ありがたいことに手頃なネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈でも時折オタクの歴史に関するifについての話題で盛り上がったり、作品やキャラの人気と時勢の廻り合わせといったことに関する考察が行われたりするそうです。

中国のソッチ系のサイトではそんな話題の一つとして
「もしエヴァが今の時代に新作アニメとして出現したらどうなるか?」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


エヴァがまた劇場版延期になっちゃったこともあり、最近改めてエヴァという作品の意義や人気について考えている。
そこでふと思いついたのだが、もし今の時代にエヴァが新作アニメ扱いで出現したらどういう反応になるのだろうか?
なおエヴァの影響によって形成された感性や、後発の作品に関しては存在するものと考える。あと近頃のウチの国で飛び交う「三観不正」的な極端な批判や場外乱闘についてはそれだけで全否定になりそうなので除外ということで頼む。
あくまで遊びの話なので、あんまり厳密に考えずに雑にネタで考えたものでいいから語ってみないか。

少なくとも人気の面では厳しいだろう。
ただ作品の評価となると分からない。作画や絵柄の古さとかはあまり考慮しないで良さそうだし。

再生数伸びないけど話題にはなる可能性は考えられるかなあ、ああいう冒険的なやり方は今の深夜枠では逆に珍しいし。

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」以下の評価になってしまうかと。
いやでも、スタッフの豪華さ的には盛り上がるかも……?あと最終回は今でも伝説になれるネタかもしれない。

まず現在の環境とは合っていないから人気獲得して覇権というのは難しいだろう、しかし新劇場版の序、破なら現代でも通じるから全く評価されないという判断にもならないかなあ
時代的な要素を除いて考えると、エヴァの序盤の緊張感はかなり独特なものだからそれなりに評価はされるのでは。私もあれをもう一回知識無しで楽しんでみたいとは思う。

昔だとエヴァは第一話の衝撃が大きかったけど、今は情報不足で盛り上がらずに「三話まで溜まってから見る」という扱いにされるかもしれない。

エヴァが無ければ日本のアニメは別の形になっていただろうから、前提が曖昧でかなり雑な想像になるな……でもこういうネタも嫌いじゃない。
とりあえず各種デザインは今の時代にも普通に通用するし、プラグスーツは相変わらず衝撃を与えられるとは思う!

自分の中ではいまだにエヴァ超えしている作品は無いんだが、今の新作アニメの配信環境で人気が出るかというと難しいと感じてしまうね。
作品に関する討論や批判の流れが昔とは全く違うから、

使徒ごとに戦い方、倒し方が違うってのは今のアニメでも珍しいし強みにはなると思うが、他はどうだろうなあ
綾波の包帯少女状態も今はそんなに衝撃が無いだろうし。

でもTV版なら序盤は盛り上がりそうな気もするんだよね。
後半に崩壊していったわけだから。

エヴァはウチの国でも時代背景込みの人気だから今の時代に持ってきて単純に考察するのは難しい。
あとクオリティの問題もあるから、余計に。

そもそも日本で大人気になる作品がそのまま中国で大人気になるとは思えん。

昔は違ったけど、今は覇権アニメの傾向に中日でそこまで大きな違いはないぞ。
たまにウチの国で独特な人気になる作品もあることはあるが。「鬼滅の刃」だってウチの国では再生数が歴代最高レベルだし。

天の時が無いから人気という面では難しい。
評価はどの要素をどう受け止めるかだろうけど。

現代にエヴァが出た場合は見る人間大していないのに批判は目立つなんてことになりそう。ウチの国ではロボ系作品を若い世代は見ないしね。
日本だとこの辺りはどうなっているのかね。

キャラクターや作品の空気は良い感じだし、不人気にはならないと思うが……でも最後の展開で色んなものが爆発しそう。

批判と言えば、綾波に関して今更「三無キャラ」のヒロインを出されても……と批判されるのではないだろうか!ツンデレだって今は敬遠されている!
(訳注:「三無少女」というのは中国オタク用語の一つで無心無口無表情なキャラを指す言葉だそうです。ちなみに「無心」の部分は「無感情」から「感情を表に出さない」「感情が読めない」「感情表現が下手」といった辺りまで幅がある模様です)

アスカにツンデレを期待するが全然デレないのにいらつく視聴者がたくさんでる。

ヒロインのキャラ設定には文句出そうだなあ
期待通りに動かないし、今だと昔よりも更に反発が出そう。キャラ人気が期待できないなら作品の人気も厳しくなるのでは。

そもそもエヴァはキャラがかなりブレているからどうなんだろうな。それを劇場版もQでやらかして批判されているし。
例えば綾波に関しても、改めてTV版を見てみると思ったより無感情でも無口でも不思議でもないような印象になる。

実際、TV版エヴァはキャラがかなりブレているからね。昔のアニメにはありがちな話ではあるんだが……
それに後の作品に大きな影響を与えたとはいっても、後発の綾波的なキャラやアスカ的なキャラの方が属性持ちキャラとして洗練されているから三無やツンデレは武器になりくいかと。

分かる。実は自分も綾波系要素では灰原哀の方が好み。

エヴァが源流、少なくとも流行の発端になった要素は後発作品の方が洗練されているからその後の感覚でエヴァを見ると「雑」「徹底されていない」みたいな印象になるかもね。
今の我々は流行と属性の発展の流れを知っているからエヴァの各種要素を評価しているという面は間違いなくあるから。

今の時代にエヴァが放映されるなら、主人公が女になって最初からお姉さまキャラとイチャイチャする百合展開になるんじゃないの?

それはもう「トップをねらえ!」でやってるのでは。
もちろん細かい所は違うけど今の時代特有のもじゃないと思う。

人気や評価に関しては時代背景による部分も大きいから難しいな。
今の時代の人間はあまりエヴァに共鳴するものが無いだろう。

俺もファンではあるが昔とはキャラの見方が変わっているからなあ
シンジよりもシンジの環境や周囲の人間に不満を覚えるようになっている。

同感だ。
大人になってからもう一度エヴァを見たような話も混じるが、今の視聴者はシンジに対して同情して周りの大人の無能さにイラつきそうな気がする。

理解できる。いきなり巻き込まれて死にそうになる主人公を気の毒に思ってイラつきそうだ。

キャラの関係については、シンジとカヲルに関しては今の時代もいけるだろう。
でも男のファンからはアスカと加持の関係に対してNTRだ!と反発が出るのではないだろうか?

ヒロインとの関係については確かに。
昔と比べてみんな独占志向強くなったよなあ……

人気が出ないとは言い切れないが、当時のような地位を獲得するのは無理だろうね。
当時だから受け入れられた内容、良いと感じられたネタもあるから。

今の時代ではエヴァの不完全さゆえの人気、想像の余地によるファンの盛り上がりというのが出ないから人気爆発というのは厳しいかと。
むしろ雑な設定への不満が出そう。

個人的に「グレンラガン」はガイナックス系ロボアニメとしてエヴァのアップデート的な部分が少なくないと思っているんだが、そのアップデートによる完成度から結果としてファンによる共同幻想、脳内補完というのが無くなってしまい際立った人気や評価に達することができなかったのではないかとも考えている。
そして現代にエヴァを持ち込むというのは、時代的な面からファンによる共同幻想、脳内補完が期待できないということにもつながるから、やはり際立った人気や評価を獲得するのは不可能だろうという考えになる。

逆に考えて、今の時代にエヴァが出ることによるプラスってなんだろう?

恐らく庵野秀明に対するダメージは昔より小さくなるのでは?現在表に出てきている情報を見ると、庵野秀明の精神的なダメージは当時の日本のオタクからの批判とガイナックス内部の混乱の二つが大きかったようだから。

厳密に考えるには雑なテーマだけど、エヴァの今でも評価できる場所と昔だからこそ評価された場所が見えてきて面白いな。
あと「新世紀」という言葉が使えないという根本的な問題jはどうすれば!



とまぁ、こんな感じで。
無茶な前提なのがハッキリしているので、逆に好き勝手な考察がイロイロと出ていましたし現在の視点で見るエヴァといった方向の話も出ていました。

ちなみに今の時代にエヴァが……というテーマからはズレますが、今回の記事をまとめている時にもしあの当時にエヴァが出て来なかったらネット二次創作SS草創期の最大ジャンルが消えるわけで、その後の日本のネット小説やネット小説出身のアニメ作品はどうなったのかということや、憑依や異世界転移転生系の流れではエヴァとゼロの使い魔で消えたらより大変なことになるのはどちらか……などといった話も考えてしまいました。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「日本の全エヴァンゲリオン大投票一位はアスカ!?」「時代は変わったなあ……」