ありがたいことに
「中国のテレビで放映されるという『はたらく細胞』の第一期はどうなりましたか?」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

中国オタク「ウチの国のTVで日本のアニメが本当に久しぶりに放映されることになるなあ」はたらく細胞が中国のCCTVで2月から放映開始

以前の記事で紹介させていただいた通り、2/13の朝から中国のCCTV6チャンネルで「はたらく細胞」の第一期の一話から五話までが放映されたそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「はたらく細胞が中国のテレビで放映」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


はたらく細胞が本当にウチの国のテレビで放映されている。
なんだか不思議な気分になる。

うわ、もうやってたのか。
ネットで見れる?

ネットでは作品自体は以前からずっと配信中だよ!!二期もBLACKもあるよ!!
ただ今回のCCTV吹替え版は権利的に正規のはまだじゃないか?

テレビでやってるのもあってか、母親が興味持って見始めて面白いとか言い始めたわ。

本当にウケるし、警鐘的な方面からも見る意義があるのは「BLACK」だと思うんだがな。あれはネタではなく大人は見た方が良い。

確かに大人にウケるのはBLACKの方だろうけど今のうちの国のメディアの風向きだと難しいしやめといたほうがいいだろうなー
露出度の高い女がいるだけでもう心配だし、夜の店的な描写もどうなんだとかになる

なんか集まった親戚と一緒に見ることになったんだが結構好評。やっぱり吹替え版はこういう時強いね。

オタクの間だと吹替え版は微妙だと言われることが多いけど、ここまでレベルが高い吹替えなら別に日本語で見なくても良いよな。

そこはもう好みの問題でもあるからね。
声優の声質の好みの他に、吹替えは吹替えで独特のクセが出るから苦手という話もある。

日本のアニメだと気付かないまま見ているけど、どうしよう。教えるべきか?

日本のアニメだと教えて空気が悪くなるかもしれないと考えてしまう状況はどうなのかと思うが、普通に楽しんでいるのに余計なことを言わないでも良いとも思う。

上の世代は日本の映画とか普通に見ているから日本の作品かどうかなんてそこまで気にしないぞ。ウザがられるのは日本の作品アピール。

中国語喋ってるし帽子に「血小板」とか漢字が書いていあるしで、ウチの親戚も普通に中国のアニメだと考えているんだろうなあ……

文字の修正って今だとどうなの?一枚一枚修正するのってめんどくさそうだけど。

ネット配信でもテレビ放映でも現在の環境における修正は文字に限らず普通に行われているし、そんなに難しくは無いだろう。
でも「はたらく細胞」だと日本語の文字で目立つものはあまり無かったような……「通行止め」とかアニメだと文字表示どうだったっけか。

一部の修正は可能だね。例えば鬼滅の刃の耳飾り修正とかもあったわけだから。ただこれが衣装の模様を変えろとかになったら非現実的だ。

そういう意味でもウチの国で放映しやすい作品ということか。
外国製をあえてアピールすると余計な問題を呼び込みかねないし。

俺は春節も普通に出勤で見れなかったんだが、次回はいつになるんだ?
明日も放映するの?

なんか調べたら次回は20日になるっぽいな。久々過ぎてスケジュールが予想できん。

あれ?昔みたいに一日一話じゃないの?

5話まとめて放映だったよ。
春節休みの特別放映みたいな狙いもあるのかね。

土曜の朝に子供向けアニメを見る。
これはもしや噂に聞くオタクのアニメ視聴スタイルなのでは?さすがに日曜の朝ではないが、週末だから似たようなモノのはず……!

内容の改変についてはどうなんだろうか?
戦闘シーンが減っていたような気もするが、前に見てから時間が経っているからハッキリしない。

戦闘シーンはかなり減ったように感じられるな。

ジャンルとしてはバトルアニメじゃなく科学普及アニメ番組だから……

修正に関しては戦闘シーンだけでなく第二話の血小板達が階段降りるシーンまで削られていたから、時間の問題もありそう。

戦闘シーンカットや、血の色の修正はあったね。血が褐色になっていた。あと血の色が変わってないシーンも一部あった。

血のために色調をいじったのか、キャラの色合いが変わってるシーンもあったような。
あと白黒化してごまかしたりと修正については努力している方だろう。

まぁ春節期間中の全国向けの放映だから「各方面」に対して考えなければいけなかったろうしね。よくやっている方だと思う。

カットされたシーンについては言いたいこともあるけど、ウチの家族が普通に興味をもって見ているから成功なんだろうな。
文句言うオタクじゃなくて一般視聴者がターゲットだろうから。

まぁ昔ウチの国のテレビで放映されていた日本のアニメもシーンのカットや修正はたくさんあったからね。仕方がない。
あとさすがにOPとEDの中国語版は無かったか。

主題歌まで中国語になっていたのは本当にかなり昔の話だからね。私が子供の頃に見た「スラムダンク」とか「中華一番」とかはもう主題歌は日本語のままだった。中国語になってたのは「グランゾート」とかだろうか。後は「デジモン」のように香港台湾経由で歌が変わるケースとかもあったかな。

楽しかったけど、なんだかまだ実感がわかない。
昔に戻れるとは思っていないが、今後少しは子供の頃のようにテレビでアニメを追いかけることができるようになるんだろうか?



とまぁ、こんな感じで。
血の描写の修正や一部シーンのカットなどはあったようですが、概ね悪くない評価となっている模様です。

ちなみにCCTV6の番組表によると次回は2/20の9:18から6話〜10話を放映する予定になっていますし、春節休みに合わせて一挙放映といった形式なんでしょうかね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。