが武道館いってくれたら死ぬ
織田シナモン信長
虚構推理
空挺ドラゴンズ
恋する小惑星
斉木楠雄のψ難 ψ始動編
地縛少年 花子くん
ソマリと森の神様
とある科学の超電磁砲T
22/7
はてな☆イリュージョン
BanG Dream! 3rd Season
プランダラ
pet-ペット-
宝石商リチャード氏の謎鑑定
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。
マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝
理系が恋に落ちたので証明してみた。
Re:ゼロから始める異世界生活-第1期 新編集版-


bilibiliは今期も最も多くの新作アニメを配信していますが、新作アニメ全体に対する割合は落ちていることから、中国オタク界隈の一部からbilibiliがオタク向け作品を今後どう扱っていくのかと不安視する声や、一般向けを重視していくのでは……などといった話も出ているとのことです。
ただネガティブな見方もあれば、1月新作の作品数やそれらの内容が中国で配信できるかなどを考えると、相変わらずbilibiliは押さえる所をきっちり押さえているという見方もあるとのことです。


Acfun
うちタマ?! 〜うちのタマ知りませんか?〜
映像研には手を出すな!
SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!!
ダーウィンズゲーム
へやキャン△
群れなせ!シートン学園
ランウェイで笑って


bilibiliがオタク向け、日本系コンテンツが中心となる二次元系を縮小しているように見えるのに対して、acfunが追い上げているという見方もあるそうです。
ただacfunも過去にグダグダなことになっていた時期が長いので、当面は様子見という意見がまだ主流だとも。



以上です。
上の方でも書いたようにbilibiliの新作番組に関する動向を気にする中国オタクの人は少なく無いそうです。
またこういった見方に関しては昨年後半辺りからbilibliがオタク向けではなく一般向け、オタク向けにおいても日本系コンテンツではなく国産作品を重視する姿勢を打ち出しているように感じられることも影響しているとかなんとか。

ただ個人的には日本系のコンテンツを主力にして中国で食っていくというか成長して戦っていくのはそもそも無理な話だと感じていますし、bilibiliがいよいよ隙間を狙う戦略ではなく大きな市場に打って出るような地位になったのか、そしてそれがbilibiliの成長によるものなのか、市場が停滞して他が落ちていったことによるものなのかといった辺りなども気になります。

また中国の景気後退により、動画サイトもいよいよ自前の収益化が重要になり、これまでの他所から金を引っ張ってくるふわっとしたビジネスモデルではいられなくなっているという話も聞きます。
bilibiliをはじめ中国で日本のアニメを配信している動画サイトが今後どのような方向の戦略を打ち出していくのか、自前の持ち味を生かせるのかといったことも気になりますね。

ちなみに、イロイロな質問をいただいている「異種族レビュアーズ」ですが、やはり中国国内で配信する所は現れなかったようです。台湾の動画サイトで配信する所が出たという情報が流れた時、中国オタク界隈の一部では正気か!?と驚愕する人が出たという話もあるとか。


とりあえず、こんな所で。
一応気を付けてはいるのですが毎回抜けや間違いが出ております。そんな訳でいつも以上にツッコミ&情報提供お待ちしております。