ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

面白かった作品に出会って、それと似たような内容の作品を探して見るというのはありがちな話かと思いますが、中国オタク界隈でも
「何々な内容の作品はないか?」
「何々みたいな作品を見たいのだけど」

といった話題が定期的に出ているそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「少し前の時代の日本社会の空気を感じられるようなアニメを探している」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


前世紀の終わり〜今世紀初めくらいの日本社会の空気を感じられるようなアニメ作品ってないかな?実際にどうだったかはそこまで重視しない。空気や時代の感覚みたいなのがあると嬉しい。

例えばTV版の、古いエヴァとかじゃダメなの?

いや、それはちょっと違うというか……・確かに設備や小道具は昔のセンスや昔の想像だろうなというのはあるんだが。

宇宙に出てるのに紙媒体とか、妙にでかい記録媒体とか出てくるんだよな。でもSFやファンタジーが入るとなんか違ってくるというのは理解できる。
社会や暮らしの描写、昔の社会環境がストーリー展開に反映されるような感じ?

そうそう。
携帯電話くらいは出ても良いがスマホは勘弁してほしい。連絡できずにすれ違いとか大歓迎。

周囲を探さず直接その時代の作品を見れば良いんじゃないの?
当時の日常的な知識や感性で作られているのだから。
それに現在の作品って写実的な内容、日常社会を舞台にする作品は少ないから昔のを探した方がいい。

そういうのって案外無いのよ。ドラマや映画であればともかく、アニメ化される作品のジャンルが昔だとどうしても狭くなるから。

スレタイ見て考えてみたんだが、自分の見た範囲でその辺りの時代のアニメを探すとセカイ系が多くなる。
実写じゃなくアニメでとなると意外に難しい探し物かもしれない。

そう言えばセカイ系って学校生活とバトルと周囲の人間関係が中心で社会の描写はあんまり無いね

セカイ系は世界の危機と主人公の中間にあるはずの一般社会の存在感が無いというのが特徴のジャンルだからな
考えてみれば昔のアニメで日常生活、それも時代の空気を感じられるもので子供以外が混じる社会の描写を入れるというのは、制作側が意図的にやらないと無いのかも?

写実的な方向というのは良いと思うが……ラブコメ系とかは探せばあるのではないだろうか。

スレ主だが具体的な例えを出さずにすまん。「イエスタデイをうたって」を見ていて思い付いたネタなんだ。

ああ、把握した。
あの作品の空気や細かい部分まで考証の入った描写はいいよね。

「イエスタデイをうたって」は原作が90年代後半に始まった作品だったな。その辺りの感覚か。

そうなると昔の原作を今アニメ化みたいなのもアリなのか。

思い付いた。「寄生獣」とか良いんじゃないか。

そういう感じの空気なら「秒速5センチメートル」を推薦だ。

「ホワイトアルバム」の「1」は良いと思う。想定された時代は80年代ということだけど。

「ホワイトアルバム」は良さそう。連絡付かなくてすれ違いの展開とか良いよね!
スマホがあると連絡が取れない方がおかしいとなってしまうし、調べものもできるから知識の穴によるトラブルも成立し難い。作劇のテンプレは随分と変わったのだろうね。

ネタではなく、「名探偵コナン」の初期の部分とかはオススメ。社会描写だけでなく登場人物の感覚も当時のものになっているから。

推理系は探せばありそうだね。「金田一少年の事件簿」とかもいけるか?

変則的だが「ReLIFE」は主人公関連の描写が昔の時代を感じさせるものだった。

「舟を編む」がオススメ。あと同じ原作者の「風が強く吹いている」もどうかと思ったが、こっちはそんなに前世紀感無いか。

原作が2010年代に入ってから出てきた作品はあえて昔の時代に設定した作品でも無ければ今の社会の感覚に近いものになってくる気がする。

「To Heart」の「1」の方のアニメも良いぞ。
まだ模索段階なのか、その後のギャルゲー系アニメとは違って日常描写がそれなりに出てくる。

その年代の印象、時代感みたいなのが欲しいというなら「頭文字D」はあの時代感が無ければ成立しない作品だから間違いないと思う。

「昭和元禄落語心中」はさすがに時代設定が古すぎるかな?

スマン。良い作品だとは思うが、ちょっと自分の求めるモノとは違う。昭和風というわけではないんだよ……

興味深い話題だ。昔のアニメを見れば良いのかと思いきや昔のアニメって今ほど種類に幅が無いし、社会描写や空気まで再現しているような作品というのが案外無い。
上でも言われているが昔のセンスを感じさせられるSF描写みたいなのは随所に出るんだが。

アニメは舞台が特定の場所、シチュエーションで固定になりがちだからね。その周辺にある日常社会と日常生活の描写というのが意外に出てこない。
主に学校や職場、イベント発生の場所、事件現場とかになる。

「イエスタデイをうたって」とこのスレの話題からおもいついたのは「坂道のアポロン」なんだが、よく考えてみるとこの作品の設定は1960年代か……

「クレヨンしんちゃん」劇場版の「モーレツ!オトナ帝国の逆襲」はノスタルジーと昭和の描写が素晴らしく濃いけど、基本的な背景として今世紀初めの感覚も描写されている。

文芸的、文学青年っぽさがあるとそういう描写をきちんとやってそう。
あの時代だからこそ成立するノスタルジックな部分、社会の隅っこにいるような感覚が今の時代を舞台にした作品には無い。

ここまで出ていないのだと「ハチミツとクローバー」がスレのテーマに近いと感じた。
中高ではなく大学生活を舞台にした作品だとありそうなんだが、アニメ化された作品はそんなに無さそう。

じっくり作品の内容を見て探せば出てくるんだろうけど、大雑把に探すと結構難しいな。
歴史の区分みたいに分かりやすくない。

日常系アニメなら!と思ったが日常系というジャンルが確立される前の話だった。
えーと、賛否あるのはわかるけど「月姫」とかは90年代の伝奇ベースだし制作時期的に日常パートは前世紀感ある……かな?

これ結構難しいな。「ラブひな」や「藍より青し」とかのハーレムアニメは……と思ったが昔のセンスは感じられるし設定も見て取れるが社会描写の空気を感じられるというのは意外に無い。非日常的なんだよな。

すまんな。私も求めているのは実際にどうだったかじゃなくて、創作で見せてくれる雰囲気、言ってみれば「自分にとって都合の良い雰囲気」だというのは分かっているんだが……

ハーレムじゃなくて恋愛モノならば時代感のある展開、描写になると思う。
「ハイスコアガール」とかはどうだい?

私も「ハイスコアガール」の時代描写は良いと思う。
他に思い付いた作品ではも文芸的な方向ではなくギャグだけど「こちら葛飾区亀有公園前派出所」なんかも時代に沿った社会描写が秀逸。長編だけどオススメ。



とまぁ、こんな感じで。
ふわっとしたイメージからイロイロと話が広がっていました。

こういった「何々な作品を探している」といった話題は中国オタク界隈の様々なコミュニティで定期的に出て来るようですが、そういった話題に出てくる作品や好みの解釈については各コミュニティの傾向が出るので、
「どこでどのようなキーワードで質問するか」
というのもそれなりに考えないといけないのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。